BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201806
Dim The Light
180326(1)1.jpg

 今夜はわたくしの厳選秘蔵メロメロ動画ライブラリーからひとつご紹介です。

 お助け!シュロの糸←ここクリックしてネ。


180326(2)2.jpg

180326(3)3.jpg

180326(4)4.jpg

180326(5)5.jpg

 〆はこの曲で → ピピカソ

 
ものすごく面白い釣りの本2冊
180104(1)1.jpg
 
 15世紀のフライのレプリカというか想像図。
 現在のフライフイッシングに直接つながるフライとして記録に残っているものとしては最古のフライとなるそうだ。

 15世紀ですよ15世紀、
 日本史でいえば室町戦国時代?……ですか?

 しかも、
 これらの最古フライズを含めた毛鉤釣り最古の書物の著者は、
 なななんと修道女だったというからおどろきだ。

 そのひとジュリアナ・バーナード女史の手によるその本によれば、
 もはやこの時代すでに「釣り師たるもの紳士たれ」
 毛鉤釣りは精神修養を目的とした高貴なスポーツである、
 という「襟を正して取り組むべきもの」という姿勢こそが尊ばれていたそうだ。

 そしてまた、
 これらのフライの原典は、
 季節や月ごとに使うべき12本のフライが整理され紹介されていた。
 さらに、
 きっとおそらくまだこの時代には「ハックリング」や「リビング」という概念がなかったにせよ、
 フライごとの名前や造作を見れば、
 それらのフライはそれぞれなんらかの虫を真似ているのは明らか。
 
 つまり、
 フライフイッシングのスタート時点からして、
 「そのとき鱒にたくさん喰われている虫」を模倣して毛鉤を作る、
 というのがアプローチの核になっていたというわけだ。

180104(2)2.jpg

 そしていつしかフライにハックルが巻かれた。
 ちなみに写真のフライはグリーンウェルのサイズ12番。

 ジュリアナ・バーナードのフライから出発して、
 チャールズ・コットンのあの「釣魚大全第二部」などを経て、
 いったいどの時代に「ハックリング」が考案されたのだろう?

 というのが、
 ワタシにとってもっとも浪漫ワクワクのフライフイッシング・ミステリー。

180104(3)3.jpg

 進化の過程に枝分かれは必然。
 
 イミテーションとして出発したフライが、
 その歩みのなかでまったく別の方向にもむかいはじめたのだった。

 あるいみファンシーフライの究極的フライとして、
 ジョン・ポプキン・タラハーン考案のフルドレス・サーモンフライ「ブロンズ・パイレーツ」を挙げてみよう。

 テイルにはオオハシの首羽根を3枚、
 シルバーティンセルのボディに、
 銅色に輝くニジキジの小さな襟羽根を合計6枚巻き止め、
 ウイングにはニジキジの冠羽根。
 そしてそのうえにトッピング4本。

 大英帝国時代には宝石とおなじステイタスだった鳥たちの羽根でもあり、
 どれもこれもキレイではあるけどとっても扱いにくい羽根。
 それをやねえ、
 ドライフライフック12番とたいして変わらないサイズのちっちゃなサーモンフックに、
 チマチマチマチマ縛りつけてはったわけです。
 しかもバイスにフックを挟んで巻くのではなく手に持って……。

 これはもう執念であり情念ですよ。

 んで、
 こうして苦労に苦労を重ねて巻かれたこのフライは、
 渇水期のアトランティック・サーモンの必殺フライとして紹介されていたそう。

 が、
 そうした必殺がどうとかこうとかよりも、
 「希少で美しいこの羽根をつかったこのフライでこそ釣りたい」
 とか、
 もっとぶっちゃければ見栄とかハッタリとかエエかっこしいとか、
 そのような人間の自己顕示欲も見え隠れ。

 と、
 そのような下心は表現方法によってはとても野暮で痛々しいけれど、
 しかし自己顕示欲あったればこそ今日の発展進化につながっているのも明白で……、

 本来はサカナを釣る道具でしかない一本のフライを通して、
 「ヒトの性や情」というものは時代変われど不変であるなと連想するのはおもしろい。



180104(4)4.jpg
 歴史に名を残す麗しき古典を見たあとに、
 あなたをおもわずズッコケさせたいマイ・超ラブリー・バッタ。

 まるで子供の粘土細工のようなチープでジャンクなフォームボディから突き出ている、
 バッタのうしろ脚だけがなんだかナマナマしくリアル、
 ってところのアンバランスさとギャップが、
 オレ様のテレストリアル・ムードなバッタ・フライ気分をおもいっきりニヤつかせてくれる。

