BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ホテルニュービゼン「鳳凰の間」通信Ⅱ
 セイランのセカンダリークイルをマリッドして巻く、
 私的サーモンフライ第二弾。
20070922221023.jpg
 色を並べて積み重ねる悦楽。
 白黒ブチ模様のアムハーストフェザントのシッポのうえに、
 いろんな色に挟まれたセイランを乗せてみる。

20070922221041.jpg
 アーガスのセカンダリーを、
 こうしたマリッドウイングに使う旨味は、
 クイルの超ロングな長さもさることながら、
 ファイバー同士の喰いつき?が非常に良い。
 ので…異なる種類のクイルともがっちり合せられる。

 そしてなにより、
 フライのウイング全体に、
 重厚で独特の雰囲気が醸し出る…。
 だけでなく、
 どのようにマリッドしても、
 たいていサマになってくれる。
 のも…素晴らしいと思う。

20070922221058.jpg
 そこはかとなく、
 淡いピンクが大好きな中年て…どないやねん?

 っていうのはおいといて、
 でかくて長くて肉厚なウイングを巻き止める際にも、
 アーガスの扱いやすさは別格に思う。
 
20070922221114.jpg
 グレイピーコックの目玉羽根に、
 緑とアーガス段重ねを添えて、
 ブラックレースのヘンサドル各色で飾ってみた、
 ホールフェザーウイングの例です。

20070922221139.jpg
 ケルソンのシルバーアーディアのバリエイション。
 スロートハックルに使ったハックルは、
 ブルーイヤーフェザントのダイドとして、
 いろんな色が最近出回っていた羽根。

 これの絶妙な薄い青を見かけて、
 このフライに使ってみたくて購入した。
 
20070922221158.jpg
 ウイングの下半分を、
 ホワイトティップのターキーテールのファイバー、
 そして上半分にあたる部分は、
 アーガスのファイバーを核にして、
 各色のバスタードのファイバーを、
 一本づつバラバラにマリッドさせてみた。

         20070922221216.jpg
 
 ながいことおまたせいたしました。
 そして、
 本当にありがとうございました。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.