BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
暮れていく季節が染みております。
 どこまでもどこまでも広大な畑や牧場がひろがっていて、
 そのあいだを縫うように流れているその川に釣りに行くと、
 いつも私有地の牧場の一角に打ち捨てられている廃家の脇にクルマを駐車させてもらっていた。
 どう見ても畑仕事の邪魔にはならんやろうと選びに選んだ場所だけど、
 無断で。
 そこからだと川へのアクセスもかなり楽になるし、
 すごく都合がよかったんだけど……、
 なにせ断りもなしに駐車してるもんだから、
 気が引けまくり。
 ここにクルマを止めて迷惑かけてんじゃないかと、
 気になって気になっていつもビクビク。

 なので、
 たとえばクルマのまえで釣りの支度をしているときとか、
 釣り終えて着替えているときなんかに、
 農道のはるか彼方から土埃舞いあげてトラクターやトラックがこっちに向かって走ってくると、
 いつも農道の脇にでて、
 トラックがこっちに来るまで直立不動の姿勢で待っといて、
 目の前を通り過ぎるときに気持ちを込めてお辞儀していた。
 
 と、
 そんなのを何回か繰り返していると、
 何回目かのときに巨大なトラクターでゴゴゴと走ってきたオジサンが、
 ぼくの最敬礼にあわせて軽く会釈してくださるようになった。

 で、
 いくぶん気持ちが軽くなったんだけど、
 その後もずっとトラクターやトラックが通り過ぎるときはかならず深々とお辞儀していた。

 すると、
 いつのころからかボクのクルマのまえを通り過ぎるとき、
 牧場の方々が頭を下げるボクにむかってトラクターやトラックのなかから軽く手を振ってくださるようになった。

 うれしかった。

 そしてこのまえ、
 この川に来るのも今シーズン最後かな~なんてときに、
 廃家のまえでいつものようにウェーダー履いて準備していると、
 ガガガと軽トラがこっちに向かって走って来たので、
 すかさず農道に出て待っていると、
 軽トラが目の前でとまった。

 いつもガガガと通り過ぎていってたので、
 いよいよ文句言われんのかなとビクッとしたんだけど、
 満面の笑みでお爺さんが出てきて、

 「ひさしぶりだね~、しばらく見なかったから気になってたの」
 「あっ、おつかれさまです。いつもクルマ止めさせていただいちゃって、ご迷惑おかけしていませんか?」
 「な~に、いいよいいよ。ここ、いつもはほったらかしてんだけど、アンタがクルマ止めてるから、
 ついでに草刈っといたんだよ~。たくさん釣れるといいね~」

 わたしゃもう感涙にむせび泣きましたがな。

 そうなのだ、
 夏ごろからものすごい勢いで茂りはじめた雑草がとても邪魔だったんだけど、
 あるとき行ってみるとその雑草がクルマのスペース分くらいキレイに刈られていて、
 それがまた心配の種でもあった。
 「やっぱりお仕事でこの場所もつかってはるんやろなあ」なんておもって。
 なんだけど、
 そのワケはボクがあまりにもしょっちゅう駐車してるもんだから、
 クルマを止めやすいようにわざわざ配慮してくださっていたのだった。

 来シーズン、
 またこの川に足しげく通うような季節になったら、
 こんどは思い切ってなにかお土産でも持参して、
 いろいろお話させてもらえたらいいな~なんておもってる。

 もうさあ、
 ここに引っ越してきてからというもの、
 あったかい人の気持ちにたくさん触れさせていただいて、
 この土地がどんどんどんどん好きになるばかりで……。

 豊かな自然や釣り場環境、
 すばらしいサカナ、
 それらはもちろんとても大切なんだけど、
 その土地を好きになるためのもっとも大事なことというか、
 いちばんの決め手になるのは、
 やっぱ「そこで暮らす方々」との気持ちの通い合ったお付き合いや出会いに尽きますね。

1710051.jpg

 先月の釣りのハイライトは、
 なんといっても止水での翅アリの釣り。

 こってりと、
 どっぷりと、
 日々変化していくニジマスたちのライズに向き合い、
 濃密な時間を堪能した。

170913(0)0.jpg

170913(4)4.jpg
 16番くらいのおおきな翅アリから、
 24番前後のマイクロな翅アリまで、
 季節がほんのすこし進むと翅アリのサイズが微妙に変化して、
 サカナたちもまた刻々とその嗜好を変えていく。

