BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ヘンレオンのセカンダリークイル Ⅱ
20070207235246.jpg
 大げさなんだけど、
 おそらく本邦初公開となる、
 コック・デ・レオンのヘンのセカンダリークイル。

 このそそりまくるマダラ模様、
 このテの素材によくあるガッカリ性質の、
 濡れると模様がくすむこともほとんどなく非常に鮮明。

 また、
 タイイング時の扱いやすさも特筆もの。
 ということは、
 酷使してウイングがバラけ気味になっても、
 いい感じのフォルムをずっと保ってくれる。
 ってことでもあるわけだけど・・・・

 現時点でまったく流通していないものを、
 コレすっごいいいよ最高だよ・・・
 などとのたまうのは気がひけるところです。

 が、
 今んとこボクがこの羽根を使って巻いたフライだけが、
 ご注文をくださったお客様の元にだけ届けられてる・・・っていうのは、
 なかなか冥利につきるところでございます。
 とってもありがたいことです。

 といいつつ、
 巻きに巻いて自分でもガンガン使うし、
 お客さんにも購入していただいて、
 もはや手持ちが心許なくなってきてるのが、
 ヒッジョ~~~~にきびし~~~~・・・って、知ってる?このギャグ。

 といっても、
 こういう釣るための羽根は、
 大事に仕舞っとくもんじゃなくて、
 ガッツンガッツン使ってこそ・・・・
 骨の髄までしゃぶりつくすのじゃウハハ。

 それはいいとして、 
20070207235304.jpg
 このウエットフライ、
 小型ウエットとしてメチャ気に入ってる。

 シルバー・マーチブラウンのウイングを、
 このクイル材にした簡素なパターン。
 これの10番とか12番とか、
 効くな~って思ってる。

 特に盛夏~晩秋の夕暮れ時、
 里川の本流筋の水量が減水気味で落ち着いて、
 でっかいウエットでは見向きもされない頃・・・。
 
 恐らく、
 ウイングの暗色ダンダラ柄と、
 キラリと明るいボディのメリハリに、
 効果の鍵があるのでは?
 と睨んでいるけれど・・・・ 
20070207235326.jpg
 ヒッジョ~~~にきびしかった昨年のシーズン。
 もう禁漁間じかの晩秋の夕暮れ。
 里川の本流に、
 生活廃水がジョロジョロ流れ込む、
 とっても無粋なピンスポットで、
 いきなりはじまったバシャッて鋭いライズ。

 キリキリしながらドライフライを流し込むも、
 まったく無視・・・・この川の秋は、
 もう切ないくらいに気まぐれ・・・・。

 あきらめきれずに上流に回りこんで、
 仕掛けもフライも変えて、
 入魂のひと流し・・・。

 ツツ~ッと流れのままに流し込んで、
 ライズの手前でブレーキをかけるような気分で・・・ジ~ワジワターン・・・。
 刹那、
 カッツ~ンッと来ましたやりました。

 サイズはそんなでもないけど、
 心に残る会心のイッピキめちゃ嬉しい大感激。

 岸際の藻に横たえさせて、
 ライトで照らして、
 「おまえ~、ポチャポチャやんけ~」
 やはり、
 ポチャアマゴは、
 いくつになってもええもんです。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.