FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
燃える橙色と黒と濃灰色
180206(1)1.jpg
 我が家の目の前の景色。

 ここに越してきて、
 家から毎日見る四季折々の景色をほんとに美しいな~とおもうのは、
 とってもメンタルに効くんだなと、
 すごくシアワセなことなんだなと、
 シンワリ染みるようにおもってる。
 



180206(2)2.jpg
 なので定点観測。

 昨日の大雪でまたさらにズッポリ白く埋まってしまった。

 ほんのちょいまえまで、
 「雪かきってセンスいるよね~」
 などと、
 新参者のくせにわかったような生意気をのたまっていたベリーイタイわたし。
 トッテモハズカシイ。

 いま現在は、
 とにかくなんでもいいから雪どけて家から出入りができて、
 駐車場からクルマがギリギリ出せれば、
 あとはもう見映えなんかどうでもいい切実なワタシ。

 そんなわけで、
 きょうもきょうとて超お気に入りのシムス社の最高級ヤッケをさっそうと着込み、
 カッコだけはいっちょまえで、
 とってもセンスのないシロート丸出し「やっつけ雪かき」に精をださざるおえないわけですが、

 かといって、
 辛いな~しんどいな~イヤだな~と鬱々しているかというと、
 ぜんぜんそうでもなくて、
 むしろなんだか酷寒の暮らしを「スゲエなヤバイなそうだ記念に写真撮っとこっと」などと、
 レッツ・エンジョイ・ヘビーウインターの方向で日々あれよと時間が流れておるわけですが……、

 そんな冬の暮らしのなか、
 いつも思っていることがあります。

180206(3)3.jpg
 シムスのトレードカラー?イメージカラー?のオレンジと黒と濃いグレイの配色ってさあ、
 残像として無意識のうちにすごい印象に残るというか、
 奇抜で斬新でありながら、
 イメージとしてものすごく視覚とココロに馴染むというか……、

 この配色、
 ぜったい効くやろな~と、

 ハッキリゆうて釣れないわけがないやんけ。

 なんて、
 そんなファンシーでささやかな思いつきもまた、
 冬の密かなたのしみになってます。

 そんなわけで、
 タイイング仕事の合間の手慰みにちょっと寄り道、
 チョイチョイっと……、、
180207(1)1.jpg

 うえが「ゴールデン・スペックルド・シムス」
 したが「シルバー・スペックルド・シムス」

 コック・デ・レオンのヘンのセカンダリー・クイルに、
 黒と橙のグース・ショルダーをマリッド。

 レイ・バーグマンの初期アメリカン・ウエットフライ的アプローチ。
 古き良き時代のテイスト素朴な牧歌のムードが、
 きっと我が家のご近所の巨マスたちを魅了することでしょう。

 シムスの最高級ヤッケはおって、
 さっそうとこのフライをドリフトさせる春がムチャムチャたのしみなのじゃ。

 という戯言はおいといて、

 シルバーのほうのボディにリビングしたオーバルティンセル、
 ぶっといでしょ存在感満点でしょ、
 これだけ太いとよりいっそう乱反射ビッカビカギランギランやで。

 が、
 巻いてる方ならご存知のとおり、
 このリビングの凹凸がクセモノで、
 こうしたスタイルに巻くと、
 クイルウイングの巻き止め位置付近に留めたオーバルティンセルのでっぱりが邪魔をして、
 ともすればクイルウイングがビコーンと不自然に跳ねあがってしまったりと、
 思い通りに巻けない泣き所になりがち。

 リビング材を太くすればするほどに、
 こうしたフライが求めるメタリックな乱反射をより強調できるけれど、
 その反面さらに製作難易度アップちょう巻きにくくなる。

 なんですが、
 ほんのちょっとした加減で、
 このように自然な理想的フォルムに巻けることを発見。
 ひとりウヒヒと悦に入っております。

 このささやかなテク、
 誰にでもカンタンに巻けるように活用できるように、
 もうちょいちゃんと理路整然とさせてから、
 またもったいつけてクソ偉そうにご紹介させてくださいね。

