FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
ロイヤルファミリー濡れる純白の三姉妹ウエットフライ編
190212 (1)1
 
 ナチュラルのダッククイル・ウイングをアップライトに立てたペールウォータリーダン風。
 ホワイティング・ヒーバートの明るいダン色のヘンネックを二枚ハックリング。
 ヒーバート・ヘンネックによくある和紙みたいな半透明な質感のうす~いダン色を厚めにハックリングすると、
 まるでタバコのケムリのようだ。

 Ukadan - Smokin' Boogie ←きょうの一曲。

190212 (2)2
 ブラックナットの私家版ヴァリエイション。
 
 全身真っ黒づくめに一筋、
 真っ白なクイルウイングがスックと立ちあがっております。

 ちなみにボディは庭で拾ったカラスのセカンダリークイル捩じり巻き。

190212 (4)4

 私的見解ですが、
 ロイヤルコーチマンのウエットフライにかぎらず、
 スタンダードなクイルウイングのウエットフライを釣りにつかうなら、
 ウイングの厚みやフォルム、
 そしてなによりボディ上部に覆いかぶさっているようなウイングの角度など、
 こんな体裁が機能的に理想かな~。

 スイングさせたり引っ張ったりするならとくに。



190212 (5)5

 が、
 ロイヤルコーチマンに、
 ロイヤルコーチマンらしい華やかでバタくさいファンシーを求めるならば、
 ウイングのカタチをこのように巻いてみると……、

 ウイング末端のエッジの角度を緩やかにするとアラ不思議。
 それだけで虫っぽさが希薄になる。
 ヘンな言い方だけど、
 このように巻くと鋭さがなくなってよりニセモノっぽくなって、
 そんなフォルムと雰囲気もまたロイヤルコーチマンにはよく似合う。

190212 (6)6

 豊満だべ?

 こんなボッテボテのロイヤルコーチマンの6番くらいのを、
 ぶっといティペットに結んで、
 テレストリアルたけなわのハイシーズンに、
 アップストリームに投げながら釣りのぼってゴツイの掛けたら、
 たまんね~だろ~な~。

 ウイングをテンコ盛りに盛りに盛って膨らませているけれど、
 ビコーンとナナメに突き立つのではなく、
 ウイングはあくまでもボディ真上にのっているようにテント型で末広がりに立っているところ、

 えらい苦労しましてん。

190212 (3)3

 ダッククイルの特徴は、
 なんといってもクイルのファイバー先端がクルンッと外側にカールしているところ。
 そのうえで、
 ファイバーには弾力を感じさせる厚みがある。
 白のダッククイルはこの傾向がさらに強い。

 と、
 そんな白いダッククイルをクイルウイングに巻くばあい、
 いちばんうえのロイヤルコーチマンのウイングの幅だと、
 この特徴がうまく活かされて、
 クイルウイング材として非常に扱いやすい素材になる。

 と・こ・ろ・が・

 ウイングの幅をひろくボテッとすればするほどに、
 カールしたファイバー先端のところが……牙を剥きよるんですわ
 ズルンズルン滑りまくってクイルを左右対称にピタッと合わせるのがも~たいへん。
 
 そういえばここ近年、
 ハタと気がついてみれば羽根とか毛とかをツリバリに縛りつけていて、
 あまりにも思い通りにいかなさ過ぎてイラッとすることなくなっていたよな~……、

 な~んつって、
 積年の知らず知らずの積み重ねの賜物に想いをよせ、
 しみじみ感慨にひたってふけるほどに、

 白いダッククイルのボテボテ・ウイング巻き止め作業はひっさびさに、
 めちゃくちゃ、
 イラッとしました。

 なんだけど、
 苦心惨澹ようやく出来あがったのを眺めて、
 ものすごい、
 ムラッときて満足しました。

 白のダッククイルは、
 ファイバーの繊毛密度が濃厚で厚みがありマットな質感で、
 なおかつ光をよく反射して光沢感があるからか、
 幾多の白い羽根のなかでも、
 とくに真っ白だな~とホワイト感をかんじさせる白い羽根。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.