BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
シルバーアーディア&スミス
20070316114142.jpg
 昨夜に引き続いて、
 額装したサーモンフライを2本。
 共にジョージ・モーティマー・ケルソンのリストからの古典。

 なんだけど、
 例によって自己アレンジしまくりのヴァリエイションです。

070317.jpg

 シルバーアーディア・・・・
 長く延びた薄いブルーのスロートハックルには、
 ダイドしたシラサギの羽根を使うんだけど、
 ここでは鮮やかな天然のスカイブルーが信じがたくグレートキレイな、
 ヴァリチェリナ・ギニアのネックハックルを使って悦に入ってみた。
 
 また、
 テールに指定されている極楽鳥の羽根は、
 オレンジビショップの頭部の羽根で代用した。
 淡~く赤みがかっても見える、
 不思議なオレンジ色が目にやさしい、
 心ときめくお気に入りの羽根。

0703162(1).jpg

 スミス・・・・もう原型はナニ?ってくらい、
 全体のフォルムをアレンジしまくり。
 ウイングをよく見ると、
 赤、薄青、黄色のダイドカラーをマリッドした部分を、
 アンダーウイングにしてある。
 ボディは、
 シールズファーとシルクの各色をブレンドしたものを、
 ハックル状に巻き止めて4分割・・・これがやりたかってん。

 スロートハックルには、
 ギニアでなくブラックフランコリンの背中の羽根。
 こんなにファイバーが長いのは、
 ほんの数本しか生えていないけれど大奮発。
 このハックルを使いたいがために、
 このフライを巻いたようなもんですグハハ自己満足ばんざい・・・。
20070316114159.jpg


 この額装をご注文くださった方によると、
 なんでもフライフイッシャーなご親友の、
 ご婚礼のお祝いにされるとの由。

 そんな大切なお祝いに、
 拙フライを選んでくださって光栄の至りです。
 本当にありがとうございました。

 そしてなにより、
 ご結婚おめでとうございます。

 お顔は存じ上げませんが、
 ラブラブムードはちきれんばかりのアツアツなお部屋の片隅に、
 このフライたちを飾っていただけるかも・・・と思うと、
 シアワセのお裾分け・・・よろしくおねがいします。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.