BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201610
オホーツク百景
いまさっきのことなんだけど、
いま滞在しているアジトからクルマで30分くらいの田舎町のスーパーに買い物に行ってたんだけど、
そこの駐車場にランクルっていうの?
ハードなアウトドア系のいかついオッサンがブイブイいわしてはるようなゴッツイ車が停まっていて、

それがさあ、
シロート目にみてももうボロッボロっていうと失礼やけど、
車体は林業と牧場と農業で成り立つこの街にふさわしく、
長年風雪のなかで徹底的に使い込まれた風格とオーラ満載で、
土と泥にまみれていて、
こんなクルマは仰々しくてハズカシイとおもってる自分も、
さすがになんちゅうカッコエエんやろかと思った。

で、
そのクルマの横に自分のクルマ停めて買い物すませて、
スーパーを出ようとしたとき、
うしろから小柄な老ご夫婦がゆっくり歩いてこられたので、
何の気なしにガラスの扉を開けてご夫婦が来られるのを待ってたの。

そしたら、
腰が曲がったようなお婆さまがニッコーとスッテキな笑顔で、
「ありがとねえ」と言ってくださって、
足を悪くされているのかビッコ気味のお爺さまもニコニコでぺこりと頭下げてくださって、
オレも「いえいえ~」なんつってスッゲエ気分良くクルマに戻ったのよ、

すると、
その老ご夫婦もこっちに向かってゆーっくり歩いてくんの、
あれ?と思ったら、
お婆さまがまずお爺さまをヨッコラセと助手席に載せると、
ちっちゃなちっちゃなバアちゃんがランクルの運転席によじ登るようにのりこんでさあ、

もうなんちゅうか、
唖然とするというか見惚れんばかりにその様子をガン見してるオレと目が合うと、
おバアちゃままたもやニッコーっとなんともいえず気持ちを優しくしてくれる100万ドルの笑顔でペコリと会釈してくださって、

ランクルのハンドルにぎって、
さっそうと走り去っていかれた。
まるでそのランクルが、
ご主人様を信頼し敬愛して仕えている命ある生き物のように見えた。

たったそれだけのことなんだけど、
いまもまだあったかくて深い余韻に浸っている。

かっこよかった。

そして素敵だった。

緋鮒レゲエ
「試しまくってくるわー」
 と、
 意気揚々と飛び出したわけですが、

 ヤッバイすねクレイジー台風。
 
 満月にしなる俺様の竿の先で怒り狂った巨鱒がクレイジーに走り回るはずやったのに、
 旅に出たとたんお天道様が荒れ狂って日本列島縦横無尽に走り回っちゃってもうゆるしてお願い。
 
 増水ではなくおっとろしい洪水とその被害に唖然としながらはや一週間。

 お見舞い申し上げたいし、
 申し上げられたいです。

 くれぐれもご自愛ください。

 
 旅先のアジトにて。
 
ホップ・ステップ・ジャンプ
 ネチャネチャ酷暑&ウザ台風お見舞い申し上げます。

160823(1)1.jpg

160823(4)4.jpg

 わが身の体たらくを晒しますが、
 ここ数カ月ほど、
 左手の中指の第一関節のところがカッチカチに固まって「タイイングだこ」になりました。

 タイヤー業だとのたまうならば、
 それが本来のあるべき姿ではあるのですけれど、
 
 恥ずかしながら、
 こんなの何年ぶりやろか?

 いろいろと、
 反省しきりの夏です。

160823(5)5.jpg

160823(6)6.jpg

 ご購入くださった皆様、
 かさねがさね、
 ほんとにありがとうございました。

 注文したのはええけど、
 いつ完成するのや?と待っていてくださっている皆様、
 不安な気分にさせてほんとに申し訳ありません。

 くっそナメクジ進行ほんとにいかんともしがたいところで恐縮しきりですが、
 くっそトロイぶん気合いだけは一巻き入魂で巻かせてくださいね。
 お待たせしちゃってほんとにスイマセン。

160823(10)10.jpg
 もう市場に出回ってますか?

 ホワイティング「ヒストリックス」のグリズリー。
 これおもしろいの、
 黒い縞模様が「幾何学模様」のようにカクカクしてる。

 これでアダムスやグレイフォックスのハックル巻くと、
 ちょっとときめくファジー感。

160823(9)9.jpg

 これも「ヒストリック」なんだけど、
 こんなのがこれからどんどん市場に出回るなんて……、 

 いろいろ落ち着いたら、
 い~~~っぱい話したいことがありまくる。

 なんちゅうても、
 何年ぶりかのごっつい「タイイングだこ」
 ず~~っとクルクルクルクル巻いていたら、
 イヤでも、
 ハッと思いついたり、
 アッこれイケル!
 なんて発見は日々湧水のように溢れ出てきちゃって……、

