BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
Let's WAX UP !
 いつだったっけ?
 五年前だったか、
 六年前だったか・・・・、
 
 たしか、
 釣り雑誌の付録になる小冊子のために、
 しばらく都内のホテルに泊まって、
 ビジネス街の一角にあるスタジオで、
 雑魚を模したフライをせっせと巻いて、
 それを写真に撮ってもらっていたときだった。

 ようやくその仕事が一段落して、
 東京の下町に住む友人宅に遊びに行ったときのこと。

 かって知る友人の家のドアを開け、
 「おじゃましま~す」
 トントンと階段をのぼって、
 友人の部屋、名づけてタイイング・カオスの間に入る。
 「まいど~」

 まさしくマテリアルやツールに埋もれて暮らしているヤツが、
 まるで牢名主のようにいつもの定位置に鎮座していて、
 「おつかれ~」と言った。
 そして開口一番、
 「ねえねえ、これさあ、どう思う?・・・」

 スレッドのスプールに、
 なにやらリップスティック状のものを塗りつけると、
 スプールをドライヤーで温めはじめた。

 「ホラ、こんな感じになるんだけど」

 手渡されたスプールに巻かれたスレッドに触れると、
 ヌルヌルしている・・・・。
 ピ~ンと来た。
 すごいっ!と思った。

 「ええやんええやん、オッチャン天才ちゃうか」
 「ほんと?いけると思う?」
 「いける!これめっちゃオモロイやんけ!」

 「これホンマにおもろい!」
 「ようこんなん思いつくなあ、オッチャンほんま凄いわ」
 思わず興奮して、
 もう嬉しくなっちゃって、
 諸手を挙げて絶賛しまくった。

 オッチャンは、
 いつものようにモジモジして、
 「もういいよ~やめてよ~」
 と言った。
20070128232136.jpg
 それは使ってみると、
 スレッドにその都度いちいちワックスを施す手間が省ける・・・、
 という本来の目的以上の効果を感じることになった。

20070128232206.jpg
 この現実離れした細さのスレッドに、
 これを施してみると、
 それがよくわかる。

 タイイングデモなんかで、
 シレッと涼しい顔で、
 こんな恐ろしいスレッドを使って、
 大きなウエットフライのウイングなんかを取り付けてみると、
 みんな驚いてくれるけど、
 実はこんな仕掛けがあったのさ・・・。

 とはいっても念のために言っておくと、
 写真上段のサーモンフライの極小ヘッドは、
 このスレッドを機軸にして、
 ほかのスレッドも使いながら、
 いろんな裏ワザやトリックを駆使した余興のひとつ。
 そしてそれは、
 この小道具とこのスレッドを使うことで思いついた芸でござる。

 新品のスレッドにこれを塗りつけて、
 ドライヤーでガガーッと温めながら、
 ワックスがスレッドに染みていく様子を眺めるのも、
 なかなかいとおかし・・・。

 ちょっとしたことなんだけど、
 今まで誰も気がつかなくって、
 イタズラ心にも似た楽しい作業で得られる大きな効果。

 こじゃれた一品でございますな・・・。
 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.