 やはり、
 ここでもまたなにか特定の捕食物に執着しているサカナたちは、
 まずなにはなくとも「そのとき喰われている虫にフライのサイズを合わせる」ということが、
 基本中の基本であるなと、
 骨身に染みて再確認させられる釣りだった。

 そしてまた、
 翅アリの流下と浮遊が大量であればあるほどに、
 サカナの行動とライズがシリアスになればなるほどに、
 このモジャモジャしたCDCの塊りのようなフライ、
 とても蟻を模したとはおもえない醜い毛鉤が真価を発揮するのは、
 なんでなのか?
 それをひもといて納得したいがために、
 巻いて釣って巻いて釣っての日々。

 夢見心地でした。

 そろそろ現実復帰したいんだけど……。

 いっそもう早く酷寒の冬になってくれれば気持ちも落ち着くとおもうんだけど……。

 「マス肥ゆる飽食の秋」なんだよねえ。

 いまはさ、
 超ヘビーウエイトなアウトリガーなニンフの釣りがたまらなくチャレンジ一年生。
 パチンコ玉くらいあるようなごっつい凶悪なカミツブシを、
 やさし~くかつキッチリとティペットに固定するための、
 現場で簡単にできる新しい裏技おもいついてなかなか具合良いので、
 こんどまたなにかの機会に開陳させてネ。

 タネを明かせば超シンプルで拍子抜け必至ですが、
 現場でやる手元作業はとことん簡単で失敗レスなほうが断然活きるとおもってます。

170913(5)5.jpg

170913(6)6.jpg

170913(7)7.jpg

170913(8)8.jpg

 From デトロイト to 道南

 いま、
 時代はロクサンのミッジ。
 おもしろさ格別。

 漢の乙女心くすぐりまくる6フィート3インチ。
 グリップをにぎるたびにニッタァと萌え心あふれる6フィート3インチ。

 エレガントでキュートでチャーミングなロクサンのミッジ。

 今シーズンはあと何回、
 この竿とともに至福の水辺に佇めるのでしょうか?

170913(9)9.jpg
 なんでも聞くところによると、
 ヒグマもアリンコ大好きで舐めるようにして食うんだって?。

 じぶんも路肩の草をはがして、
 その下にいるアリやカメムシなんかをベロベロしたらしい跡をよく見る。

 してみればアリンコって、
 森でも川でも、
 いろんな野性を育んで支えてくれているんですね。

 グレートやわ。

 というようなことをツラツラおもう晩秋です。

 季節の変わり目ご自愛ください。 

 
逢魔がとき
170831(1)1.jpg
 暮れなずむマドラー4番。

 が、
 こうしたマグナム・サイズがドライフライとして活躍するのは、
 ワタシのばあい断然ドピーカン真昼間。

 しかし夕暮れまえの大場所にて、
 いつも期待をこめて、
 まずはどでかいのをぶっといティペットに結んで、
 いまや遅しとヤツとの決戦を夢見るのですが、

 いよいよ陽が暮れてきて、
 あたりが薄暗がりになってきたころ、
 まずは20センチから30センチくらいのがそこらじゅうに出てきてワーッと元気にバンバンライズ。

 もしかしたらこのチビッコたちの晩餐のあと、
 とっぷりと陽が暮れた夕闇にまぎれて、
 真打ちであらせられる海千山千の「主」がようやく食事に出てくるのかもしれない。

