BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
エネルギッシュ婚姻色は「性」の目覚め
180715(1)1.jpg
 いぶし銀のウグイ。
 いつものウグイ。
 キミはウグイ。
 どうしてもウグイ。

 いかにもな素晴らしい渓相に惹かれてはいったはじめての川。
 「ここはいるでしょ~!」
 などとおおいに盛り上がって期待して、
 いかにもなポイントをワクワクで釣りはじめてみれば、
 そこはウグイの魔境だった。

 すこし下流で釣っていた吉田さんがあがってきたので、
 「ここ、ウグイすごいっすね」
 と気が抜けたかんじで言うと、
 「いや~、ウグイに罪はないけれど、萎えますね~」
 と脱力した口調で言った。

 けして憎んでるわけやないけれど……、

180715(2)2.jpg

 6月のはじめ、
 うららかな陽の光のした、
 くるぶしくらいの深さしかない砂利で埋まったチャラ瀬に、
 数百数千数万のウグイが集結して、
 さかんに水飛沫をあげながら、
 いまを盛りに産卵していた。

 「ウグイの瀬づき」

180714(6)6.jpg

 どぎつい橙色の婚姻色がクッキリ浮き出たウグイ。

180714(7)7.jpg

 頭から背中にかけて、
 白いボツボツがびっしり鳥肌のようにひろがっている。

 発情の証し。

 イカ臭い思春期真っ盛りの子供のころ、
 ウグイやオイカワの婚姻色を指して、
 「もし人間にも婚姻色があったらどないする?」
 という、
 子供らしい素朴な議題で、
 アホの子たちみんなでよってたかって真剣に議論した。

 「かんがえてみ?ちょっとでもエロい気分になったら、
 身体にオレンジ色の線がうきあがって、顔中にブワ~ッてボツボツがでてくるんやで」

 「プールとか行ってエッチ気分になって婚姻色でてしもたら、
 うっわ、アイツこんなとこで婚姻色だしてるやんけ、とかヒソヒソされるんやで」

 それはとても困る、
 と、
 アホの子たちはみんなおもったものだった。

 
180714(8)8.jpg

 時は流れて、
 大人になってかんがえてみれば、
 もし人間に婚姻色があったら、
 陰口どころか、
 人間社会のありようは、
 なにもかもすべて根底からちがっているだろうな、
 といろいろ想像してしまう。

 ていうか、
 大人になってもそんなことばっか夢想している。

 嗚呼婚姻色。

 婚姻色といえば、
180714(9)9.jpg
 7月にはいってすぐのこと。

 この場所はエサを探しているビッグが定位する超A級必殺トップシークレット・ゴージャス・ミラクル絶好ポイント。
 なので、
 ここを釣るときはものすごい気合いがはいる。

 この日、
 このポイントに行ってみると、
 胸くらいの水深の川底の岩盤の切れ目のところに、
 真っ赤なビニールのようなゴミが引っ掛かっているのが、
 波間を通してチラチラ見え隠れ。

 「無粋だな~、あとで回収でけへんやろか」
 などとおもいながら、
 ぶ厚く重い流れの底にヘビーなニンフをドスンと沈めて流しはじめて数投目。

 水中に突き刺さって流れているラインを通してグッと感じる微かな生命感。
 バシッとあわせたつぎの瞬間、
 さっきからず~っと川底で微動だにせずユラユラしていた真っ赤なビニールが、
 いきなりスイッチははいって電流が流れたみたいに暴力的にガガガガガーッと上流に突っ走って、
 そこでダッパーンッドッバーンッと真っ赤な魚体をくねらせながら飛び上がって、
 ドッボーンッと水飛沫けちらして水面をたたきながら力まかせに落下した。
 そしてこんどは下流にギイイーーーーーンと激走した。

 なんだなんだと一瞬パニくったけど、
 あまりに強引で金属的かつ直線的な走りに、
 きっと遡上魚的な何者かの魚体の背中らへんにフライがスレて引っ掛かってしもたんやな…とおもった。