 寄り道しても手ぶらでは帰ってけえへんでと、
 そんなドカ雪の一日でした。

 充実度数グッと高め。
 
 
quill wings of coq de leon
170113(1)1.jpg
 ちょっと模様の変わったコック・デ・レオンのルースター・クイル。
 コンプリートウイングの状態で見ると、
 マダラ模様も不鮮明でパッとしないし、
 なによりも例によってクイルの状態が乱れに乱れてグッチャグチャ。

 残念ながら破棄決定、
 だったんだけど、

 ……この子は磨けばきっと光るタマになる……

 ウイングをぜんぶバラして一枚づつ蒸気を当てて、
 なんとか使えそうな部分だけ補修選別して、

 170113(2)2.jpg
 Great Sedge Variation #4

 みにくいマダラの子が、
 アンダーソン・フェザントのフランクフェザーをつかったスロートハックルとのコラボによって、
 まるで雪ヒョウのようなエレガント・マダラ模様のヒゲナガ・フライに変身です。



170113(3)3.jpg
 ねじりボディを胴体にキリリと巻いて……、
 ワシミミズクのプライマリークイルと金色のオーバルティンセルのツイストボディ。

 あれだけやり倒したというのに、
 飽きるどころか……、

 モフモフやろ?
 これが濡れるとさあ、
 この繊毛がフワ~ッとボディ全体を覆って、
 その下から金色がチラチラ~ッて覗いて、
 ボディの体節がくっきり浮きあがる。

 官能的だ。

170113(4)4.jpg
  March Brown style #6
 
 レオンのルースター・セカンダリークイルの典型的な色柄のひとつ、
 明るめのマダラ模様をウイングに据えたマーチブラウン風。

 スロートハックルとテイルにも、
 クイルウイングとおなじコンプリートウイングに生えている、
 ウイングカバーの部分をソフトハックル化させて巻いてある。

 かつてテンカラ毛バリの世界で珍重された「キジの剣ハネ」の威力と特性を彷彿する、
 フライフイッシング的ソフトハックル素材にはこれまであるようでなかった、
 新感覚のハックル素材になりえる可能性を秘めているっちゅうか……、

 これヤバイっしょマジで。

170113(5)5.jpg
 とまあ、
 これまで時間がなくて脳内で密かにあたためているばかりだったイメージやヴィジョンを、
 ここにきてようやくシンプルなウエットフライに具現化しながら、
 連夜「ヤバイヤバイまじでヤバイこ~れはヤバイまじイケル」などと連呼、
 言葉足らずのアホの子状態ナウ。

 なんだけど、
 オレ的にマジヤバイのはさあ、
 聞いてくれる?

 ウエットフライってさあ、
 いつものリビングするとさあ、
 なんちゅうかフライのテイストがやっぱ洋風な印象に映んの、
 どうしたって……。

 でもさあ、
 リビングしないでボディ巻いて……、
170113(6)6.jpg
 これまで自分ではイメージすらしなかった、
 あるいみ自然な見映えからすれば抵抗感すらかんじる色の組み合わせでボディ巻いてハックリングして、
 そんなキテレツな色柄のボディとスロートハックルにやねえ、
 逆に自然界にあまた存在する生命の模様の象徴みたいなレオンのマダラ模様を合体させると……、

 ヤッバイわコレ浮世絵ちっく。
 と、
 かんじるのはワタシだけでもかまいません。

 でもさあ、
 やっぱウエットフライっつ~からにはリビング的ヒカリモノほしいじゃん?
 ヒカリモノないとなんかしまらないじゃん?
 でさあ、
 ダビングボディの下側もしくは内側から規則的なかんじでヒカリモノが覗いている、
 みたいなボディに細工したわけ、

 きらびやかというよりも、
 洗練からはほど遠くだらしない間の抜けた遊び人風イモ臭い着物で流してまっけど、
 サラシのしたにギラッとドスしのばせてまっせ……みたいな。

