BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
マイブーム
180221(1)1.jpg
 
 タイイング素材としてはきっとおそらく本邦初公開。

 ツキノワグマのアンダーファーをダビングしているところ。

 
180221(2)2.jpg

 とくに意識をして「和の素材」をつかいたいという気はまったくない。

 んだけど、
 まずはなんといってもハイクオリティなヒグマの獣毛をふんだんにつかえるようになり、
 そしてそうこうするうちにトンビの羽根を知り、
 気がついてみればアレヤコレヤの「和の素材」の魅力にドップリだ。

 ツキノワグマの毛はとても不思議。
 ヒグマばりの剛毛に見えるけれど、
 つかってみれば色合いも質感もまるで異なっている。

 ダビングしてみればなんともソフトな手触りの扱いやすさ。
 まるでラビットファーのようだ。
 そのくせモジャモジャ際立つファジー感。
 まるでシールズファーのようだ。
 なにより蛍光灯の薄明かりさえ反射している光輝性と透明感。
 まるでポーラーベアーのアンダーファーのようだ。
 そしていかにもな灰茶褐色の色合い。
 まるでヘアーズイヤーのようだ。

 ツキノワグマったら、
 定番ダビング素材のいいとこどり?

 ヤバイのだ。
 
 180221(3)3.jpg

180221(4)4.jpg

 ボディの下地を透けさせたいとか、
 アンダーボディを薄い皮膜のように覆いたいとか、
 そのような作りのボディにそそられる自分にとって、
 妄想がとまらない素材のひとつになった。

180221(6)6.jpg

 と、
 そんな自分にとって新たな素材との出会いに酔いしれ巻き倒していたら、
 ひょんなことからすっばらしい若エゾジカの冬毛が半裂きスキンでコンニチハ~と我が家にやって来てくれました。

 エゾジカのディアヘアー自体はもうイヤってほど見て触ってるけど、
 巻き気分が心底ゾクゾクッとくるようなのは数年ぶり。

 その数年前の秘蔵のシカ毛は、
 すでにもう風前のともしび状態になっていて、
 ケチケチケチケチチビチビチビチビつかっていただけに喜びもひとしお。

 今シーズンはこんなエゾジカの毛をまた湯水のごとくこれでもかとザックザク刈りまくれるのかとおもうと……、

 ヤバイのだ。

 と、
 そのような幸運に浸りながら、
 巻きゴコロのボルテージがんがんで一念発起。

 ながらく「開かずの巨大衣装ケース」につめこんでいた、
 在庫マテリアルをひっくり返してアレヤコレヤ引っ張り出しておりますと、
 もう十数年前に入手して、
 てっきりどこかのお店に置いてきたか、
 あるいは紛失したかとおもっていたブツを発見。

 狂喜乱舞。

180221(5)5.jpg
 一見なんの面白みもなさそうなフツ~のルースター・ハックル。

 ホワイティング産コック・デ・レオンの普及によって、
 ライトジンジャー系あるいはマダラ模様のドライフライのテイル材は、
 これ以上はないような高品質素材が容易に入手できるようになった。

 んが、
 どこにでもあるようで、
 それでいてまったく見ないのが、
 ダークジンジャーから濃厚なブラウンのテイル素材。
 それも、
 フックサイズ10番以下の定番サイズなドライフライに向いたファイバーのやつ。

 しかもこれ、
 かのハリー・ダービーやウォルト・デットといった巨匠が活躍した、
 キャッツキル・ドライフライ黄金時代の主流ハックル素材「アンダルシア種」の流れをくむ鶏が大元。
 で、
 そんな鶏のスペードハックルと呼ばれていたテイル専用の部位。

 つまり、
 往年のアダムスやマーチブラウンが現役で活躍していた時代に使われていたテイル材と、
 ほぼおなじというかまったくおなじというわけ。

 とはいえ、
 ゴミのようにバルクでガサッとまとめてあるので、
 見た目やパッケージがあまりにみすぼらしくて、
 その価値がいまいちわかってなかった駆け出し時代、
 しまいこんだまんまほったらかしにしておったという体たらく。