 正体が見たいけど、
 この激しい荒瀬の川底で有無を言わせない重量級の走りっぷり。
 
 じきに外れるか、
 もう永遠にあがってこない感じかも……、

 ところがいつまで経っても外れないし、
 しばらくの攻防戦で、
 なんとなくサカナの動きがコントロールできてきてるかんじで……、

 意を決して、
 ダーッと下流の澱んだところまで走っていって、
 おそるおそるそこに誘導して、
 グワングワン魚体をくねらせる正体不明を至近からチラッとみてみれば、
 なんとフライがちゃんと口に掛ってるっていうか、
 フライがっぽり飲み込まれてんじゃん。

 こ~れはイケルかも!

 ぜひとも正体が見たい!





180714(10)10.jpg

 ヒイヒイハアハアでようやく無事に謎の遡上魚的な何者かをめしとって眺めてみれば……、

 頭のてっぺんからクエスチョンマークがスーパーハッチ。

 これって……ソッカイ・サーモン?……紅鮭??????
 なんでこんなところに?? 
 どういうわけ???
 え?
 どういうこと?????

 ここ、
 海からかるく数十キロは上流なんだけど??????
 今年はまだサクラマスもここまでのぼって来てないんですけど???

 っていうか、
 ソッカイサーモンて、
 そもそも日本の川に遡上するの??????

 聞いたことないけど……、

 ていうかこのばあい、
 このサカナは法律的にどういう扱いなん?
 アキアジやカラフトやサクラマス的待遇なん?

 なんかボク、
 いけないことしちゃった?

180714(11)11.jpg
 だれか詳しい方おられたら教えてほしいです。

 たくさんのハテナを残したまま、
 孤独な遡上魚はたちまち回復して態勢を立て直すと、
 なんとも力強く荒瀬のなかに消えていった。

 蛍光色のような真っ赤な婚姻色の魚体と、
 抹茶にミルクを混ぜたような暖色オリーヴなアタマの色のコントラストが、
 鮮烈な鮮やかさで美しいなとおもった。

180714(12)12.jpg

 そしてなにより不思議なのは、
 このサカナがコレをがっぽり飲み込んだこと。
 
 ロングシャンク4番に巻いた超ヘビー・特大ウエイテッドニンフ。

 川底に定位した魚体をまったくうごかすことなく、
 ニジマスの大物がいつもやるような「居食い」で、
 上流から流しこまれたこのニンフを静かにフッと吸い込んだのだった。



180714(13)13.jpg
 このようなヘビーウエイトなニンフを轟々流れる荒瀬の底にうまく誘導して、
 まんまと喰わせて、
 あの微妙で微かなアタリをバシッとドスンッ!と掛けたときの電撃の「してやったり感」はたまらないものがある。
 
 そして、
 こんなフライが必殺キラー・パターンになることも多々ある当地の釣り場。
 しかもそこは人跡稀な秘境でもなんでもなく、
 人の生活の隣を流れている川。
 それって、
 あるいみ世界でも稀有で特殊な環境とちゃうのかと、
 誇らしくおもっている。


