BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
背中は語る
 盛夏の山岳渓流にて。
 テレストリアルを飽食していたアメマス5態。

 唐草模様が凛々しい背中にご注目を。
 どれも同じ渓流のさほど広くない範囲で釣ったもの。

151108(1)1.jpg

 「迷路型の唐草模様」
 い~っぱい釣れました。


151108(2)2.jpg

 「斑点型の唐草模様」
 むちゃくちゃ釣れました。


151108(3)3.jpg

 おっきいのはほぼこの模様。
 「まんま昔のドロボウの風呂敷タイプの唐草模様」
 ぼくには充分過ぎるほどに釣れてくれました。

 体側の白点にもご注目を、
 典型的ないつものアメマスの水玉の配置ですね。

 このようなぶっといのを、
 大中小全体的に、
 もう数え切れんくらい釣り酔いしれた至福のドライフライ夏の数日間でした。



 そしてこいつ、
151108(4)4.jpg

 そのなかで、
 たったイッピキだけ、

 嗚呼…アメマスの模様デザイン担当の神様は、
 なにゆえこの子だけ、
 このような手抜きを?

 むしろ斬新?

 ぼくは初見でしたが、
 このタイプってけっこういるんやろか?

 151108(5)5.jpg

 ここぞとばかりに毎日テーマを決めて、
 まえの晩にクルマのなかで巻いた試作的ドライフライを、
 あれやこれやとっかえひっかえして愉しみましたが、

 今夜ご紹介の一本はコレ。

 マーカーで真っ赤に着色した6/0くらいの太めスレッドに、
 固形ワックスをこれでもかと塗布して、
 そこにラムズウールとタップス・ピンクのシールズファーをダビング。

 濡らした指先でボディだけグリグリ揉みなはれ~。
 ピンク色に火照った柔肌の薄皮したから、
 真っ赤な鮮血がジワッと滲んできますのや……、

 そりゃあもうエロイ、
 ちゅうよりもグロイ?

151108(6)6.jpg

 ハックルはホワイティング4Bの茶色とジンジャーのヘンネックをグリグリ巻けるだけ巻きなはれ~。

 という、
 全体的にボワッとしたファジー型。
 ボディはお水たっぷり含んだ濡れ雑巾スタイル。

 なので、
 ハックルがまだ乾いていて、
 ドライフライとして水面に浮いているうちは、
 安定度突き抜けバツグンの水面膜ベッチャリぶら下がり型。

 なんだけど、
 濡れ雑巾と化したボディに、
 いったん水を含むとずっと濡れネズミのヘンハックル……、
 たちどころにすぐ沈みます。

 ここから本番。

 そうなったら、
 3X~4Xのぶっといティペットのまんま、
 白泡の泡立つ落ち込みやその巻き返し、
 岩盤の切れ目や沈み石の上手なんかに、
 ベシッッ!と強めに叩きこみなはれ。

 濡れ雑巾フライがグイグイ水中に沈むけど、
 これがまた極太ティペットの水中抵抗で沈みきらず、
 水面下一定層をサスペンドしながら流れて、
 クリアな水中のエアロドライ・オレンジがヨ~ク見えますのや。

