FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
パーマハックルボディド・ゴールデンカディス・オホーツクスペシャル略して「金のモジャモジャ」
180817(1)1.jpg
 川におりてすぐ、
 あの独特のケモノ臭がムッと鼻についた。

 臭いの濃さやぬるさから察するに、
 どうも、
 いまさっきまでこのあたりをウロウロされていたようだ。

 独りなので、
 さてどうしたものかと一瞬躊躇したけれど……、

 おもいきりホイッスルを吹きまくってから、

 このケモノ臭のヌシの毛をつかったフライを結んで釣りのぼる。

 さいきん、
 あまりにも釣り呆けすぎて、
 世俗は遠くになりにけり。
 いろんな感覚が麻痺しているようだ。
 ちょっとイロイロ調子こいている。
 きっといつかバチが当たるだろう。

180817(2)2.jpg

 前回とりあげたヒグマの毛をつかったシンプルなヘアカディスは、
 もともとヒゲナガの羽化にあわせたイブニングライズのために巻いたものだけど、
 フラッタリングカディスとしてなかなかの使い勝手の良さで、
 結局はそれ以外の場面でばかり大活躍している。

 この日も山奥の小渓流にて、
 ナチュラルドリフトまるで無視。
 川面をひっかきまわすようにこのカディスを水面でビクビク躍らせて、
 ガンガン釣って歩いた。

 下流から丁寧に自然にフライを流しても出るけれど、
 ひとつのポイントを瀬頭までくまなく探りながら釣りのぼって何匹かのサカナを掛けて、
 次のポイントに向かうまえに、
 上流から白泡の切れ目にフライを投げ込んで、
 流れをスーッと横切らせると、
 そのポイントでいちばんでっかいのがガボン!と激しく出た。

 ひとつのポイントでさんざん釣って水を吸ったフライが水面に浮いていられなくなってしまった。
 で、
 「いくらなんでももう出えへんやろ」
 とおもいながら、
 こんどは水面直下に沈んだフライをスイングさせると、
 張らず緩めず操作していたリーダーがグンッと震えて、
 バシッとあわせるとグググときた。

 で、
 沈んでしまったフライにでたそのサカナを放して、
 フライの水気をとばすために強めのフォルスキャスト数回。
 そのまま次のポイントにフライを投じると、
 なにもしなくてもまたもやフライはポッカーンと水面高々と浮くのだった。

 北海道の野性の王様の気配にビビリまくりながら、
 王様の金毛をつかったフライをつかって、
 北海道原始の野性のサカナを釣る。
 
 たいへん感慨深く、
 そしてオツなことだ。

 水面に浮かせるためのドライフライ素材としてのヒグマの毛は、
 ものすごいポテンシャルを秘めている。

 ただ、
 この硬くて天然パーマな毛の持ち味をいかんなく発揮させるためには、
 タイイングのときにちょい小技を駆使する必要がある。

 たとえばエルクヘアカディスなどのように、
 単純にウイングとして巻き止めただけでは、
 ヒグマの硬い毛はディアヘアのようにフレアするわけでもなく棒状にまとまってしまう。
 そうなると水切れは最悪で浮力に乏しく水面でのバランスもいびつ。
 そしてなによりもこの毛の最高の旨味でもある、
 陽の光を透過して金色に発色しながら輝いているような、
 あのたまらない生命感の色調も台無しになってしまう。

 フォルスキャスト一発でフライの水気がスカッと切れて、
 スックと水面にのって高々と浮きつづけ、
 かつ陽の光が透過しやすく、
 また水面下に沈めても水流に毛を振動させながら絶妙なバランスでスイングする、
 そんな構造のフライに巻くためには、
 なんといってもウイングに巻き止めたこの硬い毛がフワ~ッと放射状にフレアしていてほしい。

 で、
 そのような構造に巻くために、
 現時点ではどのように巻いているかというと……、

 ヒゲナガ・サイズの6~8番前後とやや大型のフライをモデルに、
 こうしたカディス・スタイルにヒグマの毛をつかうばあいの基本作例をとりあげてみる。

180817(3)3.jpg

 目安として、
 フックシャンクの2倍近い長さでヘアーをこのように巻き止める。
 
180817(4)4.jpg

 斜めにカットしたヘアーを下地に巻き込んでボディのテーパーを作り、
 まずは極細のオーバルティンセルを二つ折りにして巻き止め、
 ボディ末端にちいさなタグを巻いておく。