 かのペンシルバニア大学フライ学科(でしたっけ?)ジョー・ハンフリーズ教授もいわく「主は夜やで……」

 でもさ薄暗がりの水面そこかしこでバチャバチャ水飛沫あがると、
 アタイもう「主」登場まってらんない。

 そそくさとフライをしかるべきサイズに交換して、
 夕ご飯に夢中のピチピチたちを次から次にたぶらかし、
 てごめにしまくりたい。

 これがまた素晴らしく楽しい。

 そして、
 かろうじてライトなしでもクルマまで戻れるくらいの時間にはとっとと川からあがる、
 どんどん暗くなると寂しいし侘しいし怖いし。

 と、
 そんなヘタレでナマクラな姿勢でイブニングに臨んでいるワタクシ的、
 若ニジマス入れ食い向けイブニング用ドライフライズ4選。

170831(2)2.jpg

 最強。

 あざとさ満点見映え気にしません釣りたい欲全開。

 ハックルはまずヒーバート・ネックのクリームをブワッとハックリングして、
 そのあとパルド・グリズリーの超ロング・ファイバーなサドルを3回転。

 なんせ白い面積が広いので、
 薄暗がりで見えまくる。

 そのくせボディはアウルのクイルを太めに巻いて適度に繊細ナチュラル・カラー仕様。

 そういえばお盆のころ、
 小雨交じりのどんよりした日の夕暮れ直前、
 ものすごい量の翅アリが川面を覆いつくすように流下した。

 ピチピチたちもう大ハッスルでフラットな水面の平瀬にでてきてバッチャバチャ。

 流下している翅アリ・サイズのアント系フライ、
 フライボックスにありまんがな入れ食いでんがなムハハ……とおもいきや、
 自信満々のいつものアント系にも出るには出るけど……、

 ライズの数や頻度からしたら、
 なんかパンチが足りない。

 で、
 ものはためしと、
 液状フロータントに浸したこのフライのボディに、
 シェイクの粉をハケでガシガシ擦り込んで、
 ボディがポカッと水面に乗るように細工して投げてみたところ、
 何匹か釣ってボディが完全に水を吸ってしまうまでは、
 投げるたびに「あ~もうこれツボにはいってんねんな~」とたまらんカイカンだった。

 ビッシバシだったウハハ。

 なんでかというとこのとき、
 びっしり浮いていた本物の翅アリはすべて、
 おそらくイッピキ残らずボディもなにもかも水面に乗ってポカッと浮いていたのでした。
 そして、
 弱い陽の光に反射している透明な翅がザワザワふるえており、
 それもまたすごく印象的に映った。

 で、
 そのような姿勢で水面に浮いてるアリンコのなかには、
 数匹かたまって団子状になっている状態でブルブル翅を震わせているのがあって、
 そんなアリンコの塊りがいくつもいくつも転がるように水面を流れては、
 バシャッと水飛沫のなかに消えていきました。

 きっとおそらくこの「恥知らずなパラシュート」、
 サカナの反応から察するにアリンコのクラスターに映っていたのだろうなと推測されます。

170831(3)3.jpg

 桃のケイヒルTied on TMC9300 の10番も月にかわってお仕置きよ。

 ヘビーワイヤの重めドライフライ・フックに、
 ヒーバートのヘンネックをハックリングしたキャッツキル系ドライフライ。

 重量のあるフックとソフトな質感のヘンハックルのバランスがあいまって、
 水面にようやく浮いているようなフワッとした低い姿勢の浮き方や、
 そのくせヘンハックルなのに水切れがよくずっと浮いてるかんじ、
 重いフック&ヘンハックルゆえに空気抵抗も適度で投げやすく、
 アプローチが雑だと時々ひっくり返って着水するイライラはあるけれど、

 この組み合わせとてもいいです。

170831(4)4.jpg
 ゴマシオ・カディス10番。

 砂漠キツネの背中の毛をダウンウイングに、
 ハックルはバンタムのグリズリー・ネックと黒のヒストリック。

 グリズリーと黒の組み合わせ、
 夕暮れ前の西日ビカビカに反射しているギラギラ逆光の水面でおススメ。

 逆光のなかで黒~くよく見える。
 狙う角度や向きで急に順光になっても黒っぽいハックルに囲まれたグリズリーの白がうきあがってよく見える。

170831(5)5.jpg

 ここ2~3日くらいのマイブーム。

 夕暮れのバイビジブル。

 ボディハックルにはやはりヒーバートのヘンネックのファーネスを3枚。
 フロントハックルもヒーバート・ヘンネックのクリーム2枚で計5枚のハックルをグリグリとハックリング。

 このフライについてもイロイロお話したいところですが、

 ここ一週間ほど、
 どんどんイブニングが侘しくさびしくなってきて、
 おとついからはとうとう、
 渇水しまくった河原の藻くさいすえた泥の匂いをかぎながら、
 シーンと静まり返った川面にむかって、
 バイビジブル遠投しまくりキャスティング練習でおしまい。

 ヘンハックルで巻いたバイビジブルはまず投げるのがけっこうカイカンであるなと、
 そんなことをおもいながら帰宅いたしました。

 秋……なんですか?

 それとも台風のあと……今年こそほどほどの恵みの雨…期待して……いいですか?
    