 気分の問題もあるけど、
 インジケごと沈んでもまったく気にせずやってます。

 そ・し・て・
 パラシュート・スタイルに巻いたヘンハックルが、
 水中でワラワラ揺れながら水かきする様子にドキッとしなはれ~ ←ココ示唆するところ特大。

 フライを見失ってもダイジョウブ。
 アタリはねえ、
 ヌンッ…てかんじでリーダーにかんじるから。

 あと、
 流しきったらやわらか~くスイングさせつつフライを浮上させるのもサイコウ。
 サーッと浮いてきたアメマスがバクッと食うの丸見え。

 沈めるんだけど、
 ほとんど視覚で釣ってるかんじです。

 メッチャおもろい。

 ツボにはまるとマジヤバイよ。

151108(7)7.jpg

 キレイなサカナを記録に残したい気持ちは多々あれど、

 一刻も早くとっとと逃がして、
 余韻ヒタヒタでタバコ一服したい自分としては、

 サカナの写真を撮るのはヒジョ~にめんどくさい。

 なかでも、
 アメマスにかぎらずイワナ類はどいつもこいつもず~っとジタバタジタバタ……、

 お名残り惜しゅうはございますが、
 「あ~、もういいや、サヨナラ~」
 そんなんばっか。
  

 151108(8)8.jpg

 「ちょっとちょっと、どっちいくのよ!」

 このままドドドッと上陸して、
 そのまま向きを変え、
 あれよとジャババッと流れのなかに消えていきました。

 たのもしいかぎりです。

 盛夏の精気バリバリやね。
 




晩秋百景2
151029(2)2.jpg

 車中泊の釣り旅は、 
 もちろん昼間の釣りが本番なわけですが、

 ぼくにとっては、
 夜もまた、
 ものすごくお楽しみの時間。

 昼間は釣り呆けて、
 温泉はいって、
 夕ご飯食べて、
 ベッドメイキングして、
 パジャマにきがえて、
 あとは寝るだけってかんじにしておいて、

 こんな半径5キロ以内だ~れもおれへんような樹海の山道を、
 誰はばかることもなく、
 すきな音楽かけながら爆音響かせてチンタラくるま走らせるのが、
 もうね~、
 たまらんのですわ。

 なんちゅうても深夜のこんな山道は、
 天然のサファリパーク。

 鹿にキツネにタヌキお馴染みの北の大地の動物オールスターズたちがワッサワサ。
 
 とくに秋はそんな動物たちが活発に活動しているので余計に面白い。

 この夜は、
 冬をまえにしてボッテボテに膨らんだタヌキどもが、
 そこらじゅうにたむろしていて和んだ。

 1キロくらい走るだけで、
 もう何十匹ものタヌキたちがクルマのライトにおどろいて右往左往。
 ドテドテバタバタ走り回っていた。

 今夜、
 この山のどこかで「秋の腹づつみ大会」でも開催されていたのでしょうか?

151029(1)1.jpg

 こお夜はめちゃくちゃラッキーやった。
 この美しい山道で、
 ヒグマにも御対面させてもろた。

 これで、
 これまで都合3回ヒグマに会ったけど、
 今回のがブッチギリでいちばんでかかった。

 顔から肩にかけての金毛が、
 クルマのライトに反射してギラギラギラッと輝いて、
 「うおおおっ!」
 とおもった刹那、
 まるで真っ黒な小山のような巨体が、
 筋肉の塊りをユッサユサ揺らすようにして、
 一瞬で森の奥深くに消えていった。

 あの俊敏さにくらべたら、
 シカなんかのんびりしたもんや。

 タヌキにいたってはトロットロ。

151029(3)3.jpg

 翌日の朝早く、
 ヒグマを見かけたあたりを散策して、
 その痕跡がないものかと探してみたら、
 こんなのを見つけた。

 アスファルトにせり出した芝が、
 ここだけベロンとめくれていた。

 めくられた芝の土はまだ湿っていた。

 足跡などは見つけられなかったから、
 これが昨夜のクマの仕業かどうか、
 真偽のほどはわからん。

 けど、

 なんでも、
 朝な夕なにカッキーンと冷え込むこの季節、
 アスファルトのほのかなぬくもりを求めて、
 アリとかもろもろの蟲どもが、
 こうした芝のしたに潜りこむらしい。

 で、
 それを知ってるヒグマが、
 この季節の深夜こっそり道に出てきて、
 この芝をベロッとめくって、
 その裏側でかたまってる蟲どもをごっそり舐め食うらしい。

 ためしに、
 ぼくも芝をめくってみようとトライしてみたけれど、
 はりめぐらされた根っこはカッチカチで、
 とてもじゃないけど無理だった。

 それなのに、
 ここだけ、
 なんか、
 いともたやすく、
 こんなにもキレイに、
 ベロンとめくられてる……スゲエな。

 やっぱプーさんパねえッスよ。

151029(4)4.jpg

151029(5)5.jpg

 いつもの屁こき虫も、
 あたりにいっぱいいた。

 ホット&スパイシー……ですか?


