BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
アンニュイな昼下がりのコッパーワイヤ
 戯れに、
 ソーヤーニンフの私的ヴァリエイションを並べてみる午後のお茶タイム。
160525(1)1.jpg
 明るい色合いのコッパーワイヤ……というか銅線をスレッド兼ボディ材にして、



160525(2)2.jpg
 飴色に染めたグースショルダーをボディとウイングケースに巻いた、
 フェザントテイル・ニンフのようでいて、
 そのじつグレイグース・ニンフの赤茶ヴァリエイション。

 ボディのお腹側にみっちり銅線巻いて、
 背中側にグースの羽根が毛羽立ってるタイプ。

 この色と素材、
 自然で地味で虫っぽいくせに、
 光の具合やらで水中に沈めてもけっこうよく見える…ときがよくある、
 ので、
 重宝してる。
 

160525(4)4.jpg
 ホワホワの羽毛が可憐な枯れ草色の羽根のあいだから、
 銅線がチラッチラ透け覗いている薄着タイプ。

 この羽根、 
 濡れると透けるのね、
 だもんで、
 グルグル巻きの銅線の芯とあいまって、
 体側のちいさな鰓をビリビリ微動させているフタオカゲロウやなんかのスイマー型ニンフの、
 半透明で茫洋としたボディを連想せずにはいられない……ってかんじになる。

 といって、
 そんな水生昆虫はいないはずの季節も場所も止水流水も関係なく、
 酷寒厳冬のアメマスから真夏の減水ニジマスやらなんやらかんやら、
 道内サイトニンフィング必殺の友として、
 サイズ11番をここ数シーズンずっと常備、
 ことあるごと、
 あるいはここ一番で大変お世話になってます。

160525(3)3.jpg
 ですが、
 今回はそのような能書きを垂れたいのではなく、
 この極細の銅線コッパーワイヤ。

 かのコートランド社の昭和の時代のバッキングラインのでっかい空スプールに、
 ビッチリぎっちりミッチミチめいっぱいこの銅線を巻いたものを、
 とある方から譲り受けたのは、
 もはやかれこれ20年ちかくまえのことでした。

 何百メートルというよりも、
 いったい何キロ巻いてあるんやろ?みたいな。

 もちろん、
 コレ以外にもこれまで種種雑多なコッパーワイヤをつかってきました。
 が、
 太さが手ごろで、
 ソフト感もあって扱いやすく、
 過度に輝きすぎないナチュラル感のあるテカリ、
 そしてなにより一生かかっても使い切れんほどたくさんあるとおもっていた、
 などなどという理由で、
 いつも手元にあってフツ~につかっていたこのコッパーワイヤ。

 タイイングデモやらスクールやら、
 またあるときはタイイング道具持参の遠征釣行にも、
 いつもフツ~に持参していたコッパーワイヤ。
 そしてなにより、
 このワイヤを譲り受けてからかれこれ三回のお引っ越し。
 期せずして、
 いろんなところに一緒に行くことになったコッパーワイヤ。

160525(5)5.jpg

 これをいただいたとき、
 「このコッパーワイヤを使いきるころ、一体全体じぶんはなにをしているんだろう?」
 などと、
 まさに途方もない未来のことのように夢想しておりましたが、

 ハタと気がつくと……、

 なななんと、
 知らぬまにスプールの底がくっきり見えてきたではありませんか。
 あれほどビッチリ巻いてあったコッパーワイヤ。
 気づいてみればアレすっかすか。

 嗚呼…諸行無常の響きあり。

160525(6)6.jpg

 しかしまあ、
 20年ちかくまえのあのころ、
 まるで想像すらつかなかった未来でしたが、
 いざそのときになってみれば、
 「なんやねん、たいしてな~~~~んも変わってへんやんけ」
 などとボヤキうそぶくことができる、
 というのは、
 見方によれば、
 けっこう、
 いやかなり幸運でシアワセなことなのかもしれませんね。

 足るということをこそ、
 知りたいものです。
ツンデレ竿と川虫毛バリ
160505(2)2.jpg
 ん~~~バイオレット。
 お腹もヒレもヤケクソみたいにまっかっか。