 オレノチェルノのボディに、
 ふと思いついてバッタのナマ脚的素材を細工して取り付けてみたところ、
 「こ~れはかわいい!」おもいっきりときめいたあと、
 未曾有のフォーム・ブーム旋風が我が家にビュービュー吹き荒れておるのでございます。

 インディアンクロウやコティンガなどなどのエキゾチック羽根の横で、
 フォームやシェニールが山積みになっている我がタイイング机は、
 そのままワタクシのフライ気分を体現しているようでございます。

 といいつつ、
 蛍光灯の明かりにヒグマの金毛が反射して、
 もうなんともいえない妖しさで生きてるみたいにキラついており……、
180104(6)6.jpg
 おもわずその毛をハサミでひと束切っては、
 14番のフローティングニンフのボディに巻いてウットリ、
 白クマの毛とブレンドしてストリーマーのウイングに巻いて恍惚……、

 嗚呼だれか時間を止めてくれ

 時の流れは荒れ狂う雪代の荒瀬。
 グオングオン流れ流れて月日は走馬灯。

 巻きたいもの試したいものがコップから溢れてしまいそうで、
 一日があまりにも短くて焦燥感つのらせるばかり。

180104(5)5.jpg

 と、
 そのようなさざ波に揺れるココロを静めて癒すためにも、
 就寝前の至福の読書タイムは最近この二冊をつまみ読み。

 というか、
 いつも枕元に常備している本のなかの二冊。

 珠玉のサカナ釣りの本

 それで、
 今回はホンマはこの二冊の感想文を熱烈にかこかなとおもってたんですが、
 というか、
 ここまでの話しはこれらの本を語りたいがための布石というか序章やったんですが、
 すでにえらいいっぱい語っちゃって、
 ちょっとパソコン画面見過ぎで目がシバシバしちゃって、
 そしてこれからまたフライ巻くのに没頭したいし……、

 そんなわけで、
 今夜はここでお別れです。

 なんちゃって、
 いかにもボクいますっごい忙しいねん的な野暮ったい物言いしちゃってますけど、
 くれぐれもお気づかいなく、
 なにかあればお気軽にどしどしメールくださいませ。

 かしこ~~。
 

 
マイ リトル タランチュラ
171226(1)1.jpg
 フェザントテイルのファイバーを数本捩じってボディに巻いて、
 ホワイティング4Bコックネックのファーネスをオーバーサイズで二回転ハックリング。

 ハックル素材がもつ透過光やファイバーの微動などなど、
 「ハックルフライの本質とはなにか?」の深淵と、
 ハックル素材の織りなす自然の妙と旨味を、
 はや一世紀以上もまえに世に問うたハックル中毒の元祖的存在であらせられる、
 Drベイジェント博士へのオマージュ的フライ。

 ベイジェント・ブラウンの私的ヴァリエイション。 

 通常のドライフライのようにハックルファイバーがほぼ垂直に直立しているのではなく、
 さりとてソフトハックル・フライのようにファイバーがボディ後方にむかって完全に傾いているのでもなく、

 長いハックルファイバーがあくまでも自然に湾曲しながら、
 まるで傘の骨のようになってパラリと拡がっているところが最大のミソであり、
 このフライの生命感の源。
 そして巻き手のセンスと技量の見せ所でもあり、
 見られて気恥しいところ。

 ごまかしや小細工をいっさい受けつけないシンプルだからこその難解と複雑を知ると、
 もはや古女房的マンネリ付き合いになってしまっていたフライフイッシングの世界がまた一新されたような気がした。
 すでに酸いも甘いもかみしめたつもりでいたのに、
 出会ったばかりのころのフレッシュなトキメキやワクワクが戻ってくるようだ。