151017(1)1.jpg

 話しはぜんぜん変わるんやけど、
 このニジマス釣りあげるの、
 ものすごい苦労した。

 フライが届くか届かないかギリッギリのところで、
 悠然とクルージングしながら、
 定期的にず~っとライズしていて、
 ようやくフライが目の前をイイかんじで流れても、
 見向きもしてもらえなかった。

 が!
 正午過ぎにバタバタッとエルモンのハッチがはじまって、
 こころなしか水面が色めき立ったようなほんの一瞬のときに、
 ミラクルがおこったんですわ~。

 掛けるまでも、
 掛けてからも、
 まさに丁々発止の一本勝負。

151030(1)1.jpg

 CDCのフェザーの先端を一枚、
 フラットに巻き止めて、
 そのうえにエアロドライを数束のせただけの、
 ハネオチ・スタイルとも、
 フローティング・イマージャーともとれるような14番。

 コレが、
 ボックンッと吸い込まれたとき、
 アタマのなかパーッと真っ白になった。

 まあ、
 それはええとして、
 この見事にパンパンの魚体の、
 口吻のとこ、
 見てくれる?

 このニジマス、
 口吻が左右両方とも、
 とれてしまってなくなってる。

 その原因はわかるよね?
 口吻のとれぐあいからして、
 きっとおそらくバーブ付きのルアーのシングルフックか、
 フライフックによる欠損かと推察される。

 もう一枚、
 ニジマスの写真いっとこかな……

151017(2)2.jpg

 このニジマスは、
 昨シーズンの初夏に釣ったもの。

 じつはこのニジマス、
 そのまえの年に、
 友人が一週間に2度も釣りあげた。

 釣れたポイントと、
 尾ヒレの欠損のカタチから、
 きっとそれで間違いないと思われる。

 友人が釣りあげたときは、
 二度ともパラシュート・パターンにあっさりバックリでた。
 そのときはヒキもすばらしかった。

 んだけど、
 その翌年はもうスレきっていて、
 水面を流れるドライフライのしたでギラッと光って、
 その日はもうそれっきりだった。

 で、
 その翌々日、
 いちばんいい時間帯に、
 忍び寄るようにポイントににじりよっていって、
 ハックルをむしりとったビートル・パターンを30センチほど沈めて流してイチかバチかの一発勝負。

 ギランッときてバシッと合わせてドンッとのって、

 「よっしゃっ!」
 おもわず声高らかに叫んじゃった。
 激しい闘いが予想された。

 んだけど、
 魚体の割にノタノターとあがってきたので?????
 
 取り込んでそのワケがわかった。

 このまえの年、
 友人が釣りあげたあとも、
 何度か釣られたのでしょう、

 尾ビレはネットの網目でザックザクに裂けていた。
 これじゃあ本来のフルパワーは出せないはずだ。
 しかも、
 魚体にはラインが巻きついた跡が、
 火傷のような古傷になっていた。

 そしてやはり、
 口吻が欠損していた。

 このように、
 ツリバリによって口吻がとれてしまったサカナは、
 その傷が証明しているように、
 我々に何度も釣られてくれる、
 まことにありがたいサカナだ。

 そしてまた、
 このような傷を負いながらも、
 たくましく生きているところに、
 胸が熱くなる。
 エライやっちゃとおもう。
 すごいな~とおもう。

 しかし、
 サカナ本来の美観というところで、
 この口吻がないだけで、
 もはや台無しといってもよいくらいに、
 ほんとに気の毒な姿になり果てている。

 釣り心が躍り出すような美しい流れと景観のなかで、
 愉しく苦労に苦労を重ねて、
 作戦を立てて、
 みごとに釣りあげたサカナが、
 このように我々の所業のせいで傷ついていると、
 もうほんとにガッカリだ。