 シーズン中は道内各地に麗しく美しいニジマス釣りにいくけど、
 この時期の道南小渓流にてたまに釣れてくれる若者ニジマスの燃えるバイオレットっぷりはじつに独特で、
 目を射るような鮮やかさで斬新だ。
 いつもドキッとする。

 そして春だなあ……とおもう。

 というサカナの話しはおいといて、
 今回は思い切ってそんなサカナのいる小渓流を釣るための、
 現時点でのオレ様の最愛の竿について、
 写真で語るぜ。

160505(3)3.jpg

 これはあくまでも持論というか個人的な感慨なんだけど、
 竿の性能云々はひとまずおいといて、
 釣り竿には二種類の性格?がある気がする。

 ひとつは、
 ものすごく有能なんだけど、
 ガンガンつかっているうちに、
 どうしてだかスーッと気持ちが冷めるように飽きてしまう竿。

 そしてもうひとつは、
 竿の性能とはまったく別のところで、
 長く使い込めば使い込むほどに情が移ってしまう竿。

 これを「味」という言葉で表現するには、
 心情的にやや言葉足らず。

 「相性」のほうがまだ近いかもしれない。

 この気持ちは一体全体なんなのだ?

160505(4)4.jpg

160505(10)10.jpg

 7’3”の3/4
 真っ赤な巻き糸以外はなんの飾りもない、
 化粧っけなし、
 愛想もくそもない無愛想な竿でございます。

 我が家のご近所の「アサマ・ロッドワークス」のアサマさんの作によるもの。

 なんだけど、
 この竿をこうして公の場でナニしてもいいものなのかどうなのか?
 作られたご本人が気を悪くされるのではないかと心配。

 じつはこの竿はアサマさんの試作品。
 ご本人にしてみれば、
 この竿を足がかりにさらに進化させていくべき実験作。

 アサマさん、
 そういう試作品や実験作がんがん作ってばんばん破棄しちゃうから。
 いっときもひとつの場所に留まらず、
 ちょっと会わない間にどんどん進化して先に行っちゃうから。

 そのくせ「誰が使っても、使い手のレベルに合わせられるスムーズな竿」を作ろうとするヴィジョンにブレがないから、
 ときとして「混沌」と「迷宮」の世界にどんどん突っ込んで行っちゃって、
 エライことになったりしていらっしゃる。

 かれこれ4年ほどまえ、
 まさにアサマさんがそのような世界を彷徨っていらっしゃるときに、
 御自分のイメージを具現化するべく何本も試作されたうちの一本がこの竿でした。

 バキッと折られて破棄される寸前でした。

 それを友人がこっそり持ち出して釣り場にて
 「ビゼンさん、これちょっとつかってみてよ。アサマさん、この竿ぜんぜんダメっていうんだよ」
 なんつって借り受けて一日振ってみて、
 「どうだった?」
 「ん~~、なんかタルイ。最後のひと振りのとき、フッとラインの感覚がなくなるようなかんじがして不安になりました」
 「あ~、わかるわかるそのかんじ」
 「でもねえ、なんか捨て置けないっていうか、もうちょいジックリ使いたくなるのは、なぜ?」
 「あ~、わかるわかるそのかんじ。アサマさんその竿折るって言ってんだから、どうせならもうすこし貸してもらってつかってみればいいじゃん」

 なんつって早4年。
 過去いちどアサマさん宅に返却にあがった記憶もございますが、
 なし崩しになあなあにしてまた再度持ち帰り、
 ズッコンバッコン使い倒した末に、
 もはやいまや返却の意思はまるでなし。

 というよりも、
 サカナが釣りたくて釣りに行くというよりも、
 この竿が振りたくて、
 わざわざこの竿に合う小渓流にでかけるという本末転倒っぷり。

 どういうこっちゃ?

