BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
モノの価値
100330(1)1.jpg
 昨年の初冬のこと。

 このバイスと、
 何年ぶりかで再会したのは、
 高知のお店だった。

 その店のショーウインドウのVIPルーム、
 いちばんいい場所に鎮座していた。
 店主がとても大切にしている、
 秘蔵のプライベート・コレクションであることは一目瞭然だった。

 「このバイス、売り物なん?……」
 ちょっと茶化すような気持ちで、
 それでもいちおう聞いてみた。

 ふた呼吸ほど間をおいて、
 店主が言った。
 「……いいよ、ビゼンさんが買うんだったら売るよ」

 「マジで!ホンマにええの?」

 「うん、いい。ビゼンさんにもらわれていくんだったら、
 そのバイスも本望やき……」

 「……おおきに…そのお言葉、
 今回はありがたく頂戴いたします」

 こうして、
 長年しずかにあたためていた、
 ちいさな物欲の夢のひとつが現実になった。

 100330(2)2.jpg

100330(3)3.jpg
 「浦戸ドラゴン」



100330(4)4.jpg

100330(5)5.jpg
 UGP……。
 「浦戸ジェネラル・プラクティショナー」

 浦戸タイガーに浦戸ゴースト…ほかにもまだまだある……。

 さいきんの自分が巻いたストリーマーたちは、
 ほとんどすべて名前のアタマのところに、
 高知県「浦戸湾」の名前を冠してしまう。

 妄想と空想とあふれる夢がとまらない。

100330(6)6.jpg

100330(7)7.jpg

100330(8)8.jpg

 「……というわけで、
 とうとうあのバイス入手しちゃったんですよね~……」

 「釣り道具でも羽根でもレコードでも……ほんっとに欲しいと思うものは、
 その気持ちをず~っと暖めつづけていれば、
 いつかあるときとつぜんに、
 かならずかなうもの……っていうのは、
 もはや自分のなかで確信になってる気がするっス」

 先々週の日曜日、
 ご近所の大先輩と釣りに行く車中にて、
 そんな話しをした。

100330(9)9.jpg

 そして先週の日曜日のあさ、
 いつものようにピンポ~ンと呼び鈴が鳴って、
 「おはようございます~。さあ行きましょ~」
 玄関を開けると、
 大先輩が「ハイこれ、プレゼント……」

 悩ましいスタンプが押してある茶封筒から、
 やさしい手触りをした濃紺のスエードでつくられた袋がでてきた。

 そしてそのなかから……、
100330(10)10.jpg

 「これって…マ、マジっすか?!」

 「先週、バイスの話し聞いて、
 それだったら…と思ってさあ、
 ビゼンさんのところに嫁入りさせる気分でもってきた……」

 「メッチャうれしいっす……そのお言葉、
 今回はありがたく頂戴いたします」

 「どうぞどうぞ…やっぱあのバイスにはこのツールでしょ」

100330(11)11.jpg

100330(12)12.jpg

 道具というものは、
 よりよい作業性能と効率の良さをこそ求める、
 機能美の世界であるという大原則に、
 まったく異論はない。

 「つかってナンボ……」
 これがボクの道具に対する座右の銘。

 しかし、
 世の中には、
 高い機能性や利便性を棚上げにして、
 その道具自体の造形美、
 そしてその道具が放っている独特のオーラ、
 その道具にしかない唯一無二のムード……、
 それらこそが、
 その道具の存在価値のすべて、
 と言いたくなるようなモノもある。

100330(14)14.jpg

 使い勝手も、
 耐久性も、
 そうしたものはまったく期待しない。

 ただそこにあるというだけで、
 ただそれに触れて眺めているだけで、
 たまらなくトキメク道具、
 どうしようもなく気分が高揚する道具。

 かわいくて、
 たのしくて、
 やさしくて、
 あたたかくて、
 どこまでもオシャレなツールたち……。

 そしてボクのこの道具たちにはまた、
 コレらを我が家に届けてくれた、
 高知と函館の良き友の「きもち」がこもっている。
 それこそが……、
 
100330(15)15.jpg

100330(13)13.jpg

  いっちばんうれしい!!

Let's WAX UP !
 いつだったっけ?
 五年前だったか、
 六年前だったか・・・・、
 
 たしか、
 釣り雑誌の付録になる小冊子のために、
 しばらく都内のホテルに泊まって、
 ビジネス街の一角にあるスタジオで、
 雑魚を模したフライをせっせと巻いて、
 それを写真に撮ってもらっていたときだった。

 ようやくその仕事が一段落して、
 東京の下町に住む友人宅に遊びに行ったときのこと。

 かって知る友人の家のドアを開け、
 「おじゃましま~す」
 トントンと階段をのぼって、
 友人の部屋、名づけてタイイング・カオスの間に入る。
 「まいど~」

 まさしくマテリアルやツールに埋もれて暮らしているヤツが、
 まるで牢名主のようにいつもの定位置に鎮座していて、
 「おつかれ~」と言った。
 そして開口一番、
 「ねえねえ、これさあ、どう思う?・・・」

 スレッドのスプールに、
 なにやらリップスティック状のものを塗りつけると、
 スプールをドライヤーで温めはじめた。

 「ホラ、こんな感じになるんだけど」

 手渡されたスプールに巻かれたスレッドに触れると、
 ヌルヌルしている・・・・。
 ピ~ンと来た。
 すごいっ!と思った。

 「ええやんええやん、オッチャン天才ちゃうか」
 「ほんと?いけると思う?」
 「いける!これめっちゃオモロイやんけ!」

 「これホンマにおもろい!」
 「ようこんなん思いつくなあ、オッチャンほんま凄いわ」
 思わず興奮して、
 もう嬉しくなっちゃって、
 諸手を挙げて絶賛しまくった。

 オッチャンは、
 いつものようにモジモジして、
 「もういいよ~やめてよ~」
 と言った。
20070128232136.jpg
 それは使ってみると、
 スレッドにその都度いちいちワックスを施す手間が省ける・・・、
 という本来の目的以上の効果を感じることになった。

20070128232206.jpg
 この現実離れした細さのスレッドに、
 これを施してみると、
 それがよくわかる。

 タイイングデモなんかで、
 シレッと涼しい顔で、
 こんな恐ろしいスレッドを使って、
 大きなウエットフライのウイングなんかを取り付けてみると、
 みんな驚いてくれるけど、
 実はこんな仕掛けがあったのさ・・・。

 とはいっても念のために言っておくと、
 写真上段のサーモンフライの極小ヘッドは、
 このスレッドを機軸にして、
 ほかのスレッドも使いながら、
 いろんな裏ワザやトリックを駆使した余興のひとつ。
 そしてそれは、
 この小道具とこのスレッドを使うことで思いついた芸でござる。

 新品のスレッドにこれを塗りつけて、
 ドライヤーでガガーッと温めながら、
 ワックスがスレッドに染みていく様子を眺めるのも、
 なかなかいとおかし・・・。

 ちょっとしたことなんだけど、
 今まで誰も気がつかなくって、
 イタズラ心にも似た楽しい作業で得られる大きな効果。

 こじゃれた一品でございますな・・・。
 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.