 いや、
 がっかりだというとサカナに失礼だ。
 心の底から申し訳ないとおもう。

 そして残念ながら、
 このような姿にされてしまったサカナは、
 すこしも珍しくなく、
 とくに有名釣り場では体感的に、
 釣りあげた半数以上がこのような姿になっている。
 むしろ、
 口吻の欠損がない完全体のサカナが釣れたら、
 おどろいてしまうくらいの釣り場もある。

 ほんとに残念だ。

 じぶんは、
 全日本バーブレスフック強制委員会の会員になるつもりなんかサラサラない。
 そういうのは、
 他者に強制されるものではない。

 それにサカナからすれば、
 つきつめればバーブがあろうがなかろうが、
 どちらも大迷惑なはなしだ。

 だが、
 我々はサカナが釣りたい。
 なので、
 釣りバリのバーブをどうするかは、
 各釣り人の裁量のもんだいであって、
 「サカナを愛してやまない個人の襟持ち」だとおもっている。

 なんだけど、
 ぼくはものすごく快楽欲が深いので、
 サカナを釣りあげたところでは満足して完結できない。

 そのサカナを、
 最小限のハリ傷におさえて、
 まるでリリースしたサカナから「このボケカス~!」という捨て台詞が聞こえてきそうなかんじで、
 元気いっぱいに脱兎のごとく泳ぎ去っていくその後ろ姿を見届けてこそ、
 めいっぱいシアワセの余韻に浸れる。

 なので、
 フックにバーブがあると、
 そのシアワセに浸れないので、
 じぶんのフライにバーブはいらんとおもってる。

 きわめて自分本位な理由でバーブレスにしてる。

 ごめんね、
 えらそうなこと言っちゃって。
 
 
晩秋百景
 151028(1)1.jpg

 ぼくのお気に入りのキャンプ場にて。

 目覚めれば、
 そこにフォックス。

 すっかり裸になった森とか、
 毛がモッコモコに膨らんだキツネとか、
 また長い冬がはじまろうとしております。

 ほんの束の間の小春日和、
 慈しむように貪るのでございます。

 


151028(2)2.jpg

 そしてグレイ・フォックス私家版ヴァリアント 16番。

 ハニーダンのヘンと、
 バンタムのヘンのハックルを2回転づつ計4回転ハラハラッと。

 ウッドダックのフランクフェザーは束状に巻くのではなく、
 フワ~ッと放射状にひろげて立てた。

 ボディは小麦色のワシミミズクのクイルを捩じり巻き。

 枯れてるよねえ。



151028(3)3.jpg

151028(4)4.jpg

 ライズするたびに、
 この背ビレがビラッとフラットな水面から突き出るんだよねえ。

 水面に浮かんだ無数の枯れ葉のあいだから、

 何度も何度も……。

 そりゃあもう狂おしかった。

 




151028(5)5.jpg

151028(6)6.jpg


 ああ・・・ええなあ・・・・・・




涅范の盛夏
151015(9)9.jpg

 過ぎ去りし夏の幸福な一日……。

 林道の終点にあるちょっとした広場みたいな場所の、
 川を見下ろせる大木の陰にクルマを止めて、
 しばらくそこで寝泊まりしながら、
 毎日目の前の渓流を釣っていた。