 あれから十数年の時が流れて、
 ハックルの酸いも甘いも噛み分けまくった今の視点で見ると、

 ヤバイのだ。

180221(7)7.jpg

 と、
 このようなお友だちといっしょに、
 来たる23日から25日、
 つるや釣具店恒例「ハンドクラフト展」に久々参加させていただきます。

 ここではあえて抑え気味にクールに紹介しましたが、
 抑えきれないこの想いを貴方にバーンとぶつけたい。

 会期中はもちろん実演しながら、
 なんだかんだとカッカカッカしゃべりまくりたい所存です。

 どうぞよろしくおねがいいたします。

タイイングデモ告知 at ビギナーズマム
180212(1)1.jpg

 バイスいっぽんサラシにぃ巻いてぇぇえ~~♪
 流れ流れてぇオホォ~~ツクゥゥ~~♪
 わたる渡世は羽根まみれぇぇ~~♪


 って、
 それって重いよね、
 サラシずれちゃうよね。

 さて、
 タイイングデモのお知らせです。

 大阪は西天満の老舗「ビギナーズマム」にて、
 来たる2月28日、
 とんで3月3日と4日の三日間やります。

 2月28日(水)は午後4時から~
 3月3日(土)4日(日)は午後2時から~
 のスタートです。

 お問い合わせとお申し込みは…ビギマム・タイイングデモ係(←ここクリック)まで、
 よろしくおねがいいたします。

 んで!

 もちろん三日間とも内容を変えて、
 あれやこれや巻きまくりしゃべりたおす所存です。

 スタンダード・パターンから私家版フライまで、
 素材は天然からシンセティックまで、
 大技小技テクから裏技テクまで、
 幅広く怒涛のご紹介とご提案を目論んでおりますが、

 三日間なにかと登場することになるのが、
 まずはボディ材として魅力満載サイコーのニッポンの鳥の羽根。
180212(9)9.jpg
 トンビ(カイト)のクイルフェザーです。
 このビロードの絨毯のような艶美羽根をグリグリとボディに巻きまくりたいです。
 なにせ自分がたったいま熱烈マイブーム中なので旬まっさかり。
 沸騰寸前で熱いです。

 すでに当ブログにて以前ご購入くださった皆さまにおかれましては、
 さらにこの羽根にズッポリはめちゃうのでご覚悟くださいね。

 また、
 こんなほぼ流通してない羽根なんか持ってないやんけと、
 そしてさらに、
 なんか小難しそうで敷居高そうやんけと、
 
 そんな、
 興味あるけど尻込みしそうなアナタ、
 まったく心配ご無用です。

 やるからには情報量メチャこゆくて深くてドップリいくけど、
 敷居ものごっつ低くて雰囲気ユルイです和気あいあいです。

 そして、
 このような素材をつかったことなくても全然大丈夫。

 オッチャンにドーンとまかしといて。

 そ・し・て・
180212(10)10.jpg

180212(11)11.jpg

180212(12)12.jpg
 おなじみマダラ羽根、
 コック・デ・レオンの旨味を活かしまくる有効活用方法などについても、
 三日間あれやこれやのマダラ模様羽根で愉しみたいとおもってます。

 そんなわけで、
 三日間それぞれのデモ内容は以下の通りです。

 「B's Fly Works presents 独創フライタイイング最前線2018」
 「あなたのタイイングと釣りの愉しみをもっと深く広くひろげたい。巻きまくって語りまくる三日間」


 お品書き

 2月28日初日 「ウエットフライで巻き濡れる夜」
180212(2)2.jpg

180212(3)3.jpg

 大きな声じゃ言えないけれど、ぜひとも熱く語らせてほしいワタクシ的ウエットフライ・ワールド。
 雑誌にもインターネットにも出せない語れない、ここだけのシークレット・トーク満載でお送りするウエットフライ系タイイングの夕べ。
 スタンダードなクイルウイングの基礎から、さまざまな私的最新テクで実戦的ウエットフライをアレコレ巻きつつ、
 北の大地で培った、山岳渓流から本流までいろんな状況でライトタックルをつかったウエットフライの釣り方も併せてご紹介です。


 3月3日二日目 「マッチ・ザ・ハッチを中心に繊細系ドライフライとイマージャー&ニンフで魅惑のライズに想いを馳せる一日」
180212(4)4.jpg

180212(5)5.jpg

 実績度数すでにメチャ高め。新鮮とれとれの新作スペントウイング&シャック系パターン各種とりそろえてお待ちしております。
 ライズ狙いのマッチ・ザ・ハッチ系ドライフライを中心に、スレたサカナ狙いの繊細なパターンのアイディアと実践てんこ盛りでお送りいたします。
 また、初夏から晩秋の気難しいライズに対応するための必殺アントや小型ビートルのテレストリアル繊細系パターンも見逃せません。
 さらに!ドライフライ感覚でつかえる水面直下ソフトハックルやイマージャーそしてピューパなども熱くご紹介です。