 もうたまらないの。

 とりあえず、
 そういうの現場で試しまくってくるで~。

 とりいそぎ。
津留崎 健 「写真展」・釣りとアート展 in 岡田紅陽写真美術館 at レジェンド忍野
160723(3)3.jpg



160723(4)4.jpg


160723(5)5.jpg


160723(6)6.jpg


160723(7)7.jpg
 
 先週末、
 見学に行ってきました。

 いろいろと、
 見応え充分で愉しんできました。

 独りでそれぞれの展示を深く深~く見入るのもよし、
 釣り仲間同士だとワイワイ会話が弾むこと必至、
 フライに興味ない子と見学してもイロイロ解説しがいもあり
 「なんかワケわからんけど良い趣味じゃん」とおもってもらえる?
 そんな展示でした。

 観る知る愉しむ三拍子の盛りだくさんの内容。

 たいへんお勧めです。

 で、
 このチラシをもらって気がついたんですが、
 忍野村のマークすごくいいねメチャおしゃれ。
 湧水の里ですね。
 ティアドロップのカタチって流水をみて落ち着く感覚に似た和み作用あるよね。

 話し変わるけど、
 この美術館て、
 富士急ホテルの跡地に建てられたんやんな?

 生まれてはじめてブラウン釣ったのは、
 この向かいのプールの流れ込みのところだった。

 ハタチのとき。

 なんちゅうてもハタチや、
 はっきりゆうてその40センチくらいのブラウン初体験は、
 当時の自分にとっては脱どうていと同じかそれ以上のひと皮剥けた感覚。
 「あ~オレも大人になったで~なんちゅうてもあの忍野のブラウン釣ってんからな~」
 
 あれから32年後、
 その場所にじぶんのフライが飾られているなんて……、

 想像もしませんでした…と書いて感慨深いムードで〆よかとおもったけど、
 ちゅーかようかんがえてみたら、
 こんな仕事してること自体その当時想像すらもせえへんかったわけで……、

 嗚呼ドラッグ人生ナチュラル・ドリフトときどきフラッタリング。
 早アワセはご法度よ……。

160723(1)1.jpg

160723(2)2.jpg
 そんなわけで、

 みなさ~ん巻いてますか~?

 猛禽通信でえ~す。
 小麦色のと黒いの数本づつ束にしてヒカリモノも添えて捩じってグルグル巻いてみ……、
 また新たなアイディアの世界が開けますぞ。
感謝御礼
160706(1)1.jpg


 ぼくの20代のころの読書を象徴する本は、
 もうなんといっても沢木 耕太郎さんの「深夜特急」。
 同じような方、
 きっと同世代にはたくさんいるとおもう。

 
 
 この回のタモリ倶楽部は、
 そんな「深夜特急」への最高のオマージュだとおもった。

 おもえば30代のころ、
 「深夜特急」のメッチャあざといドラマ版みたいなんが話題になったとき、
 複雑な気分で観たけど途中でやめた。
 おもいきりシラけた。

 ピュアな思い出をそっとしといてくれよ、
 という気分だった。

 40代半ばのとき、
 函館に越してきた8年前、
 帝王デパートの本屋で出たばかりのこの本を見つけた。

160705(1)1.jpg

 「深夜特急(最終便)ついに刊行」やて……。
 
 …え~まだやんの~…、
 せっかくあのチャラいドラマのシラケ気分もすっかり忘れてたのに~。
 思い出してしもたやん……野暮だなあ。

 と、
 それでもやはり買い求めて、
 いくぶん斜め下な辛口批評で読みはじめた。

 でも読みはじめたら、
 「深夜特急」の最終便にふさわしい一冊だとおもった。

 160705(2)2.jpg
 「JIGUMO」TMC226BL#8 

 ホワイティング4Bのグリーンウェルのネックを普通サイズにびっしりハックリングして、
 そのなかにグリズリー・パルドのサドルを二回転割り込ませてハックリング。


160705(3)3.jpg
 おくればせながら、
 【訃報】元・世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ氏、死去

 ボクシングはまったくの門外漢だけど、
 アリの時代のヘビー級は格別の感あり。




 いや、
 むしろ「キンシャサの奇跡」をキングストンのゲットーの人々が、
 どのような想いで見つめていたのか、
 というところに万感の念を寄せたい。



160705(4)4.jpg
 カイト(トンビ)のセカンダリークイルをボディに巻いた、
 6番ロングシャンク巨大ヘンドリクソン風。
 
 このサイズになると、
 ドライフライハックルとしてコック・デ・レオンやグリズリー・パルドのサドルが大活躍。

 
160705(5)5.jpg
 ジグモのカイト・クイル版。
 モノトーンのグラデーション・ボディ名づけて「小タランチュラ」で……、

 グリズリー・パルドのサドルを二回転ハックリングしたその根元に、
 ホワイティング・ヒーバートのファーネスのネックをびっしりがっつり厚巻きハックリング。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.