雨乞い
170828 (1)1
 昨年の今ごろ、
 例の道内各地に甚大な被害をもたらした台風によって、
 この川は渦巻くような土色の濁流が轟々響きながら、
 河原の木々をなぎ倒し土を削って流れていた。
 
 ことしは、
 おしめり程度の雨では減水とまらず、
 いまや傍目にも川は枯れ枯れ。

 釣りができるだけ渇水のほうがなんぼかマシですが……、

 農家の皆さんも釣り人も、
 なによりサカナがよろこぶ程よい天気はないんですか?
 
 ここにきて、
 なんとも無力感いっぱいの苦しい釣りの日々、
 確実におるのが身に染みてよく分かっているだけに切ないところ。

 でも、
 この川で釣りと~て釣りと~て……連日きょうこそはと……。

 いいかげんちょっぴり疲れました。

170828 (2)2
 また今日もダメであったかと足取り重く河原を歩くアンニュイな午後、
 立派な鹿の角が転がっていた。

 ひろって、
 流木に叩きつけたりして、

 これメッチャ殺れるやん、
 とおもった。

 そして本日のいっぽん。
170828 (3)3

170828 (4)4
 名づけてブラッククリケットヘッド・ラバーレッグ・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグ
  のウエットフック2番。

 ラバーレッグの位置を、
 コオロギ型に刈り込んだマドラーヘッドの先端ギリギリにセットした。

 通常、
 このテのタランチュラ系やバッタにラバーレッグを取り付ける場合、
 おもにデザイン的にヘッドとウイングの付け根付近に巻き止めるのが「いつものスタイル」
 それで充分実績もあるのでまったく文句も不満もないけれど、
 水面に浮かぶフライを見ていると、
 意外なほどにゴム足うごいてない。
 この位置にラバーレッグを巻き止めると、
 どうしたってウイングの素材やハックル・ファイバーまたはボディのくぼみなどにラバーレッグが触れて、
 そのぶんラバーのうごきが制限されてしまう。
 なので、
 フライに「水面で妖しくゆらめくラバーレッグ」なアクションをこそ期待すると「アレ?」となる。

 このようなボサボサヘアーのマドラー・タイプのフライでも、
 ラバーレッグを水面で激しくブランブラン揺らし動かしなびかせたい。
 ラバーレッグならではの「うごき」を最大限活かしたいのじゃ、

 という目的で、
 ラバーレッグ・ブラッククリケットヘッド・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグは誕生した。

 単純に、
 もっとも水流の抵抗を受けやすいヘッド付近にラバーレッグを搭載。
 そうすることでラバーレッグが流れになびいたとき、
 ラバーレッグ・ブラッククリケットヘッド・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグにどっさり巻き止めたディアヘア・ウイングの下側からラバーレッグが伸びているのではなく、
 ラバーレッグ・ブラッククリケットヘッド・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグのヘッド前方に水平に巻き止めているので、
 流水になびくとラバーが大きく広がったまま弓なりになる。
 ので、
 ラバーレッグ・ブラッククリケットヘッド・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグのウイングやボディ本体にラバーが触れることなく、
 ウイングの外側でボディ周囲を取り囲むような感じでラバーが震える
 ラバーのうごきを制限するものがないので、
 そりゃあもうゴムあしド派手にプルンプルン。

 ラバーレッグ・ブラッククリケットヘッド・チッチフルーティ・ベンフランクリン・レッドタグ・プルプル

 略してチッチにおまかせよ……。

 ちなみにワタシの知られざる自慢は、
 小学生のころから「じゅげむじゅげむ」をフルネームでしかも早口で言えることだ。
 170828 (5)5
 
 南国の爬虫類の足みたいなド迫力のヒレに生つばを飲み、



170828 (6)6

 アクリル絵の具をホッペにぶちまけて、
 真っ赤なバラのでっかい花びらをヒレにしたような筋肉ママに魂を抜かれる。

 こうして自慢げにマイ・メモリアル・スイート晒してますけど、
 徒労と苦労と疲労の果てにようやく……ってところくれぐれもヨロシク。

 
 川幅いっぱいに流れる長い平瀬。
 ライズしようとナニしようと、
 出ないときは徹底的に無反応なくせに、
 なにがどうなったのか?
 なぜスイッチがはいったのか?
 な~んもわからんけど、
 出るときはいつも着水とほぼ同時。
 しかも巨大なチッチ完全丸飲み。

