BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
Small Axe
080429 (2)2
 ヒマラヤン・モナル・フェザント…和名は虹キジ、
 の羽根のみをウイングにつかった私家版サーモンフライ2態。

 虹というよりも、
 玉虫色に底光りしながら輝く羽根が心に響く。
 
 エキゾチックという言葉が失礼にも思える神々しさだ。

 ネパールの国鳥に指定されていて、
 インド、チベットに分布することから、
 この英名がついている。

 このキジの羽根を見ていると……、
 名画「セブンイヤーズ・イン・チベット」で知ることになった、
 チベットはラサの人々や風景とだぶってしかたがない。

 身じろぎもせず、
 瞬きさえ惜しんで浸った、
 あの映画のなかでの友愛と平和。
 自分自身と向き合い語り合うことの意義。
 そして、
 人の創り出した原色と黄金色に、
 天空の自然が見事に調和した美しい舞台に酔った。

 それだけに、
 その結末は大きなショックだった。

 同様に、
 このところ、
 言いようのない沈んだ気持ちで、
 「かの国」の名前を目に耳にすることが多くなった。 
 
 そんなとき、
 なぜかいつも、
 若きボブ・マーリーが歌った「小さな斧」を口ずさむ。
080429 (1)1
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.