BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
Shoveller Duck Flies Ⅲ Britannia
 今年のフライよもやま話しは、
 ぜひこのサーモンフライで締めくくりたいと思ってた。
071230(1).jpg
 Britannia「ブリタニア」
 1800年代半ばに活躍した、
 エフェメラことエドワード・フィッツギボンのサーモンフライ。

 ブリタニアとは、
 大英帝国が栄華を極めた時代、
 大海の荒波を越えて、
 世界に進出した19世紀のなごり、
 英国気質もしくはその気概に溢れた人物を指す言葉ならしい。

 そんな看板を背負ったフライに対してエフェメラいわく、
 「水量の多い時期、大型のフライが効果的なとき、このフライを拒否できるサーモンはいないだろう……」
 と語った。

 と、
 そんな自信満々の言葉の結びがまたシャレていて、
 「大英帝国人が荒波の支配者なら、このブリタニアもまた、流れの支配者なのだ」

 ”Ruler of the waters."やて…しびれるがな。

 071230 (2)2
 「ブリタニア」のウイング材となる、
 ショベラーダックのフランクフェザー。

 エフェメラの考案した数々の奇天烈なサーモンフライを、
 いつしか「この人の感性ブッ飛んでんな~」と心酔するようになってから、
 もうずっとこの羽根を手にしたかった。

 といっても、
 エフェメラが熱くこのフライを語ったのは、
 150年以上も前の話し。
 それを真に受けて、
 実戦でどうこうということではなく、
 サーモンフライの世界を知るほどに興味の湧く先人が、
 ここまで言い切ったフライに使われた羽根って……、
 それってどんなんやねん?
 というのがまず重要だった。

 そしてショベラーダック。
 シャベルだスコップだスプーンだと、
 ファンキーな見映えのクチバシを指した名前で呼ばれる鴨。

 しかし奇しくも、
 このファニーなダックの、
 イギリスでの愛称のひとつが「ブリタニア」でもあった。

 それは、
 ここんとこは個人的憶測だけど、
 渡り鳥であるこの鴨が、
 南北米からヨーロッパにアフリカそして中東極東アジア…、
 地球ところ狭しと果敢に大海を渡っていく様を、
 大英帝国気質な精神とだぶらせていたのではないか?。

 だからこそエフェメラは、
 そんな鴨の羽根の、
 もっとも映える部分をまるごとフックにしばって、
 ボディやハックルを派手に飾ったフライに「ブリタニア」の名前をそのままつけて、
 想い入れ過多ともいえる殺し文句一発……となったのではないか?。

 愛嬌いっぱいのクチバシの鴨はまた、
 ロマンもいっぱいだった。

 ぶっちゃければ、
 似たような色柄の羽根は他にもたくさんある。
 あってもなくても全然困らない。

 んが、
 サーモンフライ黄金時代、
 キョ~レツな個性がひしめきあった時代の、
 夢のある背景がひろがっている羽根……、
 めぐり会えてとっても嬉しい。
071230 (3)3
 フランクフェザーをいじくりまくってえらんだ、
 いちばん大きくて色柄もサイコーのペアひと組は、
 いまはまだ使わない。

 なんと、
 「ブリタニア」という名前を冠したサーモンフックまであることもわかった。
 いつの日にか、
 そのプレミアム・フックを入手して、
 機が熟したときに、
 このペアの羽根を使いたいと思ってる。

 ひとつ夢をかなえて深みに潜ってみたら、
 その世界はまだまだぜんぜんもっともっと深かった。
 っていうのを理解できると楽しい。

 ちなみに、
 写真のフライのサイドに使ったジャングルコックは、
 まだ成長しきっていない若いジャングルコックのネックフェザー。
 これも、
 ありそうだけど見かけない羽根。
 
 と、
 連夜の個人的趣味炸裂マニアック路線…つきあってくれてアリガト~。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.