BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
あした道内えらい降るんやて?
 170911 (2)2
 このまえ、
 まだ知り合ったばかりの釣りともだち数人と話していたとき、
 釣行の際立ち寄るコンビニでかならず購入する昼ごはんはなにか?という話題になった。

 純粋にお好みの味としても、
 はたまたジンクス的縁起担ぎでもどちらでも可。

 まあオレもさ、
 赤飯のオニギリだギョニソ(魚肉ソーセージ)だカニカマだなんだとイロイロ渡り歩いたクチなんだけど、
 ここ近年、
 ハタと気づいてみればもはやコレがないと、
 ちゅーのがあるんやけど……、

 それ、
 言っちゃう?熱いよ語るよ、
 みたいな満を持した気分のときに、

 スキンヘッドに半そでが似合いまくりのオトコマエが毅然と言ったんだよ、

 「わたし、なによりもまずはマジックパールです」

 ちょいふるえがきた。
 ビシーッとキマってた。
 
 このヒト、
 タマゴわかってはる。

 長い旅路の果てに、
 ようやく同志に出会えた。

 そんな気持ちになりました。


170709(4)4.jpg
 我が家のご近所のおばあちゃんが、
 おうちの庭先で丹精込めて作られたイチゴ。

 まるで農作物でつくった庭園のようなキレイなお庭。
 「摘みたいだけ摘んでいくといいよ、なんせこんなにあるからねえ」
 とのお言葉に甘えて、
 大きなざるに摘みたいだけ摘んだら、
 そこにおばあちゃんが摘んだやつも山盛りドサーッと入れてくださって狂喜乱舞。

 「食べきれなかったらジャムにするといいよ」
 「そうします」
 
 余裕のよっちゃんで完食。

 メチャメチャメチャメチャメチャおいしかった。

 まだこんなにいっぱいあるのに、
 さいしょはこの皿にマッターホルンのようにイチゴが積みあがっていた。
 じぶんとしてははやすでにほとんど食べ終わって寂しいかんじ。

 それでハタと気がついて記念に写真に撮ったのだった。

 恍惚としながら夢見心地でむさぼった。

 イチゴたべてハイ。

 今年の夏はイチゴからはじまった。
 
170709(5)5.jpg

 そして今年のドライフライはイリジスティブルからはじまった。

 川通いの毎日、
 ニンフやウエットやソフトハックルな水面下の釣りの日々から、
 ある日いきなりハルゼミに切り替わった印象。

 かとおもいきや、
 その一方で、
 荒瀬を転がり流れる4番のイリジスティブル・ハルゼミ・カラーにドッバーンッとは対極の、
 えらいシリアスでディープな極上のマッチ・ザ・ハッチがひっそりと展開されており、
 どっちも狙うサカナはもちろん絶品ワイルドすぎてもうメロメロ。

 どないせえゆうねん。

 このあたりから、
 釣り呆けで日々のモロモロはもはやグデグデ。

 そんなわけでさいきん、
 独りで釣りに行くときは自分で簡単な弁当をこしらえて持参するようになった。

 前夜、
 ほんのり柔黄身に茹でたゆでタマゴを、
 ジップロックにしいたけの戻し汁とめんつゆ入れたやつに浸しておいて、
 それを河原で昼ごはんに食うとメチャうまい。

 なんちゃって煮抜きタマゴ。
 だいぶまえに函館の友人に教わったのだった。
 
 べつにコンビニでもいいし、
 というよりむしろコンビニでチャチャッと済ませたい。
 にもかかわらずなんで手弁当持参なのかというと、
 現在の我が家から釣り場に行くまでコンビニに寄っていると、
 えっらい遠回りになってしまうのだ。
 
 つまり、
 コンビニよりか釣り場のほうが家からずっと近い、
 それがいいのかわるいのか……。

 ちゅ~か、
 それがこのグデグデのすべての原因なのは明白だ。

170911 (1)1

 齢50を越えてからの合言葉は「もう時間が経つのが早すぎて恐ろしい」

 もちろん、
 いまもその実感はなんらかわらないけれど、
 その一方で、
 もはやすでにしみじみ思い出すお盆のころの賑わいの懐かしさから、
 かんがえてみればまだ一カ月も経っていないのが不思議だ。
 わかるこのかんじ?

 こんな感覚は、
 ここに越してくるまで感じたことがなかった。

 日々、
 いろんな出来事とめまぐるしい変化と新たな発見があることの証だなとおもう。
 ヒトもサカナも土地も水辺も自然も濃ゆくて豊かだ。

 なので、
 いつも一日はあっというまだが、
 とても長い。

170911 (3)3
 ゲンザイトテモシアワセ。



170709(6)6.jpg
 現在の我が家は、
 立地条件からして24時間大音量でぶっぱなそうが誰にも迷惑がかからない。

 そのうえ、
 もともと雑貨屋さんだった我が家の土間は構造的にレゲエに向いた重低音対応。
 クリアなベースの臨場感に満足が止まらない。

 THE IN CROWD Back a yard + version (1978 Cactus)

170911 (4)4

 クロクマ・ウーリーワーム。

 これねえ……、


170709(7)7.jpg
 70年代アメリカ東部を代表するプロタイヤー、
 故ポール・ジョーゲンセンの「フェザーエクステンド・ガガンボ」と、
 フィリス・ディロン「人生は一回」
 ボクの持ってるのはコクソン・ミュージックシティのDist の80年代後半の再発盤。

 秘めやかな羽音を震わせながら、
 夏の水辺の草陰で群れ躍っていたガガンボが消え、
 夏の空気にかすかに秋の気配がそこはかとなく背後から、
 というころに台風がきてムシッと湿度があがったころ、
 やつらが空から降って来た。
 水辺にいると、
 ときとしてもう顔やら腕やら耳元でカサカサたかられて拷問…釣りどころやあらへんがなと退散したこともあった、
 無数の翅アリの集団飛行ならびに集団流下もおわり、
 家のまえの木々がいつのまにかほんのり色づいて……、

 あしたも釣りにいこかとおもたら天気予報は雨。
 ホンマやろなあ、
 いつもあてにして気にしてるけど、
 肝心なときいっこもあてになれへんやんけドナイシテクレルネンいつもご苦労様です。

 これから、
 今日の夕方摘んだばかりの枝豆をサッとゆがいて塩振っていただきます。




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.