 嗚呼、
 浮世のことなんかみ~んな無視して
 ホンマモンの「巻き狂人」になれたらどんなにこの世は極楽浄土でしょう。

 スイマセン分不相応にも程がある。
 出過ぎたことを言いました、
 かの葛飾北斎にひたすら陳謝。

 あ、
 ちなみにコッチのフライズには、
 ルースター・レオンの艶っぽく黒光りしているマダラ模様の暗色系クイルをウイングに巻いてみた。
 ので、
 先の明るめ系マーチブラウンと比較してみるのも一興なり。
ダンケルド浪漫
 ほんのつい今さっき、
 マーべリックの勝俣さんから電話。
 年の瀬のご挨拶やろかとおもったら、

 「いや~、いまさあ、やっと年内の仕事がひと段落したんで、事務所でハックルいろいろ見てるんだけどさ、
 そしたらなんかこう、たまんなくなって電話しちゃったんだけど、いま忙しかった?」

 「酉年をまえにして盛り上がってはるわけやね?」

 「そ~なの!」

 そしてウハハと笑っているワタシの目の前にもまた、
 アレコレのハックルたちが山と積まれて鎮座しており……、

 そりゃ~もちろん生活していればアレコレイロイロあるわけですが、
 本年もまたこうしていつものように羽根まみれの年がしずかに暮れていくわけで、
 かんがえてみれば、
 それはじつにじつ~にシアワセなことですね。
 
161230(1)1.jpg
 ご存じダンケルド・ウエットフライ6番。

 19世紀末の英国はダンケルド地区にて、
 もともとは銘川ディー・リバーのアトランティック・サーモンのために考案されたダンケルド。
 その土地の名前を冠して愛されたダンケルドは、
 もとは大型の絢爛豪華なフルドレス・サーモンフライでした。
 で、
 そんなフルドレス・ダンケルドはまた、
 時代ごとの変遷に応じてすこしづつフォルムや素材を変えながら伝承されていきました。

 と、
 その歴史の渦中にあって、
 そんなフルドレス仕様なダンケルドはまた、
 小型サイズのフックに巻かれてフォルムも大幅に簡略化された、
 ウエットフライ仕様のヴァリエイションも生まれました。
 で、
 そんなチビッ子ダンケルドはかの地にてシー・トラウトの夜釣り必殺フライとして名を馳せたわけですが、
 しかし、
 それはもはやむかしむかしの英国ローカル物語。

 フライフイッシングを世界の目でひろく眺めて渡してみれば、
 ダンケルドはいつしか本場でさえも過去の遺物として歴史の彼方に埋もれてしまった。

 もはやとっくに忘れ去られたフォーゴットン・フライ筆頭格。

 しかし、
 そんな全盛時代からかるく100年以上の時を経て、
 英国からは遠い遠い極東の我が国に伝えられたダンケルド。

 ぼくらはみんな知っているけれど、
 英国ダンケルド地区がこの事実を知っているのか知らないのか、
 それはわからないけれど、
 
 我が国ではこのダンケルド、
 いまだ現役バリバリというよりも、
 もはやカリスマ的ウエットフライとして不動の地位。

 ウエットフライ好きなら誰もが「いつかは巻き方をマスターしたい、避けては通れない登竜門」
 超人気トラディショナル・ウエットフライ筆頭格の大物キラーとして君臨。

 しかも、
 英国にはもちろんいないヒゲナガ、
 真っ白な下翅をひろげて川面飛び交い水面を走る、
 あのヒゲナガが乱舞する晩春~初夏の夕暮れ時の必殺として、
 我が国ならではの活躍の場を舞台に、
 ご存じのように幾多の伝説と物語を残しつづけるダンケルド……。

 世界ひろしといえども、
 現在もこのフライがここまで現役かつ人気なのは、
 我が国をおいて他にないでありましょう。

 とまあ、
 このような視線でこのフライを見ると、
 またさらに浪漫もひとしおですね。

 もっといえば、
 我が国で販売されているブロンズ・マラードは、
 もはやこのフライのためにこそ売られていると言っても過言ではないのではないか?