 いまさらいうまでもなくバーブレス必須。

 で、
 「今日はイケるで」と調子こいてもぜったいあとがつづかない。
 
 なので、
 わけもわからないままにひたすら奇跡を期待して、
 日々やみくもに投げ続けるしか、
 いまのところサクセスの道はない。

 指針や目安がなく、
 予想が出来ない釣りの日々というのはメンタルにきますね。

 まいにちまいにち翻弄されまくり、
 「アタシ、疲れちゃった……ちょっと……距離置いてみない?」
 
 そのような面持ちで「あしたから別の川いこかな~」とかおもった頃合いを見計らったかのように……、

 水面に浮かぶチッチがジュボッと吸い込まれるのはなんでか?

 それもいつも着水直後すぐなのはなんでか?
 そして、
 ダッバーンと水飛沫をあげることはまずなくて、
 フライがゴボンッと水中に引きずり込まれるように出るのはなんでか?
 ひょっとして、
 ラバーレッグの位置を変えたことでフライの着水音も関係しているのか?

 それよりもなによりも、
 水量豊富なころはマシュマロ系などのソフト素材でファジーなフライのほうが明らかに効果的だった。
 が、
 ハタと気がついてみれば「渇水でキビシーッ」との愚痴が出るようになってから以降、
 幸運に恵まれてメモリアルなニジマスが釣れたのは、
 友人が釣りあげたのも含めてぜんぶ、
 かっちりしたシルエットのマドラー系だったのはなんでか?

 というかはたして、
 このようなフライで、
 このようなアプローチがこの時期のベストなのか?
 
 いろ~んなこと試して、
 コレでしか釣れたことないからコレばっかやってるけど、
 この決定打に欠ける心許ないかんじ……なんでか?

 そ・し・て
 なんでか?なんでか?と自らに問いながら、
 あしたこそ別の川でリフレッシュ…とおもいながらも、
 来る日も来る日もこの川に来てしまうのは……なんでか?

 それはもうじゅうじゅうわかってまんがなサカナ写真参照。
 あんな流れでこんなサカナにメチャクチャにされたい。
 そして無事取り込んだときのあの達成感と征服感、
 あれはシャブ的中毒感あるんとちゃうか?

 すいませんシャブ打ったことないくせにわかったようなこと言って。

 なんか、
 ニジマスを釣りに行くというよりも、
 魔性の美熟女の手の平のうえで踊らされに行ってるような気分。
  
 切ないです振り向いてほしい。

 修行やね。
オホーツク便り
 本日の一本。
170824(1)1.jpg
 グレイフォックス・ヴァリアント Tied on TMC9300の10番。

 まず最初にホワイティング・ヒストリックのゴールデン・バジャーをノーマルサイズにハックリングしておいて、
 そこにコック・デ・レオンのサドルをフックのゲイプ幅の倍くらいの長さでハックリングしている。

 このように、
 複数のハックルをブレンドしてスタンダード・ハックリングするとき、
 意図的にそれぞれのハックル・ファイバーの長さを変えてハックリングすると、
 空気抵抗の軽減や着水時のバランス、
 水面に浮かんだときの安定感などなど、
 機能面でのメリットが多々あるだけでなく、
 ハックル・ファイバーが自律的に震えるような「絶妙な自然なうごき」や「ファジーな質感」
 それにハックルの透過光を誇張表現することができる。

 なにかといいことずくめ。

 むかしむかしの駆け出し時代、
 もっともらしい教科書やマニュアルを鵜呑みにして、
 二枚のハックル・ファイバーの長さを揃えるために、
 いちいちハックルゲージで測っていたころが微笑ましくも懐かしい。

 170824(2)2.jpg
 と、
 そんな私家版グレイフォックス・ヴァリアントを一日中投げ倒していて、
 何匹かのニジマスを釣り、
 しとどに濡れそぼり、
 サカナのヌルなんかもこびりついたフライを、
 フロータントを何回も塗布しなおすのではなく、
 イッピキ釣るごとにフライをジャババとゆすいで軽く洗ったあと、
 ピッピと強めのフォルスキャストでフライの水気を切りながら、
 ハックルの表面張力だけでフライを水面に浮かべて釣りながら、
 水面に浮かぶフライを見て、
 「おっコレおもしれ~」とおもうことがあった。