  
オショロコマのナブラ
180714(1)1.jpg
 ここは静謐と畏怖が同居しているところだ。

 どこでもたいがい覚悟決めて単独でグイグイいきまっけど、
 ここはさすがに川通しは独りでよう歩けん。
 
 そこかしこヒシヒシビシビシ感じる野性の気配にビクビクおののきながら、
 沢にかかっているいくつかの橋のところだけチャチャと釣る。

 でもぶっちゃけ、
 ここでの釣りはそれで充分。

 目のまえの林道にクルマをとめて、
 橋の上から小さなフライをヒョイと落として釣る。

180714(2)2.jpg
 シルキータッチな6フィート3インチ2番がギュギューンと橋の下に突っ込まれて、

180714(3)3.jpg
 橋のうえから記念に撮ったクソショボイ写真。

 これでたぶん40センチくらいのアメマス。
 それぞれの橋のたもとの一番良いところに、
 必ずといっていいくらいこういうのがイッピキづついる。

 そしていちばん最初にフライに出る。

 どの橋の親分格も掛けたとおもうが、
 まだイッピキも取り込んだことはない。
 橋のうえから釣っているので、
 この道具だてでは引っ張り上げられない。
 そして16番くらいのファインワイヤなバーブレスフックを、
 わざわざチビッチビに砥いでつかっているので、
 グイグイ暴れまわっているとじきに外れるかフックがのびてバレる。

 でもそれでいいの。

 目的は、
 180714(4)4.jpg
 こまっしゃくれたコマっちゃん。

 おちょぼぐちのコマっちゃん。

 フックをチビッチビに砥ぐのはこのため。

 さいしょに橋の下をところせましとアメマスが走り回って、
 いばっていた親分が隠れ家に逃げ込んでからしばし待つと……、

 橋の下はなんだかたちまち賑やかな生命感。

 怖ろしい親分不在となった流れのどこからともなく、
 このときを待ってましたとばかりにワラワラワラワラとオショロコマが湧くようにでてきて、
 フライの奪い合いが始まるのだった。

 そんな様子仔細が、
 澄んだ流れを通して橋のうえから丸見え。

180714(5)5.jpg

 コマっちゃんええなあ。

 巨ニジマス恋慕の日々でグラグラ煮えたぎりすぎた釣り気分を、
 ときにコマッちゃんいじめでいったんリセットしてクールダウン。

 コマッちゃんいつもおおきに。

 
Dim The Light
180326(1)1.jpg

 今夜はわたくしの厳選秘蔵メロメロ動画ライブラリーからひとつご紹介です。

 お助け!シュロの糸←ここクリックしてネ。


180326(2)2.jpg

180326(3)3.jpg

180326(4)4.jpg

180326(5)5.jpg

 〆はこの曲で → ピピカソ

 
ものすごく面白い釣りの本2冊
180104(1)1.jpg
 
 15世紀のフライのレプリカというか想像図。
 現在のフライフイッシングに直接つながるフライとして記録に残っているものとしては最古のフライとなるそうだ。

 15世紀ですよ15世紀、
 日本史でいえば室町戦国時代?……ですか?

 しかも、
 これらの最古フライズを含めた毛鉤釣り最古の書物の著者は、
 なななんと修道女だったというからおどろきだ。

 そのひとジュリアナ・バーナード女史の手によるその本によれば、
 もはやこの時代すでに「釣り師たるもの紳士たれ」
 毛鉤釣りは精神修養を目的とした高貴なスポーツである、
 という「襟を正して取り組むべきもの」という姿勢こそが尊ばれていたそうだ。

 そしてまた、
 これらのフライの原典は、
 季節や月ごとに使うべき12本のフライが整理され紹介されていた。
 さらに、
 きっとおそらくまだこの時代には「ハックリング」や「リビング」という概念がなかったにせよ、
 フライごとの名前や造作を見れば、
 それらのフライはそれぞれなんらかの虫を真似ているのは明らか。
 
 つまり、
 フライフイッシングのスタート時点からして、
 「そのとき鱒にたくさん喰われている虫」を模倣して毛鉤を作る、
 というのがアプローチの核になっていたというわけだ。

180104(2)2.jpg

 そしていつしかフライにハックルが巻かれた。
 ちなみに写真のフライはグリーンウェルのサイズ12番。

 ジュリアナ・バーナードのフライから出発して、
 チャールズ・コットンのあの「釣魚大全第二部」などを経て、
 いったいどの時代に「ハックリング」が考案されたのだろう?