 もはや、
 ブロンズ・マラード~と叫べば、
 ダンケルド~とこだまがかえってきそうな……。

 んが!
 ここが問題で、
 「ダンケルドはウエットフライのなかでもキレイに巻くのが特A級にむずかしい」
 と敬遠?あるいは敷居が高い?とされるのは、
 ぶっちゃけダンケルドがむずかしいんじゃなくて、
 ウイング素材となるブロンズ・マラードの扱いが数あるクイル素材のなかでもとくにムズイわけで……、

161230(2)2.jpg
 と、
 そんなブロンズ・マラードをウエットフライのウイングとして巻き止めるための、
 ちょっとしたテクのひとつを再度ご紹介です。

 これは、
 たしか3年前の冬くらいのフライフイッシャー誌の記事にて詳解させてもらって、
 さらに、
 その翌年の春くらいに刊行された不肖ワタシのウエットフライ・タイイングDVDでもご紹介させていただいた、
 扱いにくいブロンズ・マラードをいかに簡潔かつ機能的にウエットフライのウイングに巻き止めるか……、
 といった命題へのアイディアとご提案のひとつ。

 まずは、
 レオンのセカンダリークイルやターキークイルなどの、
 ブロンズ・マラードの色合いと調和するような質感色調で、
 かつ非常に扱いやすいクイル素材を通常通りにウイングとして巻き止める。

 ちなみにここでは、
 サイズ6番のフックにレオンのルースター・セカンダリークイルをつかった。

 で、
161230(3)3.jpg

 そうやって先に巻き止めておいたクイル・ウイングに、
 ブロンズ・マラードを片側づつおさえつけるというか、
 寄り添わせるようなかんじでウイングの左右に巻き止めるとアラ快感。

 あれほどアッちゅうまにバラバラとファイバーがバラけてにっちもさっちも、
 といったヤンチャなブロンズ・マラードが、
 慣れてしまえばいとも簡単にスムーズに巻き止められる、
 という寸法。

161230(4)4.jpg

 コツというかキモのひとつは、
 写真のようにブロンズ・マラードのクイルをストークごとカットしておくこと。
 こうすると、
 いったん失敗しても何度もやり直しが効く。

161230(5)5.jpg

 で、
 この方法をさらに発展応用させると、
 フライのヴァリエイション的にも、
 また機能的にも、
 いろ~んなことが出来る。

 そんな作例のいくつかが、
 この記事のまえのエントリーで並べた個人的アレンジ・ウエットフライ群というわけです。

 ブロンズ・マラードおそれるなかれ。
 
GJAD tied by ハネ太郎
161223(1)1.jpg
 アイ ハヴァ ダンケルド ♪


161223(2)2.jpg
 アイ ハヴァ グレートセッジ ♪


 アァッッ
161223(3)3.jpg
 グレート・ダンケルドッジ ♪ 





161223(4)4.jpg
 アイ ハヴァ ダンケルド ♪


161223(5)5.jpg
 アイ ハヴァ ジャングル・アレキサンドラ ♪


 アァッッ
161223(6)6.jpg
  ジャングル・アレキダンケルド ♪





 ダンケルド~♪
 グレートセッジ~♪
 ジャングル・アレキサンドラ~♪

 アァッッ
161223(7)7.jpg
 グレート・ジャングル・アレキダンケルドッジ GJAD ♪




 すべりましたね?
 スイマセン……。 




 
  
   Merry Christmas to you all !

 
Big Bad Turtle
 つい先日の早朝未明のことなんやけど、
 田んぼの脇の雑草だらけのあぜ道を歩いていたら、
 前方の雑草がガサガサ揺れてんの、

 なんかいな?とおもって、

 近寄ってみれば、
 ごっついワニガメがあるいてんのよ、
 でっかかったでえ、
 マンホールくらいあったで。

 だもんで、
 すかさず背後に回り込んで、
 シッポのほうからワニガメの背中に馬乗りになっておさえつけてんわ。
 竜宮城に行く浦島太郎みたいになった。

 ワニガメのやつ、
 グワバッと手足で地面掻きながらメッチャ暴れてさあ、
 でっかい鉤状の爪で、
 (うっわコレで引っ掻かれたらエグイな~)おもって、
 必死で背中にしがみついていたら、
 そのうち手足と首を甲羅のなかに引っ込めておとなしくなってヤレヤレ……、

 しかしコレどうやって持って帰ろう?