 朝、
 目が覚めてクルマのドアを開けると、
 まってました~オハヨ~~とばかりに次から次へとブンブン飛び込んでくるアホな蟲ども。

 じっくり眺めてみれば、
 どいつもこいつも実に味わい深い色や模様やおもろいカタチ。

 それらを感心しながら眺めつつ、
 用を足して、
 コーヒー沸かして、
 朝ご飯をたべて、
 歯を磨いて、
 ウェーダー履いて、
 釣り竿をつないで、
 出発した。

151015(1)1.jpg

 川をわたって、
 ヤブを漕いで、
 この地点で立ち止まって、
 しばらくあたりをうかがった。

 三日ほどまえ、
 この場所で笹やぶを漕いでいたら、
 とつぜん下流からつぶてのようにヤマセミが飛んできて、
 対岸の木に止まったのだ。

 北海道に来て二度目の遭遇。
 感無量だった。

 それにしても、
 こうしてヤブ漕ぎをしているときに、
 まえまえからいつも常々おもっていたことを、
 このまえ友人に話した。

 ちょうど友人と釣りをしていたとき、
 対岸の山肌にシカの親子が現れて、
 ぼくらの存在におどろいたシカどもが、
 いつものようにピイピイするどく鳴きながら森の奥に消えていったときだった。

 「あのな、エゾジカのあの鳴き声の意味を人間の言語に翻訳したらさあ、
 サノバビ~ッチ!ファッキューあほぼけかすしねウッゼ~んだよコッチ来んじゃね~よ!
 とか、
 あらんかぎりの罵詈雑言を浴びせかけられてたりしてたとしたらどないする?」

 「ウハハハハハハありえますよねソレ」

 「そやろ」

 というようなことをツラツラおもいながら河原に降りてみると、

151015(2)2.jpg

 あ・・・・・・・・・、

 ホイッスルを鳴らし、
 背中にぶら下げた蚊取り線香の匂いが、
 深い森の奥まで届いていることに期待しながら、

 上流に向かって、
 「そっち行きますけどスイマセ~ン」
 とさけんだ。

 どうせ行くならば、
 傲慢な態度でのぞむよりは、
 恐縮しながらのほうが、
 きっと先方にも心証が良いだろう。

 キンカムイは森のどこかでボクらを見ている。

151015(3)3.jpg

 対岸のバンク際に、
 木が倒れて緑の葉っぱをつけたまま、
 枝が流れに洗われている。

 しかし水深はフトモモくらいでジンクリア、
 川底は小砂利で倒木の奥までぜんぶ見渡せるような、
 見るからにしょぼいピンスポット。

 水面まで垂れ下がった枝の奥のそのまた奥に、
 フライを強引に流し込むと、

151015(4)4.jpg


151015(5)5.jpg

 倒木の根元から、
 とつぜんいきなりゴッツくてブットいのがブワッと浮かびあがってきて、
 フライをひったくるとグワッと金色の魚体をひるがえした。

 アンタ…この場所の何処にその巨体を潜ませてたのよ?