 それがこの写真。

 レオンのファイバーが十二分に水を吸うことで、
 ファイバー同士がまとまって束になり、
 レオンのファイバーだけがまるでバンチウイングのようになって二股にわかれて突き立っているではないか。

 で、
 そのまわりをヒストリックスのノーマルなハックルがフワ~ッとひろがっていて、
 それらのファイバーがやさしく水面を抑えることで、
 たまらない姿勢とフォルムで浮いておるではありませんか……。

 これがまたメチャクチャいい感じ。

 くしくも、
 レオンのハックルがその特徴的なゴマダラ模様だけでなく、
 質感や特性の面でも、
 ノーマルなほかのニワトリのハックルとはまるで異なっていることを示唆する良い例になった。

 話が長くなるので割愛するけれど、
 「レオンのハックルは水を弾くのではなく水馴染みがすごく良い」
 というのを知っておくと、
 このハックルの旨味をさらに活かして活用することができる、
 というわけです。

 ハックルってすごい。
 これだけ自他ともに認めるハックル漬けの生活を送っていてもなお、
 新たな発見が泉のごとく湧いてくる。

 というウンチクはさておき、

 で、
 聞いてくれる?

 当地では久々の晴天夏空となったおとつい、
 こんな日はぜひともこのようなお洒落ドライフライズで釣りまくりたいなと、
 友人と二人して釣りに出かけたときのこと。

170824(3)3.jpg
 キレイな渓流でしょ?
 深い森のなかを流れているけれど、
 周囲は開けていてフライも投げやすく、
 上流を見上げれば釣りごころが浮き立つような「おいしそうなポイント」がず~っと連続している。

 「これはイケそう」と期待も膨らんだ。

 ところが、
 イザはりきってまいろうぞ、
 と川に下りて、
 とるもとりあえず目の前の「もういかにもなチャラ瀬」に立ち込んで、
 はやる気持ちでフライを数投してみて……、

 イヤ~な予感がした。

 川が砂利で埋まっている。
 傍目には絶好のポイントに見えても、
 近寄ってみればほぼ砂利底で埋まっている。

 このあたりの昨年の台風による水害が尋常ではなかったことがうかがえる。

 そして、
 肝心のサカナの反応がまったくない。
 なんにもない。
 パチャともこない。
 生命の気配がまるでない。

 ダーメだこりゃ……ってかんじ。

 で!
 これまででもっとも水深があって、
 かつ川底におおきな石が転がっていて、
 岩盤の割れ目なんかもあるポイントにさしかかった。

 明らかに、
 ここで反応がなかったらもうアカンやろこの川、
 というかんじの好ポイント。

 そのポイントに友人がフライを投げ入れて、
 たしか二投目だった。

 「来た!」
 バシッと竿が立てられてグイッと曲がった。

 川の規模からかんがえて、
 20~30センチほどの若ニジマスが掛ったのかとおもって、
 気楽な気分で「おお~やっぱココにはおったかあ」なんて友人の背後から声をかけたところ、

 グワーッと暴力的にのされまくり根元からグイーッと曲がる友人の竿、
 「え?なに?なんなの?」

 そしてふたりが見たものは、
 ジンクリアな浅い流れのなかでグワングワンと首を振る巨マスの雄々しきお姿。
 なんとお美しく神々しいことか。
 
 こ~れはでかい!!

 バレるな切れるなバレるな切れるなバレるな切れるなバレるな切れるな……、
 心のなかで念じるだけでは飽き足らず、

 そっちに走らせたらアカ~~~ン!
 竿をこっちがわに寝かせてひっぱるんや~~~!!
 サカナのアタマこっちに向けるんや~~~~~~~!!
 

 わたくし渾身の絶叫。

 もう大騒ぎ。

 かくしてサカナが無事に川岸に横たわったときには、
 なんでか自分までヒイヒイハアハア肩で息をしていた。

170824(4)4.jpg

 「やったあ~~!!」 

 すっっっばらしいベッピンさんの雌のニジマス。
 この川の中流下流にいるニジマスは、
 目の覚めるような深紅色のぶ厚いヒレが特徴なんだけど、
 そしてそれがたまらないんだけど、