 しばらくワニガメの背中のうえで思案しててんな、
 そしたらなんか、
 そういや昔フライでナマズ釣りたくて五里霧中のときに、
 この田んぼの用水路に毎晩通ってたよな~とか、
 しみじみ物思いにふけりながら郷愁の念ひとしお、
 みたいなテイでうっとりしとってんわ。

 そしたらさあ、
 いきなりとつぜん!
 ワニガメがビクンッビクンッて身体全体を激しくビクつかせて、

 そのたびにブッとい首がググッググッと伸びてきて、
 たちまち1メートルくらい首がのびてんわ。

 で、
 アタマをグンッて振って首を弓なりに曲げたかと思うとさあ、
 ブワンッと反動つけて、
 グワッ!とでっかい口を開けながら岩のようなアタマが目の前にグーンと迫ってきて、
 血の色をした真っ赤な口の中でナイフみたいな牙が無慈悲に剥きだしで、

 うわっっっ!



 とおもったら目が覚めた。
 布団のなかで身体がビクッとしました。

 毎晩毎晩、
 あまりにもオモシロイ夢ばかり観るのでもったいないとおもい、
 つげ義春ばりに夢日記をつけようと、
 枕元にメモ帳を置いておるのですが、
 いつも忘れていて、
 今回はじめて役に立ちました。

 メモにはワニガメ…とだけ記しておりました。

 しかしメモるってすごいわ。
 いつも夢の記憶なんか淡雪が溶けるように目覚めた一瞬でキレイさっぱり消えていくのに、
 ワニガメの一言でありあり思い出した。

 ので書いてみた。

161017(1)1.jpg
 マシュマロ・エクステンションをウイングに据えて巻いた、
 簡素なコーチマン的ウエットフライ。

 これねえ、
 いま課題にして愉しんでいるスタイルのいわば雛型。
 打ち出の小槌といえるかも。
 ここからアレンジ応用しまくりでアレコレ派生していくわけです。

 コンセプトは一言でいうと「流れに揉まれる水をたっぷり吸った古雑巾」のごとく。

 こむずかしい理屈や能書きは今回はおいといて……、

 まあ自分としては久々大ヒット!てき興奮とトキメキに包まれながら、
 巻いたばかりのテンション高め状態で、
 とある友人に「巻き巻きホヤホヤやねん、どない?」と写メったところ、

 ほどなく、
 「エッチ路線ですか?」との返信。

 え?なんでやねん?

 しばし思案の末、
 友人のいわんとしたことを理解しました。

 けして意図して巻いたわけではなかったのですが、
 はからずもプルンプルンのマシュマロ・オッパイ。

 そんなわけで、
161017(2)2.jpg
 コック・デ・レオンのチカブーのハックルファイバーを、
 パラパラッと薄めかつ長めかつシャンク全体にハックリングして、
 テイルにもチカブー散らして……、

 ボディはエンジェルヘアーとミラージュしのばせて捩じったトンビのクイル。
 シルキーな肌触りとゴージャスな宝飾の妖艶系バディ。

 流水に泳げば、
 ファイバー全体がボディを包み込むようにたなびいて、
 まるで羽衣をはためかせて天空に遊ぶ天女のよう……、

 ハゴロモ・ハックルをつかったブルーダン系の私家版ウエットフライ。

 名づけて「天女のオッパイ」

 フライ全体の淡く消え入るように繊細なダン色のなかで紅一点、
 ウイング先端に突き出る紅い突起。

 それはエロくもあり、
 それでいてそこはかとなく和のテイストも醸し出され、
 レッドタグやロイヤルコーチマンなどなど往年の「真っ赤なアクセントの魔力」を信じる者の主張でもあり、
 ムラムラッときた巨マスに「ココにかぶりついてネ」というメッセージでもあり、

 だいじなだいじなところ。

161017(3)3.jpg
 が、
 ロイヤルコーチマンのウイングには紅い乳首が似合わないのはなんでか?

 フライの配色って不思議ビミョーですね。

161017(4)4.jpg

161017(5)5.jpg

 思春期まっさかり?のお子たち、
 かなりテンションかけた状態でスイングさせて、
 コンコーーンッてかんじで激しくアタリましたが、
 おもったよりいい確率でフライがいいとこにバッチリ掛ってんの。

 ニヤリ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.