 3月4日三日目 「ハイシーズンのドライフライ編むしむしハックル大行進ウキウキの一日」
180212(6)6.jpg

180212(7)7.jpg

180212(8)8.jpg

 よく浮きよく見え流しやすく、そしてよく出る万能型実戦ドライフライをレッツ・ハックリング!
 ドライフライ・シーズン真っ盛りのころにつかいたいドライフライを、ウルフやキャッツキル系などの往年の名作スタンダードをアレンジしまくり、
 そしてもちろん定番パラシュート・スタイルやテレストリアル各種まで、これまた独自のテクとスタイルで応用しまくりながら巻くまくるハックル三昧な一日。
 この日はフックサイズ10番から16番前後のドライフライを中心にご紹介するつもりですが、ご要望があれば北海道サイズな爆裂巨大ドライフライ8番以上ももちのろん!ドーンとおまかせデス。

 と、
 このようなメニューで、
 今シーズンへのモチベーションをググッと高めながら、
 ワイワイ楽しく過ごしたいとおもっております。

 みなさま、
 くれぐれもお気軽にどうぞふるってご参加くださいませ。
 お待ちしております。

 
追憶のスクイレル・マドラーと尋ね人
180210(1)1.jpg

 ズタズタに切り刻まれ、
 そしてつるっパゲに毟られたリスの毛皮にリスペクト。

180210(2)2.jpg

 まずはエンジェルヘアー的なヒカリモノをフックシャンクに巻くのではなく、
 たんに巻き止めるだけでテキトーにカットしてフワッと散らすじゃん、


180210(3)3.jpg

 そしたらそのうえに、
 短冊状ゾンカーストリップにカットしたスクイレルのスキンを載せてギュッと縛るじゃん、

180210(4)4.jpg

 んで、
 ヘッドのところにとっておきのエゾジカの毛をフレアさせるじゃん、

180210(5)5.jpg

 ほんでもってザクザクッと刈り込んでアッというまに完成。
 
 ちなみにここでつかったフックはワイドゲイプ・ショートシャンクなウエットフックの8番。
 マドラーとしてはかなり小型のサイズ。

 スクイレル・スキンをボディ兼ウイングに据えた超シンプルな私家版マドラー。

 浮かすにせよ沈めるにせよ、
 引っ張るにせよ自然に流すにせよ、
 ディアヘアーのヘッドはあまり密にフレアさせず、
 むしろスカスカに薄めにフレアさせてザクッと粗めに刈り込むのがコツ。
 で、
 浮くでなく…さりとて沈むでなく・・・サスペンド気味なバランスで水馴染みが良いほうが断然使い勝手がよく、
 かつ真価を発揮する。

 もはや15年くらいまえ、
 フライロッダー誌の連載記事で紹介させてもらった、
 当時マドラー系といえばコレばっかつかっていた懐かしいフライのひとつ。

 特大サイズでもマイクロ・サイズでもムリなく巻けて、
 粉状フロータントまぶせばポカッと水面高く浮いてテレストリアル系、
 リスの毛だけを濡らしてヘッドにジェル状フロータントつけてヘッド浮かせてボディ半沈みでヒゲナガのフローティングピューパ系、
 はたまたウエットフライとして沈めてスイングさせればマドラーの本領発揮、
 さらに川底ごろごろ転がしたり引っ張ればスカルピンやらストーンフライ、
 しかしてその実体は……どのようにでもつかえるとことんファジーなキューティ・ハニー的マドラー・ミノー。

 このフライをつかって、
 いろんな釣り場で、
 いろんな状況で、
 いろんな体験をした。

 話したいことは山ほどあるんだけど、
 ここではきわめて個人的な私信を……、

180210(6)6.jpg

 数年前のこと、
 仕事のうえでへこみまくっていて、
 たまりかねてそのことを当ブログにありていに書き綴ったことがあった。

 そのとき、
 見ず知らずの方からとっても気持ちの伝わる励ましのコメントをいただいて、
 ほんっっとにもうどんなにかありがたかった。
 
 その方いわく、
 「いまでも釣りに行って最初に結ぶフライがこのスクイレル・マドラーなんですよ」
 との由。

 そしてそのコメントの締めくくりに、
 北海道のとある町から応援しておりますよ、
 とあった。

 ところが、
 そのコメントは返信無用になっていてなすすべがなく、
 今もすごく心残りのままになっている。

 そしてそれからさらに数年後、
 その町にひろがっている釣り場に通えば通うほどに、
 ここが好きで好きでたまらなくなって、
 そしたらまるでお導きのように水辺で良きご縁がかさなって、
 そこから話はとんとん拍子に進んで、
 一念発起とうとうこの町に引っ越してきてしまいました。