 このベッピンさんの肉厚で幅広いヒレを彩る、
 楚々とした淡いピンク色のヒレもまたなんとも眩しく味わい深い。

 品が良いというか上品というか、
 なんなのこの完璧な美しさ。
 吐息がもれちゃう。

 で、
 数枚の写真を撮らせてもらって、
 まだまだ元気いっぱいのベッピンさんとお別れして、
 ホッペタがユルユルにゆるみまくっている友人に、

 「この上流のポイントも良さげだから、やんなよ」
 というと、

 「いや、ちょっとこの余韻に浸りたいんで、ぼく休憩します」
 だって。

 「ウハハハハハ、それは大事な時間やでえ」

 「じつは昨夜、きょうのためにバッタのフライを巻いてみたんですけど、
 それで釣れたので喜びと感動もひとしおなんですよ~」
 だって。

 「マジかよ~、そりゃなおのこと最高やんけ~」

 じつはこの釣りに向かう車中で、
 友人からこのところ仕事の対人関係に悩んでいて、
 夜あまり眠れなくなってしまって……、
 なんて話を聞いていて、
 それはしんどいなあと身につまされていた。

 それだけに、
 きょうはふたりで良い釣りしてとびっきりの一日を過ごしたかった。

 たったイッピキのニジマスによって、
 そのささやかな願いは見事かなえられて成就した。

 この一幕のあと、
 しばらくふたりで熱心に釣りのぼったけれど、
 やはりまったく生命反応はなかった。

 不思議な川だった。

 とうぜん帰りの車中では、
 この状況で釣れてくれたこのニジマスのことでおおいに盛りあがった。

 「それにしても、どうしてあのニジマスだけ釣れてくれたんですかね?」

 「それはやな~、あの子まいにち一生懸命がんばってるからきょうはご褒美あげるわよって、
 あのニジマスがおもってくれたんとちゃうか?」

 「まさにそんな釣れ方でしたねウハハ」
 
 「そやろ?」

 この一幕にはまだちょっとしたオチというか続きがあって、

 ちょうどこのとき、
 我が家の近所のべつの友人が、
 激務がつづいている最中に、
 不幸にもギックリ腰やらかしてしまって、
 まさしくふんだりけったり状態だった。

 で、
 それが気になっていたので、
 この夜お見舞いと様子うかがいの電話をしてみた。

 電話のむこうで「もう聞いてよ~最悪だよ~」なんて愚痴を聞いたあと、
 きょうの釣りのことを、
 おもしろおかしくチョッピリ盛って話した。

 「もうね~自分が釣るよりはるかに興奮しちゃって……ほんと最高の一日でした」

 すると、
 ウハハと笑いながら話しを聞いていた友人が、
 しみじみ言った。

 「いや~、さっきまで気分が腐ってたんだけど、いい話し聞けて、なんだか元気出てきた。ありがとね」
 だって。

 たったイッピキのニジマスが、
 3人のオッサンをハッピー気分の1日にしてくれた。

 これだよな、
 この気分だよな、
 ってつくづくおもった。
黄昏のヘビトンボ浪漫
170819(1)1.jpg
 お盆明けのおとつい、
 ご近所の友人と3人で近所の川を朝から晩までかけて上流下流あっちこっち釣り歩きました。

 さすがに足にきました。

 しかし、
 連日曇りがちのパッとしない天気は夏の虫たちの活動を鈍らせ、
 そのうえ雨がほとんど降らずに川は大渇水。
 そして夏休みで入れ替わり立ち替わり攻められ誘われしたニジマスはもはやウンザリ系プレッシャーかかりまくり。

 いろいろと条件は悪かったんです、

 が!

 「うおぉ」とうなるライズはいくつか見た。
 そのなかの数匹には渾身のつもりのフライを投じたり流し込んだりもした。

 にもかかわらず、
 完膚なきまでに完敗でした丸坊主。
 皆ボウズ。

 ま、
 言い訳をすればイッロイロあるんですが…ヤボなので。

 とはいえ、
 朝も早よからイブニング真っ暗になるまで、
 あっちのポイントはこっちのポイントはと3人でウロウロしましたがまったく釣れない。

 という、
 空回りな状況にもかかわらず、
 終始3人和気あいあいペチャクチャたいへん和やかに愉しく充実した良い一日になりました。

 釣れない一日をたのしく過ごすためのマインドコントロールや同行者への気配りというのは、
 釣りの技術というか会得するべき呼吸のなかでもすごく高度で大事なことだな~なんて、
 この日は学んだんですよ。