 というのが、
 ワタシにとってもっとも浪漫ワクワクのフライフイッシング・ミステリー。

180104(3)3.jpg

 進化の過程に枝分かれは必然。
 
 イミテーションとして出発したフライが、
 その歩みのなかでまったく別の方向にもむかいはじめたのだった。

 あるいみファンシーフライの究極的フライとして、
 ジョン・ポプキン・タラハーン考案のフルドレス・サーモンフライ「ブロンズ・パイレーツ」を挙げてみよう。

 テイルにはオオハシの首羽根を3枚、
 シルバーティンセルのボディに、
 銅色に輝くニジキジの小さな襟羽根を合計6枚巻き止め、
 ウイングにはニジキジの冠羽根。
 そしてそのうえにトッピング4本。

 大英帝国時代には宝石とおなじステイタスだった鳥たちの羽根でもあり、
 どれもこれもキレイではあるけどとっても扱いにくい羽根。
 それをやねえ、
 ドライフライフック12番とたいして変わらないサイズのちっちゃなサーモンフックに、
 チマチマチマチマ縛りつけてはったわけです。
 しかもバイスにフックを挟んで巻くのではなく手に持って……。

 これはもう執念であり情念ですよ。

 んで、
 こうして苦労に苦労を重ねて巻かれたこのフライは、
 渇水期のアトランティック・サーモンの必殺フライとして紹介されていたそう。

 が、
 そうした必殺がどうとかこうとかよりも、
 「希少で美しいこの羽根をつかったこのフライでこそ釣りたい」
 とか、
 もっとぶっちゃければ見栄とかハッタリとかエエかっこしいとか、
 そのような人間の自己顕示欲も見え隠れ。

 と、
 そのような下心は表現方法によってはとても野暮で痛々しいけれど、
 しかし自己顕示欲あったればこそ今日の発展進化につながっているのも明白で……、

 本来はサカナを釣る道具でしかない一本のフライを通して、
 「ヒトの性や情」というものは時代変われど不変であるなと連想するのはおもしろい。



180104(4)4.jpg
 歴史に名を残す麗しき古典を見たあとに、
 あなたをおもわずズッコケさせたいマイ・超ラブリー・バッタ。

 まるで子供の粘土細工のようなチープでジャンクなフォームボディから突き出ている、
 バッタのうしろ脚だけがなんだかナマナマしくリアル、
 ってところのアンバランスさとギャップが、
 オレ様のテレストリアル・ムードなバッタ・フライ気分をおもいっきりニヤつかせてくれる。

 オレノチェルノのボディに、
 ふと思いついてバッタのナマ脚的素材を細工して取り付けてみたところ、
 「こ~れはかわいい!」おもいっきりときめいたあと、
 未曾有のフォーム・ブーム旋風が我が家にビュービュー吹き荒れておるのでございます。

 インディアンクロウやコティンガなどなどのエキゾチック羽根の横で、
 フォームやシェニールが山積みになっている我がタイイング机は、
 そのままワタクシのフライ気分を体現しているようでございます。

 といいつつ、
 蛍光灯の明かりにヒグマの金毛が反射して、
 もうなんともいえない妖しさで生きてるみたいにキラついており……、
180104(6)6.jpg
 おもわずその毛をハサミでひと束切っては、
 14番のフローティングニンフのボディに巻いてウットリ、
 白クマの毛とブレンドしてストリーマーのウイングに巻いて恍惚……、

 嗚呼だれか時間を止めてくれ

 時の流れは荒れ狂う雪代の荒瀬。
 グオングオン流れ流れて月日は走馬灯。

 巻きたいもの試したいものがコップから溢れてしまいそうで、
 一日があまりにも短くて焦燥感つのらせるばかり。

180104(5)5.jpg

 と、
 そのようなさざ波に揺れるココロを静めて癒すためにも、
 就寝前の至福の読書タイムは最近この二冊をつまみ読み。

 というか、
 いつも枕元に常備している本のなかの二冊。

 珠玉のサカナ釣りの本

 それで、
 今回はホンマはこの二冊の感想文を熱烈にかこかなとおもってたんですが、
 というか、
 ここまでの話しはこれらの本を語りたいがための布石というか序章やったんですが、
 すでにえらいいっぱい語っちゃって、
 ちょっとパソコン画面見過ぎで目がシバシバしちゃって、
 そしてこれからまたフライ巻くのに没頭したいし……、