 その際、
 まず真っ先に思い出したのはこのコメントをくださった方のこと。

 ちいさな町だし、
 ましてやフライフイッシングなんて狭い世界、
 きっとこの方にもすぐ会えるだろうなと思っておりました。
 ぜひともお会いしてお話したいな友達になれたらなあ……なんて。

 と、
 ひごろ常々アンテナを立ててウォンテッドしておるのですが、

 ところが、
 世間はいつもものすごく狭くておどろくことがよくあるのに、
 肝心なときにはものすごく広くって……ままならないものです。

 その後いかがお過ごしですか?

 くれぐれもご無理なくお気遣いなく、
 もし気が向いたらでいいのでご連絡いただければすごくうれしいです。
 
燃える橙色と黒と濃灰色
180206(1)1.jpg
 我が家の目の前の景色。

 ここに越してきて、
 家から毎日見る四季折々の景色をほんとに美しいな~とおもうのは、
 とってもメンタルに効くんだなと、
 すごくシアワセなことなんだなと、
 シンワリ染みるようにおもってる。
 



180206(2)2.jpg
 なので定点観測。

 昨日の大雪でまたさらにズッポリ白く埋まってしまった。

 ほんのちょいまえまで、
 「雪かきってセンスいるよね~」
 などと、
 新参者のくせにわかったような生意気をのたまっていたベリーイタイわたし。
 トッテモハズカシイ。

 いま現在は、
 とにかくなんでもいいから雪どけて家から出入りができて、
 駐車場からクルマがギリギリ出せれば、
 あとはもう見映えなんかどうでもいい切実なワタシ。

 そんなわけで、
 きょうもきょうとて超お気に入りのシムス社の最高級ヤッケをさっそうと着込み、
 カッコだけはいっちょまえで、
 とってもセンスのないシロート丸出し「やっつけ雪かき」に精をださざるおえないわけですが、

 かといって、
 辛いな~しんどいな~イヤだな~と鬱々しているかというと、
 ぜんぜんそうでもなくて、
 むしろなんだか酷寒の暮らしを「スゲエなヤバイなそうだ記念に写真撮っとこっと」などと、
 レッツ・エンジョイ・ヘビーウインターの方向で日々あれよと時間が流れておるわけですが……、

 そんな冬の暮らしのなか、
 いつも思っていることがあります。

180206(3)3.jpg
 シムスのトレードカラー?イメージカラー?のオレンジと黒と濃いグレイの配色ってさあ、
 残像として無意識のうちにすごい印象に残るというか、
 奇抜で斬新でありながら、
 イメージとしてものすごく視覚とココロに馴染むというか……、

 この配色、
 ぜったい効くやろな~と、

 ハッキリゆうて釣れないわけがないやんけ。

 なんて、
 そんなファンシーでささやかな思いつきもまた、
 冬の密かなたのしみになってます。

 そんなわけで、
 タイイング仕事の合間の手慰みにちょっと寄り道、
 チョイチョイっと……、、
180207(1)1.jpg

 うえが「ゴールデン・スペックルド・シムス」
 したが「シルバー・スペックルド・シムス」

 コック・デ・レオンのヘンのセカンダリー・クイルに、
 黒と橙のグース・ショルダーをマリッド。

 レイ・バーグマンの初期アメリカン・ウエットフライ的アプローチ。
 古き良き時代のテイスト素朴な牧歌のムードが、
 きっと我が家のご近所の巨マスたちを魅了することでしょう。

 シムスの最高級ヤッケはおって、
 さっそうとこのフライをドリフトさせる春がムチャムチャたのしみなのじゃ。

 という戯言はおいといて、

 シルバーのほうのボディにリビングしたオーバルティンセル、
 ぶっといでしょ存在感満点でしょ、
 これだけ太いとよりいっそう乱反射ビッカビカギランギランやで。

 が、
 巻いてる方ならご存知のとおり、
 このリビングの凹凸がクセモノで、
 こうしたスタイルに巻くと、
 クイルウイングの巻き止め位置付近に留めたオーバルティンセルのでっぱりが邪魔をして、
 ともすればクイルウイングがビコーンと不自然に跳ねあがってしまったりと、
 思い通りに巻けない泣き所になりがち。

