BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
トロフィー
 雨こそふっていなかったけれど、
 いまにもなかんじの雲が厚くたれこめていて、
 ときおり冷たい風が吹いた。

 それでも風がやめば、
 この釣り場に浮いているだれかの竿が曲る程度には釣れていた。

 この日、
 総勢6名でのフローター釣行…イヤ~団体ですねん。

 「あ、ライズ発見。ちょっとやってみます」
 西くんがライズ地点にフローターを漕ぎ寄せていって数分後、

 「やった!」
 湖面に轟きそうな鋭い声があがった直後、
 西くんの背後でダバダバーンッと巨魚が飛びあがり、
 フローターがグルーンと回転した。

101029(1)1.jpg
 「でかいっ!、これはでかいですよっ!」

 「イトどれくらい~?」
 「5エックス!」
 「ハリは~?」
 「16ばんっ!」

 「あ~~~イケルイケル~。チンタラしてたら弱れへんからさ~、
 竿ねかせてグイーッてひっぱったれや~~~。サカナこかす感じで~」

 「勝負や勝負や~。グイーッといったれ~」

 と、
 軽い調子で声をかけた。

 だって、
 シリアスな態度で臨んだら、
 マジになって肩肘張りそうなトロフィークラス…ここはクールにリラックス。



 「よしやったっっっ!」

 フローターを漕ぎ寄せると同時に、
 西くんがサカナをネットで掬って、
 それを抱きかかえるようにしてフローターの膝に張ったシートのうえに乗せた。

101029(2)2.jpg
 「これは、これはでかい!」






101029(3)3.jpg
 「でか~……」






101029(4)4.jpg
 「でっか…」








101029(5)5.jpg
 「でかい…」








101029(6)6.jpg

 「でっか~~~っっ!」








101029(7)7.jpg
 「ああ……」


 なんだか……、
 ひとりのオトコが一生のうちに浮かべるであろう、
 至福と恍惚のすべての表情を、
 たった数分間でぜんぶガン見した……ってかんじ?。





 
101029(8)8.jpg

 たいへんに、
 すばらしくオツなひととき、
 共に過ごせて幸運でした。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.