BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
Oldies But Goodies
 071218レゲエ (3)3
 フリースタイル・ラングレイ・ストリーマーズ@ブラックレース・ウイング

071218レゲエ (2)2
 4年前?5年前?、
 ブラックレースのネックやサドルが出回りはじめたころ、
 これが作りたくて作りたくて……
 名前は「ラスタ」

 というわけで、
 いつも「ワケわかんね~」と言いつつ、
 昔のよしみでコレを見てくれている、
 ストリクトリー・ロッカーズのみなさま元気?

 もう一か月近く前の話しになるねんけど私信がわりに……、

 羽田から飛行機に乗ったはいいけど、
 「みなさま、ただいま大雪のため、空港の着陸許可が下りません。
 しばらく上空で待機しております。お急ぎのところ大変ご迷惑おかけいたしますが……」

 ってマジで?
 きのうの富士山麓周辺は、
 昼間はTシャツやってんで……すごいやんけ長いやんけ日本列島。

 んで夜、
 大事な仕事仲間とこじゃれた居酒屋行って、
 ザンギ食って刺身盛り合わせつついて貝食ってカニ雑炊。
 それから、
 いつもすっごくよくしてもらっている、
 フライフイッシングなスナックのマスターに会いに行って、
 マニアな芋焼酎かる~く飲んでウォーミングアップ。

 さらに夜も更けて、
 メチャンコ仲よくしている若者ナイスガイズ主催のレゲエ・イベントに参加。

 久々に行くクラブは、
 若い男女の人いきれでむせかえっておりました。

 ちゅうても、
 マイクでギャンギャンがなりたててるDJの横で、
 短パンの女の子が開脚前転の途中みたいなカッコで、
 太ももプルプルさせてくれても、
 もはやちょっともエッチな気分になられへんオッチャンですスイマセン。

 今夜は60年代~70年代レゲエに浸るイベント…ルーツ&カルチャーやでメディテーション。

 と、
 そんなイベントで、
 若いナイスガイDJズに混じって、
 期せずして40代がなんと3人!
 よってたかってターンテーブルにレコード乗せまくる、
 ぼくらのせいで平均年齢高いやんけ今夜。

 も~…このオッチャンらのプレイはツボ攻めすぎ…
 酸いも甘いも噛み締めて早ウン十年のキラーな選曲、
 まったくホンマにもう……、

 ドラム&ベース・ラインがお腹に響く、
 いい音とあいまって、
 全身で奥底から陶酔。
 DJブースの中で、
 レコードに合わせて思わず熱唱。

 ふと横の40代ふたりを見れば、
 やっぱり熱唱……。

 フロアはと見れば、
 暗がりの中で、
 若い子らみ~んなダンシング・ムード…揺れてる。

 Cool&Deadly
 Swing&Dine

 とっても平和で、
 いい人になれる、
 高揚した夜でした。

 ぼくのかけた一発目は……、071218レゲエ1
 ジャッキー・ミットー&ソウル・ベンダーズの「Darker Shade of Black」
 で、
 そのままなだれこむようにディープなルーツ&ダブ……。
 「みんな、アッチの世界に行っちゃえ~」って感じ。

 レコードのジャケット見て見て……、
 ジャッキー・ミットーにサイン書いてもらってんウン十年前。

 貴方のオルガンが、
 どれだけぼくの琴線に届いたか……、
 それをうまく伝えられなくてジレジレしてるぼくの手を、
 ジャッキー・ミットーがスッてにぎって、
 手の甲にチュッてしてくれて、
 「ほんとにどうもありがとう」って言ってくれて……。

 あれから、
 このレコードに何百回レコード針を落としたかわからないけど、
 いまもまだその輝きを増しつづける音楽。

 やっぱコレやな間違いないって思う。

 「ちょっと夜風に当たろうか?」って、
 主催の若者と連れだってクラブの外に出たら、
 ススキノのコンクリートジャングルが、
 もう一面真っ白…。
 シンシンと降ってた。

 「さっっぶ~~~!」
 「ビゼンさん、北海道キライにならないでくださいね」
 「なにゆうてるん、もっと好きになったがな」

 というわけで、
 めっきり冷え込む今夜のお別れはこの曲で……、
 デューク・リード発トミー・マクック&スカタライツで「ダイナマイト」
http://jp.youtube.com/watch?v=FEXY0IGwvDU
 まるで指先が転がるように鍵盤たたいてるのがジャッキー・ミットー。
 カチカチに凍った心も、
 たちまち溶かしてしまう一曲です。 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.