 リビング材を太くすればするほどに、
 こうしたフライが求めるメタリックな乱反射をより強調できるけれど、
 その反面さらに製作難易度アップちょう巻きにくくなる。

 なんですが、
 ほんのちょっとした加減で、
 このように自然な理想的フォルムに巻けることを発見。
 ひとりウヒヒと悦に入っております。

 このささやかなテク、
 誰にでもカンタンに巻けるように活用できるように、
 もうちょいちゃんと理路整然とさせてから、
 またもったいつけてクソ偉そうにご紹介させてくださいね。

 寄り道しても手ぶらでは帰ってけえへんでと、
 そんなドカ雪の一日でした。

 充実度数グッと高め。
 
 
当ブログ720回更新記念「ジョックスコット・ナイン」
180202(1)1.jpg
 まえにも書いたかもしれないけど、
 これまで当ブログでとりあげたフルドレス・サーモンフライのなかでブッチギリの登場回数なのがジョックスコットだ。
 ほぼ毎年なんらかのカタチでかならずとりあげているはず。
 
 にもかかわらず、
 好みに合わないとかそういうんじゃなくて、
 ましてやキライだとかそういうのでもなくて、
 ぶっちゃけた話し駆け出し時代のころジョックスコットにはそれほどの想い入れはなかった。 

 もちろん、
 このフライの歴史的な背景やその意義などをおもえば、
 フルドレス・サーモンフライのみならずウエットフライ全般を語るうえで、
 けして欠くことのできない最重要フライであることは、
 こんな仕事をしているのだから充分に理解しているつもりだ。

 だけど、
 個人的に好きで挑戦したいパターンはほかにいくらでもある。

 ではなぜ、
 これほどまでにジョックスコットを巻き倒してきたのかというと、
 単純に多くのお客様にありがたいご注文をいただいたから。
 仕事としてたくさんのジョックスコットを巻きつづけることになった。

 そのうえで自分の心底からの実感としてあらためて言いたい。
 いや、
 確信として言い切りたい。

 ジョックスコットにはじまりジョックスコットにおわる。

 巻くたびごとに「学び」があり「発見」がある。
 そしてそれは、
 知らず知らず長い時間をかけて自分のなかで育んだ糧として、
 まるで進化の過程のように多方向に枝分かれしてひろがり、
 その枝の先端はいまもなお成長を止めていない。
 それが、
 どこまで伸びつづけていくのか、
 その先はじぶんにもわからない。


 もしこの世界を趣味のなかだけで留めていれば、
 じぶんはこれほどまでにジョックスコットを巻くことはなかったはず。
 それよりもなによりも、
 「万事に通じる」この真理に気づくこともなかった。

 感謝の念ひとしお。
 そりゃあ謙虚なきもちになりますよ。
 


180202(2)2.jpg
 トラディショナルなオリジナル・ジョックスコット。



180202(3)3.jpg
 モダン・アレンジなミックスド・マリッドウイング・ジョックスコット。


180202(4)4.jpg
 ヒグマの金毛に赤青黄色のポーラーベアーをブレンドした私的ヘアウイング・ジョックスコット。


180202(5)5.jpg
 ホワイトティップ・ターキーをメインウイングに、
 赤青黄色とスペックルド・バスタードをあしらった私的ジョックスコットのディーウイング・スタイル。


180202(6)6.jpg
 転じてフロリカン・バスタードをメインウイングに据えた私的ジョックスコットのディーウイング・スタイル。


180202(7)7.jpg
 ブラック・ヘロンをハックリングした「Jock O’ Dee」オリジナル・スタイル。
 スペイフライのジョックスコット・ヴァリエイションとなるトラディショナル・パターンのひとつ。


180202(8)8.jpg
 コック・デ・レオンのシェラッペンをハックリングして、
 ブロンズマラードのしたにピーコック・スゥオードを数本忍ばせた私的ジョック風スペイ・スタイル。


180202(9)9.jpg
 銀メッキのフックにちょこんと巻いたロー・ウォーター・スタイルなジョック風ウエットフライ。


180202(10)10.jpg
 ハンプバック・マリッドウイングな私的フリースタイル・ジョックスコット風。




180202(11)11.jpg

 はばたけ想像力あふれろ創造力



180202(12)12.jpg

 We are JOCK SCOTT NINE !

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.