 古典を知るということは、 
 つくづく新しいことを知るということと同義だな~と。

171226(2)2.jpg
 そして単純にめちゃんこよく釣れる。

 サカナを騙すために、
 無駄な贅肉を極限までそぎ落とした末の結果の、
 「サカナ」を釣るためのフライなんだから、
 そんなの当たり前ちゃあ当たり前のことですね。


 転じて、
171226(3)3.jpg
 文庫本のうえを、
 ちっちゃなタランチュラが這っている風景。



171226(4)4.jpg
 指で摘まんだだけで、
 ブチュッと潰れてしまいそうなヘニャヘニャボディのアオムシが、
 哀れタランチュラの餌食に……、

 というのはさておきこのタランチュラ、
 我が家に遊び来た方々をはじめ、
 タイイングデモなんかにも持参してたくさんの同好諸氏に見せびらかしまくったった。

 「ホラ、これ見てくれる?」とタランチュラを忍ばせた小箱をこれみよがしにパカッと開けると、
 みんな最初は…え?なに?みたいにマジマジとフライを見たあと「うっわっ、キモッ!」といって、

 そしてまたみんなマジマジとタランチュラを見てから、
 さらにイチオクターブ高い感じで「きっも~」といった。

 八本脚の関節がキモっぽさを醸し出す最大のキモなのです。

 さあ存分にキモがっておくれ。

 そのあと、
 このタランチュラにつかった材料や製作過程、
 そして何故よりにもよってタランチュラなのか?の製作意図などなどを語ると、
 みんな「な~るほど~」とつぶやいてさらにガバッと喰いついた。

 ワイが丹精込めてこしらえたリトルなタランチュラ、
 ボッコボコ釣れちゃって入れ食いやんけうれしいやんけ~。

 たくさん釣られてくれた。

 「ヒト」が……。

 ミツグちょ~ご満悦。

 だってそれが目的なんだもの。

 
ウチダのやつ、ヤバくない?
 我が家から歩いて数分の景色。

171224(0)0.jpg
 川はすでに白く閉ざされて……、 

171224(1)1.jpg
 大地もまたどこまでも白く埋まり……、

171224(5)5.jpg
 
 今宵もまた、
 お外では漆黒の天空より粉雪が音もなく降り注いでいる。
 
 静寂の夜。

 ほどよく暖かい部屋のなかで、
 独り静かにタイイング机にむかう。

 なにを巻こうかな……。

 こんな夜は、
 ちょっとオシャレにこじゃれたフライを一本、
 心穏やかにゆっくりじっくり巻きたいナ。

 ことさら慎重に、 
 真っ白なダッククイルを一対切り出してちいさなフックに巻き止めた。
 そして、
 そんなクイルウイングをふくよかにふくらませながら、
 かつスックと直立させて、
 その根元にコーチマンブラウンのハックルをあえてパラシュート・スタイルに巻くという「難易度数メチャ高め」を愉しんだ。

 汚れなき純白ダッククイルのウイングに巻きゴコロときめく聖夜。

 クイルウイング・パラシュート・スタイルなロイヤル・コーチマンの12番です。



 
 めっさホワイトクリスマス。


 そんなわけで、
171224(2)2.jpg
 横から見るとワッケわからんモジャモジャ・ファジー系サーモンフックの2番。

 まるでクリスマス・ツリーのよう。



 しかしその正体は、
171224(3)3.jpg

 上から見るとシマシマの長い触角をビラつかせたエビちゃん風。
 黄緑色を基調にしたジェネラル・プラクティショナーのヴァリエイションというわけだ。

 名づけて「ジェネラル・ウチダ」
 幼体から成体に移り変わる脱皮直後のウチダザリガニ(←wikipedia)のイメージで……。

 うちの近所の川にもウッジャウジャおる。
 よう知らんけど、
 破竹の勢いで侵略されてるかんじ?

 そして、
 この川のニジマスの色合いやら肉質やら体格やら顔つきからも容易に判断できるように、
 このザリ公がヤツラに喰われてないわけがないやんってかんじ?

