FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
ピンセット
190501 (1)1

 「このピンセット、ちょっと最高級品ですよ」
 と、
 とってもお世話になっている方からいただいた。
 
 ありがたく頂戴しながらも……、

 スイマセンスイマセン失礼にも、
 とくにそれほど浮き立つようなこともなく。

 だって、
 うちに似たようなのいっぱいあるんだもん。

 じゅうぶん事足りてるし。

 ところがギッチョン、

190501 (2)2
 
 イッポン巻いたついでに、
 はじめてこのピンセットでファイバーを一本摘まんだその瞬間、
 ぶっちゃけ、
 ちょっとしたタイイング革命がおこったのだった。

 と、
 大げさに言いたい気持ち。

 今後、
 もはやコレなしのタイイングは耐えられないかもしれない。

 と、
 言い切ってしまいたい気分。

 そして、
 誰かにこの感動を伝えたくて、
 なんだかウズウズ。

 密集したハックルファイバーの密林のなかに紛れている、
 たった一本のファイバーをヒョイとかる~く、
 しかし確実にガッチリ摘まみ、
 いとも容易に根元からプツッと引っこ抜ける、
 このえもいわれぬカイカン。

 しかし、
 難点もあるのですよ。

 とくにドライフライのハックル。
 不要なファイバーがあまりにも気楽に除去できるもんだから、
 ついつい熱中してプチプチ抜きまくってしまって、
 一本完成するのにえらい時間がかかるようになってしまった。

 そればかりか、
 ムダ毛抜きに熱中するあまり、
 これまでよりもさらにじっくりハックルを凝視観察するようになっちゃって、
 いままでぜんぜん気にならなかった微小で些細な「アラ」までもが、
 もうさ~、
 やたらと気になっちゃって気になっちゃって、
 修正しないと気に入らない。

 おかげで、
 長年ず~っと疑いもなくやっていたハックリング方法までもが、
 ガラッと様変わりしてしまったのだった。

 どないしてくれるねん?

 本当にありがとうございました。

 そんな春です。

190501 (3)3
 この白ボケたボディにヘッドセメントを塗布して、
 全体をうす~くコーティングすると……、

190501 (4)4
 こうなる。

 手品みた~い。

 タイイングはカイカンの作業が連続するととっても愉しい。

 天然の黄金色のボディと、
 伝統の金色リビングのハーモニーです。

190501 (5)5

 名づけてスペシャル・スペックルド・ハニー・ゴールデンクイル・オホーツク・スタイルのロングシャンク10番。




190501 (9)9
 
 私的ビーズヘッド・ゴールドリブド・ヘアーズイヤー。

 銀色のビーズヘッドを黒のマーカーで塗りたくってコーティングして、
 テカテカに艶底光りする黒いヘッド仕様に細工してますねん。

190501 (8)8

 そしてボディは、
 このまえ取り上げたエゾリスのファーボディ・ヘアカディスの作例でやった、
 捩じったオーバルティンセルをボディに巻いて、
 その隙間にループダビングを埋め込むようにボディを巻いて、
 ファー全体を直立させる私的ダビング・ボディ。

 そのため、
 フワフワに毛羽立ったボディにくるまれたティンセルが、
 下地からチラチラと煌めいてチラ見える。

 なので、
 このばあい正しくはヘアーズイヤーリブド・ゴールドボディ・ニンフというべきか。


190501 (6)6
 エゾジカの背中の毛をドサッとウイングに据えて、
 ハックルはフライの上部がファーネスのコックハックルおよびヘンハックルとレオンのサドル。
 下側はファーネスのヘンのみとレオンのサドル。
 という構成なんだけど、
 写真ではわかりにくくてもどかしい。

 と、
 そんなような小細工しまくった実戦系実弾フライをシコシコシコシコ巻いてる黄金週間。

 ア・ハッピー・ニュー令和。

 新しい年号に名前負けせんような時代になってほしいと切に願うけれど……。

190501 (7)7

 コチラもまた、
 ヘアーズイヤーリブド・ゴールドボディ・ウルフのロングシャンク6番とノーマル8番。

 ボディの作りはさっきのニンフをまったくおなじ。

190501 (10)10

 そして必殺「エゾリスボディダビングリブド・ゴールドボディ・ニンフ」のヴァリエイション各種。

 お恥ずかしながら、
 ワタシにとって稀ともいえるタイイング・モードとお仕事気分が続行中のここ数カ月。
 これを逃せば、
 いつまたこのような気持ちになれるか自分でもわからないのが情けない。

 自分のばあい、
 過去数え切れない実例からいって、
 ここで一度でも水辺に立ってしまうと…すべての情熱と気分がソチラに向いてしまうので、
 ここはもうちょいグッとこらえて、
 蛍光灯の下でバイスをまえに、
 ピンセット片手にムダ毛抜きに集中したいところ。

 あの、
 ファイバーを一本ビシッとつまんでブツッと抜く感触……ものすごいいです。

  

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.