160505(5)5.jpg

160505(6)6.jpg

160505(7)7.jpg

160505(8)8.jpg

160505(9)9.jpg

160505(13)13.jpg

160505(15)15.jpg

160505(14)14.jpg

160505(12)12.jpg

160505(16)16.jpg

160505(17)17.jpg

160505(18)18.jpg

 この竿をつかいはじめたころ、
 まだるっこしく感じていた鈍重な鈍い印象。

 アサマさんがこの竿にダメだしをされた理由がよ~くわかる。
 だって単純につかいにくいもの。
 ちょっとリズムが崩れるとメロメロだもの。
 ところが、
 そここそが自分がこの竿にはちきれんばかりの親愛の情を抱くようになった理由のひとつでもあることに、
 ず~~っとこの竿ばっかつかっていて気がついちゃったのでした。

 門前の小僧習うより慣れろ……の伝で、
 ほんっとにつかいにくいなあと思いながらも、
 自分でもよくわからないまま何故だか「この竿が使いたい」という気持ちのまま使い続けていて、
 しらずしらず、
 この竿の持ち味を十二分に活かすリズム?振り方?扱い方?
 が自分の頭でなく身体に染みてきたような気がする。

 竿がいかんなく性能を発揮するストライクゾーンがものすごく狭いんだけど、
 それがわかって慣れてハマると、
 さっきまでのツンデレっぷりはなんだったんだ?
 みたいに従順に気持ちに寄り添ってくれる……そんな感じなんだけど伝わってますか?
 
 ウエイトをかましたニンフを手首だけをうごかすようなロールキャストでデレデレデレッと転がしてピンスポットに運ぶ感覚、
 たとえばキャッツキル・スタイルに巻いたグレイ・フォックスやなんかの12番くらいのを、
 竿の真ん中らへんをク~ンと柔らかく曲げるようなかんじでフワワワワ~~ッと投げてポテッと水面に置くように落とす感覚、

 そしてなによりも、
 掛ったイワナがノンノンノンッと水中で首を振っているのが手の平にダイレクトにくるあのかんじ、

 なんかねえ、
 箱庭のような小さな渓流で、
 せいぜい6~8ヤードくらいの距離を、
 大げさに言うとすべてをコントロールしながら釣っているような感覚、

 たまらないカイカン。

160505(19)19.jpg

 後日談というか余談というか、
 こうしたアサマさんの試行錯誤な竿たちの果てに、
 「この竿はいいよ」と御本人もおっしゃっていたらしい、
 ほとんど同スペックな竿を友人のひとりが大事にしていて、
 とうぜん振らせてもらってサカナも釣らせてもらったんだけど、
 あまりにスムーズすぎて、

 「どう?これすっごいいいでしょ」自慢げにのたまう友人に、

 「なによこの八方美人なシルキータッチ。こんなん反則やわ」悔し紛れに言うたった。

 フライロッドって不思議だ。

Stonefly Nymph
 きのうの夕方、
 歯医者さんいって帰って来ると、
 富士山麓の秘密結社ザ・ハッチマッチャーズ幹部「アカマダラひでお」よりTEL。

 「きょうさ~、ちょっと仕事バックレて、竿もっていつもの川の土手歩いてたらさ~、
 スッゲーいいのがクルージングしててさ~、さいしょ20番でやったんだけど無視かまされて、
 おもいきって13番の黄色っぽいの投げたら……」

 「パクッと喰っちゃったのかよ?」

 「パクッと喰っちゃったっけ」

 「マジかよ~、ええな~。逮捕する」

 「いや~、さすがによ~引いたわ~。ええ尺アマゴでございました」

 当地函館よりも二足くらい早い春を満喫中のアカマダラひでお超ご満悦。

 ちょびっとジェラっちゃったっけ……。

 もうちょっとしたら、
 ワシかてリール鳴らしまくったるワイ。

 ただ、
 ぶっちゃけいまちょっと気分のりまへんねん諸事情で……。

 といっても、
 くれぐれもご心配はご無用。

 こうなんちゅうか、
 ザ・ハッチマッチャーズ「エルモンみつぐ」、
 釣り心の刃(やいば)を暗闇のなかひとりで研ぎ澄ます気分で、
 復活のときを待つ……ちゅう感じ…ってカッコつけちゃってホントにもう。
 