 平瀬ばかりで変化に乏しい山岳渓流にて、
 イワナ釣りよりもイワナ釣りらしく、
 ピンスポットのさらに奥のピンのところを狙い撃ち……、

 そして飛び出すサカナは規格外の俵型。
 魚体の幅も体高もパッツンパッツンにはちきれんばかりの極太仕様。

 アンタら輝いてるよ眩しいよ。

 アンビリーバブルなイワナ釣りに酔いしれた。

151015(6)6.jpg

 満たされ過ぎた午後、
 川通しに下っていたとき、

 水辺にて、
 もうひとつの極太クンとの遭遇にウオ好きゴコロがはずむ。

151015(7)7.jpg

 フクドジョウとうじょう。

 でかいムナビレとボテッと丸々したお腹の組み合わせの妙が、
 なんともカッコかわいいドジョウ好き垂延の、
 こちら北海道ならではの渓流棲みのドジョウ。

 そっと近寄って、
 しばらくじっくり観察を愉しんだ。



151015(8)8.jpg

 ラッキーなことがもうひとつ。

 クルマを止めた広場の目の前まで戻ってきて、
 砂地の河原でひろったフクロウの羽根。

 繊毛で覆われた羽毛は乾いており、
 どこかまだ温かい体温をかんじる。
 抜け落ちてさほど時間が経っていない羽根のようだ。

 してみると、
 昨夜ぼくのクルマのすぐそばに、
 この羽根の持ち主であらせられる山の神がいたことになる。

 つくづく光栄だとおもった。


 ちなみに、
 こんなにも夢見心地な、
 豪華な一日をともに過ごしたフライは……、

151015(10)10.jpg

 ヒグマの金毛をウイングに巻き止め、
 ワシミミズクの羽根をボディに巻いたフラッタリング・カディス。

 TMC9300の8番に巻いてある。

 ハックルはたしかクリーのサドルとハニーダンのヘンのミックス。

 ゴージャスやろ?

151015(11)11.jpg

 こんな北の夏のスペシャルなドライフライの釣りにこそ、
 ふさわしいフライやろ?

 と、
 そんな豊かな自然のなかでひと夏を釣り呆けていたら、
 あっというまに秋が来てしまいました。

 まさに、
 働くアリさんを横目にも見ないで、
 ギターならぬフライロッドを振りまわしつづけたキリギリス。

 ちょっぴりセンチメンタル……などと言っているばあいではないのですが、

 でもさあ、
 おかげでもうフライもサカナもしゃべりまくりたい話題が満載。
 この冬のタイイングデモはワイの釣り自慢を延々聞かされることになるかとおもいますが、
 そこはひとつ、
 なにとぞよろしくおねがいいたします。

 かしこ

 
水玉筋肉巨鰭帯
150904(1)1.jpg

150904(2)2.jpg

 あたらしい竿やねん。






150904(3)3.jpg

 完全オレさま仕様のカスタムやねん。






150904(4)4.jpg

 ね?
 






150904(5)5.jpg

150904(6)6.jpg

150904(7)7.jpg

150904(8)8.jpg










150904(9)9.jpg

150904(10)10.jpg

 おニュ~のロッドがあ しなるっっっ!

 なお、
 このキャッチコピーはパクリです。

 そやな~、
 20代に渋谷で働いてたときやからバブルのころ、
 まだフライフイッシングのビデオがすごく物珍しかった時代に、
 岩井渓一郎さんのビデオを興味津々で仲間数人で鑑賞してんけど、
 そのビデオのなかで、
 MCの人がさあ、
 いきなりとつぜん「サンデーアングラー、イワイのロッドがあああ、し~~なるっっ!!!」つって、
 おもくそタメながらグッとくる気迫で絶叫しはるねんけど……、

 そのとき、
 まったく釣りを知らんネエチャンも興味なさげに画面観ててんけど、
 おもわず、
 「え?サカナ釣りって、こんな気合いでやるもんなの?????」
 
 ボクのけぞってワロてん呼吸がヤバかった。
 
 これツボッたんだよねえメッチャ。
 ガッツーンときちゃったのなんでかわからんけど。
 ぼくの「必殺おもしろ過ぎ言葉コレクション」にソッコーコピペ。

 そして、
 ワタシと同行してくださる気のおけない皆さまにおかれましては、
 たぶんダレもが「ときどきウザイ」とおもってはるとおもうけど、
 
 以来、
 国内外問わず幾多の釣り場の水辺にて、
 誰かもしくは自分にエエさかなが掛かるたび、
 いまだに……、

 「ミツグのロッドがあああああ・・・・・・・し~なるっっっ!!」

 無断でパクリつづけて20有余年です。

 今夜は時事ネタも盛り込んでみた。





150904(12)12.jpg

150904(11)11.jpg

150904(13)13.jpg








150904(14)14.jpg

 デビューしょっぱなから魂いれまくり、
 もうすぐお話しできそうです。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.