BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
読書とバスバグ
 フライパターン集とエッセイ&ノウハウ本、
 それぞれにタイプはちがうけど、
 充実したバスバグ本を二冊ご紹介。
 20071130174732.jpg
 カエルフライ不朽の名作、
 メッセンジャーフロッグの表紙がイカしてる、
 バスフライのパターンブック。

 入門編としてもバツグンなんだけど、
 バスの下顎つかみ過ぎで、
 いつも親指ザラザラのアナタだって、
 きっと抜けちゃうキュートな写真集。

 古今東西のアメリカ・バスフライ・タイヤーが一堂に会して、
 シリアスからジョーク、
 はたまたフォークアートからシンセティックまでの、
 自慢のバスフライがこれでもかと大集合。
 
 このまえ取り上げたトム・ニクソンの、
 奇天烈オトコ・フライズの数々も楽しい。

 んだけど、
 なんたってこの本がすばらしいのは、
 Tim Englandという、
 ほとんど詳細のわからない人物が巻いたバスバグが、
 たくさん見れるところ。

 この人のバスバグはほんとに凄い。
 世界は広いよ…ほとんど表に出てこなくても、
 とんでもない人は必ずいる。

 まずはこの本のトップを飾る、
 お嬢さんの名前を冠した、
 Tim Englandのラバーレッグなシンプル・バスバグの、
 えげつない完成度に度肝を抜かれてみよう。

 そしてもう一冊……、
20071130174811.jpg
 これもこのまえ取り上げた、
 タップス・バグの生みの親の息子さんが書いた本。

 版も小さくまとまって、
 派手ではない装丁だし、
 載ってるフライなんか…ものごっつ地味。

 なんだけど、
 想いの伝わるバスバグ本。

 英語がもっとスラスラ読めれば、
 きっと今の千倍深く楽しめるだろうな~と思いつつ、
 寝る前に布団の中でしょっちゅうページをめくる本。

 と、
 褒めちぎりながら、
 その本のうえに乗せてみた我がタップスバグ風バスバグ…、
 シンプルこそがこのフライの身上と、
 あれほど書いてあるのにも関わらず、

 こんな機関車トーマスみたいにしちゃってホントにまったくもう…。

 というわけで、
 今夜のイチビリっ子バスバグはコレで… 
20071130174839.jpg
 名前は「モッキン・バード」
 ファンシーな鳥に見える?…
 ジョイント仕様のトリ型バスバグです。

 翼はブラック・フランコリンのショルダー、
 尾羽はブラック・フランコリンのバックフェザー……、

 貴重なレア羽根…惜しげもなく縛りつけちゃってホントにまったくもう…。
 べつにこれでなくてもよかったのに……、

 これを巻いていた深夜、
 高揚しすぎて魔が差したんやろなあ……。
 20071130174710.jpg
 クチバシは、
 ターキークイルの太い芯のとこを細工。

 だいぶ前に取り上げた、
 ヴィンセント・マリナロとビル・ベネットのバッタフライ、
 ポンツーンホッパーからの応用。

 とはいえ、
 そのポンツーンホッパーの源泉を辿れば、
 ミシガン界隈の超古典バスルアーに行き着くという、
 輪廻転生?風情が今夜のオチってことで……。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.