FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
202011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202101
年の暮れの近所自慢。
 この年の暮れにあって、
 「ぼくんちのすぐそこで、こ~んなキレイなサカナ釣れるねんドヤうらやましいやろ~」
 という、
 ものすごい独りよがりな自慢記事を書いたわけですが……、

 だからといって、
 当地が夢の入れ食い桃源郷かというと、

 ぜんっぜんちがう。

 それまちがいです。

 これだけの釣り場群に恵まれながら、
 いずこもおなじ。
 ままならないことのほうが普通だ。

 まるで己の人生を映し出しているようだ。

 しかし、
 ここらへんの釣り場は、
 釣れなくても釣れなくても、
 諦めず心折れることなく、
 あの手この手で攻略を試み試行錯誤していると、

 いつかかならず報われる。←ココ重要。

 そしてそれがよ~く身に沁みてわかってくると、
 むくわれない日々を打破するための、
 アレコレの試行錯誤のやりがいもひとしお。←ココこそ最重要。

 釣りやタイイングへのモチベーションの高揚と維持に、
 これ以上ないほどダイレクトにつながっている。

 そこが、
 ここらへんの釣り場のほんとにすばらしいところ。

 そしてなにより、
 玄関先でウェーダー履いてでかける近所の釣り場。
 「ま、きょうはアカンかったけど、またいつでも来れるし」
 という気楽な気分。←ココものすごく重要。

 しかしいつも不思議なのは、
 近所の釣り場でものすごくイイさかなが掛かると、
 どうしてあんなに興奮するんだろう?

 そして、
 近所の釣り場でものすごくイイさかなをバラすと、
 どうしてあんなにガックリするんだろう?

 いつでもすぐ来れるのに、
 どうしてこんなに一喜一憂してるんだろう?じぶん。

 じぶん自身も、
 近所の釣り場も、
 まだまだぜんぜんわからないことだらけ。

 だが、
 それがいい。

 近所の釣り場は、
 まるで人生のようだ。

 と、
 むりやりまとめちゃう。

 2021年元旦 追記

 

201231 (1)1


201231 (2)2

 8月、

 我が家のすぐ近所の山間を流れる渓流のオショロコマ。

 こんなおっきいの、
 この渓流ではじめて釣れた。

 ここは、
 水量も豊富で立派な渓相の山岳渓流のわりにサカナがオーバーストック気味で小型中心。
 なので、
 このサイズだと立派なトロフィーサイズ。

 産卵期の気配をほのかにかんじさせる、
 しゃくれアゴのオトコマエ。
 大興奮でおおよろこび。

 



201231 (3)3

 11月、

 我が家のすぐ近所の里川のニジマス。
 
 今年は、
 世界がエライことになったと同時に、
 じぶん自身にも予期せぬエライことが次からつぎへと。

 今シーズンの釣りはもう半ば諦めて、
 そんなことよりなんとかこの事態を乗り越えねば、
 という心境だった。

 それだけに、
 11月から12月半ばまで釣りに没頭できた日々は充実しきり。
 「ほんとにありがたい」としみじみ感謝しっぱなしだった、
 初冬の極上ニジマスたちのイッピキ。

 日々の暮らしのすぐそこにいてくれるサカナたちはやっぱ特別。
 スペシャルです。
 近所だからこその格別の感動がある。
 生きるエネルギーの源。

 今宵は大げさにいわせてください。

 201231 (4)4

 そして、
 あっというまに大晦日。

 みなさま、
 ことしもまた、
 ほんとうにありがとうございました。


 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.