 そんなわけで、
 今夜はここでお別れです。

 なんちゃって、
 いかにもボクいますっごい忙しいねん的な野暮ったい物言いしちゃってますけど、
 くれぐれもお気づかいなく、
 なにかあればお気軽にどしどしメールくださいませ。

 かしこ~~。
 

 
マイ リトル タランチュラ
171226(1)1.jpg
 フェザントテイルのファイバーを数本捩じってボディに巻いて、
 ホワイティング4Bコックネックのファーネスをオーバーサイズで二回転ハックリング。

 ハックル素材がもつ透過光やファイバーの微動などなど、
 「ハックルフライの本質とはなにか?」の深淵と、
 ハックル素材の織りなす自然の妙と旨味を、
 はや一世紀以上もまえに世に問うたハックル中毒の元祖的存在であらせられる、
 Drベイジェント博士へのオマージュ的フライ。

 ベイジェント・ブラウンの私的ヴァリエイション。 

 通常のドライフライのようにハックルファイバーがほぼ垂直に直立しているのではなく、
 さりとてソフトハックル・フライのようにファイバーがボディ後方にむかって完全に傾いているのでもなく、

 長いハックルファイバーがあくまでも自然に湾曲しながら、
 まるで傘の骨のようになってパラリと拡がっているところが最大のミソであり、
 このフライの生命感の源。
 そして巻き手のセンスと技量の見せ所でもあり、
 見られて気恥しいところ。

 ごまかしや小細工をいっさい受けつけないシンプルだからこその難解と複雑を知ると、
 もはや古女房的マンネリ付き合いになってしまっていたフライフイッシングの世界がまた一新されたような気がした。
 すでに酸いも甘いもかみしめたつもりでいたのに、
 出会ったばかりのころのフレッシュなトキメキやワクワクが戻ってくるようだ。

 古典を知るということは、 
 つくづく新しいことを知るということと同義だな~と。

171226(2)2.jpg
 そして単純にめちゃんこよく釣れる。

 サカナを騙すために、
 無駄な贅肉を極限までそぎ落とした末の結果の、
 「サカナ」を釣るためのフライなんだから、
 そんなの当たり前ちゃあ当たり前のことですね。


 転じて、
171226(3)3.jpg
 文庫本のうえを、
 ちっちゃなタランチュラが這っている風景。



171226(4)4.jpg
 指で摘まんだだけで、
 ブチュッと潰れてしまいそうなヘニャヘニャボディのアオムシが、
 哀れタランチュラの餌食に……、

 というのはさておきこのタランチュラ、
 我が家に遊び来た方々をはじめ、
 タイイングデモなんかにも持参してたくさんの同好諸氏に見せびらかしまくったった。

 「ホラ、これ見てくれる?」とタランチュラを忍ばせた小箱をこれみよがしにパカッと開けると、
 みんな最初は…え?なに?みたいにマジマジとフライを見たあと「うっわっ、キモッ!」といって、

 そしてまたみんなマジマジとタランチュラを見てから、
 さらにイチオクターブ高い感じで「きっも~」といった。

 八本脚の関節がキモっぽさを醸し出す最大のキモなのです。

 さあ存分にキモがっておくれ。

 そのあと、
 このタランチュラにつかった材料や製作過程、
 そして何故よりにもよってタランチュラなのか?の製作意図などなどを語ると、
 みんな「な~るほど~」とつぶやいてさらにガバッと喰いついた。

 ワイが丹精込めてこしらえたリトルなタランチュラ、
 ボッコボコ釣れちゃって入れ食いやんけうれしいやんけ~。

 たくさん釣られてくれた。

 「ヒト」が……。

 ミツグちょ~ご満悦。

 だってそれが目的なんだもの。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.