BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ジョックスコット Ⅱ
 んで、
 これがおととしの春に巻いたジョックスコット。 20070214010030.jpg

 日に日に秋が深まっていくニュージーランドから帰ってくると、
 我が家の近所の川は春爛漫・・・・。

 まさに釣りモード爆全開・・・・ってときに巻いたやつ。

 はじめて連絡をくださったお客様からのご注文となった、
 フルドレスのサーモンフライ・・・。
 「伝統的な有名パターンをビシッと巻いたやつをお願いします」
 とのことだったんだけど・・・・。
20070214010042.jpg
 はりきりまくってノリノリで巻きはじめて、 
 ついついやっちゃったの・・・・。
 自分流アレンジしまくり街道一直線・・・・。
 夢みる男の子がお羽根畑で羽根むしり・・・・。
 
 トウキャンの胸羽根とお腹の羽根の境目に生えている、
 サルファーイエローが眩しい繊細な羽根の先端だけが、
 鮮やかな朱色に変化しているとっておきを、
 フリフリスケスケのミニスカートのようにボディに履かせたその下は、
 本来なら清楚な黄色のシルクのはずが・・・・。

 しかも、
 黄色と黒で等二分割するのがお約束のボディのバランスや配置も無視。
 ボディ後方にヴェイリングしたトウキャンこそ、
 このフライの主役にしたかったからだ。

 トウキャンの朱色が、
 テールのインディアンクロウと調和する様子、
 スケスケの淡い黄色のトウキャンのファイバーが、
 細い黒のバンドで仕切られた黄色と金色地の黄色のシマシマを、
 チラリと透かして見せている様子・・・・。

 巻いてるときは、
 そんなこんなの目論見に、
 ミツグもうウットリ夢見心地・・・・。

20070214010103.jpg
 アンダーウイングのホワイトティップターキーにもちょい細工。
 ファイバーをずらして、
 白と黒のエッジを鋭角的にして、
 ロウプロファイルっつ~んだっけ?、
 角度も高さも低めに取り付けたオーバーウイング、
 これと調和させようと目論んだんだけど・・・・。

 と、
 あれやこれやのアレンジしまくって、
 満点には遠く及ばないもののまずまず満足して、
 内心意気揚々と発送して・・・・・

 アアッ・・・と気がつく。

 これってトラディショナルちゃうやん、
 注文通りとちゃうやんどないしょ・・・・。

 お客様からの一報が入るまで、
 なんていうか、
 試験の合格発表を待つ気分もうジレジレ。

 はやく電話かかってきて~。

 そして・・・
 「フライ無事に到着しました。サイコーでした!もう大満足です」
 きっとお世辞もあるだろうけれど、
 弾んだ声をありがたく聞かせていただいて・・・・・。

 その日の午後遅く、
 釣り場へ向かう車のなかで、
 ついつい何度も「やったあ!」
 メチャクチャ嬉しい。
 
 このフライで頂いた代金で、
 来月は北海道遠征や~思たら、
 なおさら声にでてもうた。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.