 これ、
 あくまでもオプションなんだけど、
 ティンセルのキラメキ効果にあやかりたい意図もあるけれど、
 それよりもボディ末端をほんの心持ち重くしておきたい目論みもある。

 大型サイズのカディス系パターンのばあいはとくに、
 このような重量バランスにしておくと、
 水面での安定したバランスの向上に役立つ。

 で、
 そんなタグの付け根に、
 今回ボディ材につかうミニオストリッチを数本バサッと巻き止めたところ。
 オストリッチは写真のように先端側を巻き止める。

 オストリッチ、
 このようなタイプの大型ドライフライのボディにつかうとメッチャええです。
 なんしかフワッフワに軽い。
 のに、
 ボディのボリューム調整がきわめて容易。
 そ・し・て、
 モコモコに毛羽立ったボディがいかにも蟲っぽい。
 そのくせ簡便簡潔に手早く巻ける。
 なかなかのスグレモノ。

180817(5)5.jpg

 オストリッチの束をスレッドにギリギリ捩りつけて、
 それをボディに巻いているところ。

180817(6)6.jpg

 で、
 ボディを巻き終わったら、
 ウイングの付け根にボディハックルとなる、
 グリズリーのハックルを巻き止める。

 このボディハックルはネックでもサドルでもヘンハックルでもなんでもいいんだけど、
 いちばんのおススメはなんといってもコックサドルのスキン後方に生えている、
 ウェヴの多いヘニャヘニャの長~いハックル。
 この、
 これまでまったく利用価値のなさそうだった捨ててた部位のハックル。

 このハックルの特徴のひとつは、
 ファイバーの長さにものすごい急激なテーパーがかかっているところ。
 そして、
 そのうえでヘンハックルよりもずっとソフトでふにゃふにゃなところ。
 そのくせ、
 コックハックルだからなのか、
 ソフトなのに復元力があって型崩れしないところ。
 
 そんなハックルをボディにハックリングすると……、
180817(7)7.jpg
 このようになる。

 ウイング付け根だけ2~3回転ほどハックリングして、
 そのままボディ末端に向かってパラパラッとパーマ・スタイルにハックリング。

 す・る・と・
 ウイング付け根のハックルのファイバーが際立ってロングファイバーになっていて、
 ハックルがそのままテーパー状にボディ末端にむかってハックリングされている。
 着水時のバランスの良さ、
 スイングさせたときのハックルの振動などなど、
 いいことづくめ。

 で、
 ここでのハックリングの大事なコツは、
 ハックルの裏側(ハックルが軽く湾曲している側)が前方を向くように巻くこと。
 すると、
 当然ファイバーがフライの前方を向くので、
 バランスも動きも格段に良くなるうえに、
 フライの水気も断然とばしやすくなる。

180817(8)8.jpg

 んで、
 タグに巻いたティンセルを、
 こんどは二重撚りにしてリビングがてらボディハックルを補強。
 これはこのテのフライのいつもの手順。

 ここまでの手順は、
 このフライにかぎらず、
 このようなボディハックル的大型カディスをより良く巻くための参考手順でしたが……、

 さ、
 いよいよウイングとなるヒグマの毛がフワワワワ~~~ッと放射状に広がるように巻くにはいかにして?

 メッチャ簡単。

180817(9)9.jpg
 まずはあらかじめ巻き止めておいたヘアーを、
 クシでやさしく撫で梳いて、
 ヘアーをバラバラにしておきましょう。

180817(10)10.jpg
 そしてココが肝心。

 心をこめてやさしく(←コレ重要!)梳いたヘアーを、
 ウルフ系ヘアウイング・パターンを巻くとき同様に二股にわけて、
 それぞれのヘアー根元ギリギリにスレッドを一回転きつめにキュッと巻いといて……、

180817(11)11.jpg
 左右片側づつヘアーを折り返すようにして巻き止める、
 わけですが……、

180817(12)12.jpg
 このとき、
 ヘアーを完全に折り返してしまうのではなく、
 ちいさくクルンッとループ状にして巻き止め、
 このようにその部分をヘッドとして残しておく。