 そういやさあ、
 メールの最後の結びによく「Tight Line!」とか書くじゃん、
 オシャレなフライフイッシャーメンズが……。

 ぼく、
 あれに対抗していつも「Shout Reels!」て書いたるねん。
 ワイのブロークンブローカーブローケストなイングリッシュの暗号解読をモノともせず、
 せっせと文通してくれる海の向こうのハートフルなオッチャンらにバカ受けです。

 マネしてもええよ……。

110401(1)1.jpg
 Realism

110401(2)2.jpg
 Impressionism



110401(3)3.jpg
 故チャールズ・ブルックスの名著「ニンフフイッシング・フォー・ラージャートラウト」

 カッコ良かったブックカバーはすでになくなり、
 本が煤けているが、
 なんでかというと、
 高校のときに生活していた新潟の学生寮が火事になって焼け出され、
 後日その焼跡にはいると、
 生活用具や教科書その他はぜんぶ焼け焦げてたけど、
 この本と「週刊平凡パンチ」は狭いベッドの板のしたに入れてたので、
 ナマ焼け状態で残っていたのだった。
 

 あのころ、
 エロとフライの洋書は、
 寮の消灯時間をすぎてから布団をかぶって懐中電灯のしたで、
 読むのではなく穴があくほど眺めるものだった。

 どっちも「ああなのか?こうなのか?それともナマはナニなのか?」妄想炸裂で……。

 なんちゅうてもウブな高校生、
 どちらもまだまだ神秘のベールに包まれとったからな~。

 イカ臭いやんけ。

110401(4)4.jpg

 あのころ、
 シルバーダン色のオストリッチや黄褐色染めのグリズリーなんか、
 そんなんどこに売ってるねん?、
 仮に売っててもとても買えなかったけど……、
 選ばれた人間だけが使えるものやと思ってた。

 それがいまじゃあどうだいブラザー、
 そんなの有り余るほどそこらに転がっているぜベイベ。

110401(5)5.jpg
 ニンフフイッシングの示唆に富む良書ということだけでなく、
 自分にとっては、
 「妄想と想像の時代」から「実践と創造の今」をつないでくれるタイムトラベラーなブックやねん。

 そして、
 そのどちらの時代も、
 それぞれのカタチで満ち足りていることを確認させてくれる本でもあるわけだ。

 まあ、
 そんなこた~ど~でもええけど、
 フックシャンクに目いっぱいギッチリ鉛巻き込んだあるコイツらを、
 重くて厚くて深い流れにドッボンとぶっこむころには、
 またギンギンノリノリイケイケで、
 仕事も何もかもほったらかしたい所存です。



 もうすぐ夜が明けるYO。
 夜明けもすっかり早くなりました。

 春やねえ。
Brassie EXTRAVAGANZA
100930(1).jpg

 ハリにビーズを通したら、
 ビーズのアタマにワイヤー差し込んで、



100930(2).jpg

 下巻きはしっかりしといて、
 アタマのワイヤーをクキッと折り返してビーズ直後に……、

 ビーズがっちり固定、
 そして、
 ビーズのうえのわずかな突起(ワイヤー)が意外にキランとアクセント。

100930(3).jpg
 
 スレッドが後方にあるので、
 ワイヤーぐるぐる高速回転で巻き放題…カイカン巻きすぎ注意。

 黄色のスレッドに赤のマーカー塗って、
 オケツにワンポイントしといて、

100930(4).jpg

 あっちゅうまにビーズヘッド・ブラッシー。

 TMC2499BL 10番。

 が、
 この一連の手抜きテクは、
 どちらかといえば16番~18番といった、
 ビーズヘッドでは極小となるサイズを巻くときに真価を発揮。
 ワイヤーの余りをヘッド直後でカットしておけば、
 あとはスッキリ極細ボディが巻けるっしょ。

 で、
 こんなファンキー・サイズなブラッシーを、
 マジ釣る気満々で、
 勝負フライの一軍メンバーくらいのつもりで、
 せっせと巻きまくるやなんて、
 こちら北海道に来るまで思いもせんかったけど、
 もはやぜんぜん普通サイズ。