 背中の甲羅はリングネック・フェザントのバックフェザー。
 で、
 その下側にコック・デ・レオンのチカブーを2層構造で忍ばせてある。

 なんちゅうても脱皮直後のソフトシェル状態。
 フワッフワの質感とサックサクの食感を前面に押し出したソフト構造。

 フィーラー、
 つまり触角はチャートリュースに染められたグリズリーのハックル。
 それにヒグマの背中の金毛を少量。

 そしてザリガニには欠かせないハサミの部分は、
 これまた黄緑色に染められたゴールデン・フェザントのトッピングを4本。

 ケバケバの毛羽立ちボディは、
 ボディ末端より若草色から真緑そして濃厚なダークグリーンと3色のシールズファーを順にタッチダビングして、
 ボディの色合いにグラデーションをかけつつ、
 さらにそこに各色のエンジェルヘアーをハックル状に拡げてパラパラッと散らした。

 色のアクセントとメリハリ、
 そしてちょっとしたおまじないを兼ねて、
 ザリガニの前脚となる部分に真っ赤なギニアフォウルの背中の羽根を一回転ハックリング。

 黒光りしている目玉は、
 ウネウネ揺れながら流れになびくフィーラーやハサミなどなどの超ロングな素材が、
 フックに絡みつくのを防止する役目も果たしている。

 伊達や酔狂で巻いてるのとちゃうねんで。
 あくまでも、
 厳しい自然をサヴァイブしながら、
 高タンパク高カロリーなウチダザリガニを飽食して、
 筋肉の弾丸と化した「ヤツ」と一戦交えるためのマジモード全開の実弾です。

171224(4)4.jpg

 みなさま、
 Happy Merry Christmas to you all.

 

タイイングデモ後日談
171206(1)1.jpg
 涅槃の谷間をスイング。
 ホリゾンタル・ウイングスタイル・マーチブラウン8番サーモンフックをさがせ……。

 

 171128(5)5.jpg
 左側のおとなしいのがトラディショナルなレネゲイド8番。
 右側のカーフテイルのウイングを搭載したエグイのが、
 名づけて爆裂ボンバー・チューン・レネゲイド(オレンジ・ベリー)ロングシャンク4番~6番。

 このボンバー・チューンはね~、
 ニッポン発オリジナルのタイイングテクとツールへの北海道ビッグサイズ・ドライフライ的オマージュでもあり、
 夢いっぱい創造力炸裂だった90年代フライタイイング・シーンからのリベンジというか逆襲というか……、

 「このフライ、何匹か釣るとボディがボサボサになるというよりもズルズルになりませんか?」
 この春、
 このスタイルで巻いた巨大ドライフライをご購入くださった方がデモにも来てくださって、
 そのときによせられた、
 …あ、使い倒してくれたんだー…というのがよくわかるご質問。

 「そうなんですよ~、そこが泣き所なんですわ~」
 というと、
 「でも、ズルズルになってもず~っとつかってました。いいのたくさん釣れたし、ボディがかわいいし、ず~っとポカッと浮いてるし…あの、巻き方教えていただけますか?」

 ぜひともご伝授つかまつらせてください!
 巻く作業もメッチャ愉しいねんコレ!

 ムッチャよろこんでうれしかった。

171128(6)6.jpg
 ユスリカ・ピューパフライのアメリカン・スタンダード?…サウスプラット・ブラッシーのビーズヘッド・ヴァージョン、
 ただしサイズは「それってユスリカ?」的ファンシーかつビッグサイズのショートシャンク/ワイドゲイプ10番

 こんなどでかいユスリカが実際にいたら怖いぞサイズ。

 しかしなんでか効くときは効きまくる。
 そしてその理由や原因はまったくわからない。

 晩秋のこの日もそうだった。
 同行者が呆れてしまうほどに大中小のニジマスたちがギッタギタにこのフライをパクッとしてくれちゃって、
 新品ピカピカのフライは哀れ変わり果て、
 真っ黒に着色したビーズは色が剥がれ、
 ソラックスのピーコックは千切れ、
 スレッドでオーバーラップして補強したワイヤーボディはついにささくれ、
 そんなワイヤーからささくれたスレッドの細かな束がユラユラ逆に鰓っぽくリアリティで……、
 もうヨレヨレのヘロヘロの状態。

 こうなると無敵状態入りました的な。

 ズキュンとツボにはまると、
 ときとしてこのフライは反則なのではないか凶器じゃないかと……、
 なんかうしろめたい気分になることもある恐竜時代サイズのユスリカのサナギのイミテーション。

 ただし、
 これがまた解せないのだが、
 似たような状況でも効かないときはオモリでも投げているような即物的な無反応っぷり。
 ぜ~んぜん完無視ってことも多々あった。
 サカナの視界に映ってないかんじ。
 なんでなのか?ど~~してなのか?わっけわからんど。
 この不可思議と不条理は、
 じつはけっこう示唆するものが多いのではないか?