 だがしかし!
 ひとつちょっと気ィ悪いことがあった。

 ぼくが、
 「きょうはね~、秘密兵器のフライ巻いてきてますねん」
 というと、
 二人とも「え?どれどれ見せて見せて」とかゆうてノリノリでくいついてきたくせに、

 「これ!」
 とフライを指でつまんで自慢げに差し出すと、

 「え??」

 二人とも目が泳いどったど~~~~ウハハハハハ。

 さもありなん……、
 このフライを見せられて返答に困ったご両人の胸中お察しいたします。

170819(2)2.jpg

 こにゃにゃちは。

170819(3)3.jpg
 
 ヘビトンボの成虫、
 いっときこの川でやたらと見かけたのがちょっとした驚きと発見だった。

 めちゃくちゃたくさんいるんだね。

 そして、
 この川にはコレに食らいついてもなんら不思議ではない巨体な方々が、
 流れのそこかしこ確実にひそんでいらっしゃいますよね。

 巻かないわけがないやん?
 

170819(4)4.jpg

 とはいえここ数日、
 パタッと見かけなくなってしまって、
 だいぶ時期外した感もあるんですが……、

 黄土色のポリヤーンでボディ・ヘッド・インジケーターが一体構造のヘビトンボ5センチ・デルタ型スペントウイング仕様。
 目玉もポリヤーンちょい焼き。


170819(5)5.jpg

 きょうの朝イチ、
 お盆の休み中に友人たちと連日水面から川底まで叩きまくって流しまくった平瀬のポイントに行った。

 釣る目的というよりも、
 まずははたしてこのヘビトンボが実用に耐えうるのかどうか、
 お試ししてみよう…的な気分で2Xのティペットに結んでしげしげ眺めてみればアラ可愛くない?

 こう見えて、
 ナナハンのグラファイトの5番ラインでまったく問題なくスムーズに投射できます。
 空気抵抗があまりかからない構造ゆえに4番サイズのディアヘア系投げるよりかぜんぜん軽々。


 んでんで聞いてくれる?

 その瀬のヒラキのところでヘビトンボとりあえず投げてみて、
 「お、軽いやんフツ~に投げれるやん」なんて悦に入ったところ、
 瀬の真ん中らへんの流芯脇でガボンッと「グッ」とくるライズがあった。
 が、
 ここんとこスレ切っているのかこういう単発ライズはほとんどフライに出たためしがない。
 しかも
 ここはすでに皆で叩きまくったあと「つわものどもが夢のあと」状態。
 出るわけないけど一応投げてみよう、
 なんつって、
 ビュワ~~ンとヘビトンボをロングキャストしてライズ地点のやや上流にポトンと落としたわけ。
 「うお~、飛ぶな~ヘビトンボ」
 なんつって、
 バサッと流れに乗ったヘビトンボがどんぶらこっこ流れはじめたやいなや、

 ジュボッ、

 なんつって、
 ヘビトンボが軽い水音たてて水中に引きずり込まれるように視界から消えた。

 「え?うそ?なに?」
 反射的にグイッと竿立てたらドスンッときてアンビリーバブル、
 ドダーン!ドダーン!と二度、
 切ないほどに見目麗しすぎる虹色の巨体がド派手に水面をたたきながら躍りあがった。
 そして、
 こともあろうか下流に向かって稲妻激走。
 自分の目の前を口元にヘビトンボなびかせたものすごいのがギュワーーンと通り過ぎていって、
 (…うっわフッキングめっちゃ浅そうヤバいな~)とおもいつつ、
 サカナの走りにラインがついていけずVの字に曲がってます。
 「ああああっ」
 あわててラインを手繰ろうとしたそのとき、
 スカッとバレた。

 ありがちな、
 いつもの、
 もうちょっと冷静に対処したらなんとかできたかもしれないと、
 いつまで経ってもウジウジ悔やむ系の己の未熟がイタい痛恨のミス。

 この一発で、
 パッキーーーンときたのは当然のことでしょう?

 ヘビトンボを竿先にぶら下げ、
 きょうは独りで夕暮れまであっちこっちめぐりました何処もかしこも渇水でした。

 気持ちが萎えかけるたびに、
 早朝の一発を思い出し奮い立たせました釣りごころ。

 ヘビトンボいっぽん、
 一日投げて流してまた投げて流して投げ抜きました。

170819(6)6.jpg
 な~んもこんかった。

 きょうは53歳のお誕生日メモリアルなヘビトンボDAY。

 まことに自分らしく過ごせた良い一日だった。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.