 もっとゴツイのんもあるで。

 富士の麓の湧水の泉で、
 ヒカリモノ拒絶系のスレスレを、
 18番前後のブラッシーをスーッと沈めて、
 白い口あけてパフッと吸い込んでいただいていた数年前の日々。

 ところ変われば、

 ああブラッシー……、

 長くなりすぎるので割愛します。

100930(5).jpg

 このまえのヤツみたいに、
 黒のヘッドセメントをビーズにつけて、
 目玉のブラッシー。

100930(6).jpg

 ねじりワイヤ仕様のキラメキ拡散系ブラッシー。


 というわけで、
 ちょっとまえに、
 古いともだちと電話でグチャグチャ長話していて、
 「おれ、ユーチューブくわしいで」
 とのたまうものだから、
 「なんちゅうかこう、人間てやっぱええもんやな~、とおもって元気の出る動画おくって」
 と、
 ヤツのセンス人柄人情品性などなどが赤裸々になるようなリクエストをしたら、
 すかさずこれがきた。

 A Drummer Showing Up At The Wrong Gig

 観た?、
 どないよこの炎のエンターテイメント・スピリッツ。
 しびれちゃった。

 Steve Moore Screener

 函館公演あったらぜったい観に行きたい…ってかんじ?。

 「スティーヴ・ムーアおしゃれ!、サイコーや~」
 と返信いたしましたところ、

 この画像とともに、
 d47abf97.jpg

 この動画がおくられてきました。

 7.00!!! OMG!!! NEW PB! OMG!! OMG!!! SO CLOSE TO SIX!! OOMMGG!!!

 さいしょに観たときはワッケわからんと引き気味、
 二回目に観てツボにきて、
 三回目で爆笑。

 オレゴン在住の中国人の子なのだそうです。

 「邪気がまったくないのって、無敵やな」
 と返信いたしました。


 こんなんばっか送ってくれるボクのおともだち……独特?。
 


 ここ数日のニュース世事評を見聞するたびに、
 これまでにも増してさらに国が信じられなくなるこの苛立ち、
 ほんのちょびっとでもほぐしていただけましたでしょうか?……。

 世知辛くダメダメなだけでなく、
 キナ臭ささえ鼻につきはじめ、
 くさっていくんじゃないかと不安がいっぱい時代の悪臭がキツイです。
 ご自愛くださいませ。
 
 
SlengTeng EXTRAVAGANZA
100928(1)1.jpg
 ビーズ単体でヘッドにとめるとき、
 そこらへんのダビング材をかるくダビングして、

100928(2)2.jpg
 それを爪先で押してズボッとビーズの穴につっこんどくと、
 ほんの一瞬でガッチリ固定。
 フライの寿命がぜんぜんちがうかんじ。






100928(3)3.jpg
 クルクルしていたり、
 縮れていたり、
 デコボコしている、
 シートや繊維のシンセティックなヒカリモノ各種を各部位に装着。

 とにかく乱反射。
 もうギンギンギラギラで……。

 で、
 そんなヒカリモノのモジャモジャが、
 ボヨ~ンってかんじで沈んでほしい。
 エッグが沈んでいくときのあのかんじ……。

 晴れた日のジンクリアな流れのなかを、
 スイーッとスイングさせたら、
 「わ~~ブレットンみたい」
 懐かしいかんじの非自然的工業系ギラギラだった。

 

100928(4)4.jpg
 キモかわい~からビーズのドタマに黒のセメントで目玉も描いたら萌えた。

 いや~ん似合ってるう~……ウレシイ。
 まえにシリアスなカジュアルドレスやストリーマーに、
 これとおなじことして目玉をつけたら途端にイモっぽくなってんけどね。

 と、
 そんな、
 けして深くない姿勢で接している、
 ファンシーなイタズラ系のニンフです。

100928(5)5.jpg

 と言ってるわりに、
 またたくまに仲間が増えました。

 

100928(6)6.jpg
 
 なまえは「スレンテン」。
 



 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.