 また、
 ヘアーを折り返す際は、
 フックシャンク上部に折り返すというよりも、
 やや横方向に折り返すのを意識するとモアベター。

180817(13)13.jpg
 左右のヘアーをそれぞれに折り返して巻き止め、
 白のスレッドにマーカーで着色してヘッドを巻いた状態。

 ね、
 ビンビンに硬いヒグマの毛が、
 まるでディアヘアーのようにやわらか~いファジーな印象でフワ~ッとひろがっているでしょ。

 このフワッとひろがっているウイングこそが、
 ヒグマの毛の特性と旨味を最大限に引き出す構造。

 陽の光を悩ましく艶っぽく透過させて、
 水面に浮かぶフライに金色のオーラをまとわせ、
 少々のウグイ猛攻をものともせずずっとイイ感じで浮きつづけ、
 よしんばフライが濡れてしまっても、
 フォルスキャスト数回でフライについた水滴がピッピと弾き飛ばされるというわけです。
 いつもフロータントは釣りはじめにチョイつけるだけで、
 あとはず~っとそのまんま。
 なのでフロータントの節約?にもなりますね。

 で、
 ウイップフィニッシュしたらアッというまに完成。

180817(14)14.jpg
 さらにこのちいさなヘッド。

 見た目のムシっぽさはもちろん、
 不自然なくウイングをフックシャンクやや中央寄りにする、
 という意味もある。
 空気抵抗をいちばん受ける突起部分がヘッドぎりぎりに生えていると、
 フライがひっくりかえって着水することが多発するからね。

 また、
 フライをスイングさせたときに、
 このちっちゃなヘッドがたてるおおきな引き波が素晴らしく気にいっている。

180817(15)15.jpg
 フライの下側はこんなかんじ。
 濡れそぼっているのでオストリッチのボディが、
 まるで湯上りの猫のように萎んでいるけれど、
 水面に触れたり沈んだりすると再度フワッと膨らんでイイかんじになる。

 で、
 膨らんだオストリッチのフリューが、
 密にリビングしたオーバルティンセルを覆うようなかんじになる。
 そのため、
 オストリッチのボディの下からティンセルが鈍くギラつくように透け見えるかんじになる。
 羽化直後のヒゲナガのテラッとテカッているボディのあの質感。

180817(17)17.jpg
 このカディスで釣るには舌舐めずりしそうな白泡のポイント。

 さあ、
 これから対岸に投げてブルブルふるわせながら引っ張ったり踊らせたり、
 白泡のなかに叩きこんでスーッとスイングさせたりするでえ。


180817(16)16.jpg
 とかなんとかエラそうに言っちゃって、
 この日、
 痛恨のすっぽ抜けが三回もあった。

 白泡の切れ目のところをスイーッと滑らせたこのカディスに、
 いきなりグワボンッ!とえらい派手な水飛沫けたててもんどりうって出たやつ。

 最初の一回は、
 こんな小渓流で想定外の大物がいきなり飛び出してドびっくり、
 まあしゃあないな……、

 と、
 自分を慰めて、
 次の好ポイントにて、
 またしてもドッバーンッ!
 そして、
 またしてもビックリ秒速大アワセ。
 フライを口から引っこ抜かれたどでかいイワナ、
 「あれ?なに?え?」
 みたいなしぐさで、
 しばらくウロウロしながら白泡のしたに消えて行きました。

 そして、
 次こそはと臨んだいかにもな深みの好ポイント。

 果せるかな、
 青みがかった深い水底から、
 水面でブルブル踊っているフライにむかって、
 グオオオーッとホホジロサメのように浮いてきた。
 きたきたきたーーーーっ!
 グワッポンッとたしかにフライをがっぽり吸いこんだのを確認して、
 もう自信満々確信みちみちて、
 アラヨッと竿をあおったのですが……、

 スカッとスコッと……手ごたえなく……。

 なんでやねんど~なっとんねん?

 怒涛天をつく。

 こうなるともうリズムはガタガタ集中力メロメロ。
 おもしろいようにすっこ抜け、
 ようやく掛っても次から次へとバラしてバラしてバラしまくり。

 もう涙目。

 いまにしておもえば、
 もはやこのときすでに、
 我が身には「怖ろしい呪い」がふりかかっていたのかもしれません。

 やることもやらず、
 不義理上等やくそくぜんぜん守りません。
 釣り以外の予定すべてドタキャン。
 ただひたすら釣り呆けた罰……なのか?

 それともこれは、
 ひと夏のあいだ美しき水辺と野性のサカナをひたすら蹂躙しまくった「呪い」ですか?

 我が運命やいかに。

 次回につづく……かも?。
 

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.