 先日の札幌テムズでのタイイングデモのとき、
 落ち葉が川面を埋めるように流れ、
 そしてそれが川底を覆い尽くすように堆積している晩秋の季節における、
 ニンフのヒカリモノについての考察と実践。
 みたいな話といくつか作例実演をさせてもろたとき、
 計画ではこのニンフもセットで紹介して話したかったのに、
 脳のなかは終始アレも言いたいコレも巻きたいパニック状態で、
 この超シンプル・ニンフのことすっかり忘れてしまったのがものすご~~~く心のこりだ。

 タイイングデモ、
 偉そうなことしゃべりまくるくせに、
 何回やってもいつも反省ばかり……。

 つくづく釣りといっしょやわ。

171128(7)7.jpg

171128(8)8.jpg
 ヤツメウナギのイマージャー???????14~15センチ試作フライ第一弾。

 通ってはやられて、
 また通ってはやられて、
 それでも通ったけどやられて、
 天狗鼻情け容赦なく無慈悲にブチ折られるかんじで打ちのめされて、
 それでもめげずに通って、
 よ~やくヤツらがンガボンッ!と心臓に悪い勢いで水飛沫あげながら吸い込んでいたブツ判明。
 、
 それが水面直下をユレユレ流下しているヤツメウナギだったのですよ……、
 でもね~、
 このフライの至らぬ点やカユイところをふまえて、
 新たに改良した第二弾フライでいざ勝負!とおもったら、
 時期が終わったんだかなんなんだかピターッとヤツメウナギの流下とまっちゃって……、

 嗚呼オトコの純情もてあそぶヤツメウナギ悲恋慕情。

 ヤツメウナギを水面直下から30センチくらいの層にヘロヘロ~ッとナチュラルに流したい。
 場所の制約でほぼライズの下流からアプローチすることになる。

 ぜんぶ一投目が奇跡の瞬間、
 グワバンッ!ってものすごいから……、
 なんつって、
 盛ってしゃべったわりに、
 これだけ通いつめて一勝二敗の完全敗北感。

 はじめてこのフライをライズにむかって投げた一投目に出たのはフライをガッポリ飲んだ。
 よっしゃ!これでここのニジマスぜ~~んぶワイのもんや~~~と心のなかで雄たけんだメチャガッツポーズ。

 という心の声が聞こえてしまったのか、
 その日は釣ったのよりもぜんぜんでかいのがず~っと激しくライズしていたけれど、
 オレの八つ目がス~ッと流れるとしばらくシーン。

 明けて翌日、
 また一投目にドラマ。

 ほんの目の前でドワバッ!とものすごい食いっぷりで、
 半信半疑だったきのうよりも全然確信に満ちてグイッとあわせたつもりなのに、

 ギーーーーーと走られグッと止めて竿ためたらスカッとバレた。
 唖然とした。

 その後数日、
 どんどんライズの数も減ってきて、
 なんかさびし~感じになってきたとき、

 ようやくまたチャンスの一投目、
 
 もうさ~ここまで粘着しちゃうと逆にもう気持ちが負けてしまっていて、
 負のスパイラルがハンドスピナー状態。

 カスッとバレた。
 ほんまこの川きびしいわ。

 んで、
 負けてられへんで~と奮起したら台風で……、
 悶々悶々しながら落ち着くの待って、
 その間に捏造した新作を4Xにくくりつけて川を渡渉してポイント目指してみれば、
 シーーーンて……いつまで待っても無慈悲な無生命感。

 この夏、
 このような想定外の初体験をしたんですよ、

 デモのときの休憩時間、
 茶飲み話ついでに皆さんにこのフライを見せびらかしたら、
 なぜだかビビッときてガブッとくいついてこられた方が何人かいらっしゃって逆にビックリした。

  
171128(9)9.jpg
 超かっこいいリールと胸がキュンと焦がれる背ビレ。

 マイトロフィーの全身像もいいけれど、
 むしろ背ヒレとか脂ビレとか尾びれとかの各部位アップ写真眺めて思い出に浸り脳内妄想ひろがって、
 ハア~ンハア~ンため息をつくマイナス十何度の切ない夜です。

 モロダシよりもチラリズム派なのです。

 さ、
 巻こ。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.