BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
アンニュイな夜のアカイソメ
 Return of the Striper moon.
 
 かの地でも、
 USAなバチどもが、
 潮回りのサイコーな夜……いっせいに抜けるらしい。 
 アメリカンなバチ抜け。

 それを貪りボイルするシマスズキ。

 えげつないらしい……。

080411 (2)2
 と、
 そんな一大イベントで、
 こんなフライを使って大真面目に釣っている連中がいるらしい。

 ヘアウイングのサーモンフライ。

 これがゴカイのフライとして、
 ものすごく効くかどうか……っていうのは置いといて……、

 キラーなアトランティック・サーモンフライの「ラスティ・ラット」を、
 ゴカイやイソメのフライとして使って、
 まんまとストライパーを釣る楽しさや痛快さを、
 モダンで化繊な最先端ソルトウォーター・フライズには目もくれず、
 「ワシ、こんなフライが大好きやねん……」
 という個人の嗜好最優先で熱く深く語っているのを読んで、
 なんだかひさびさに心の奥深いところがジュンッとなった。

 バカだな~って思って……。

 そんな人たちとお会いするのが、
 もうメチャメチャメチャメチャメチャ楽しみな今日このごろです。

 もういっちょ、
080411 (3)3
 コック・デ・レオンのオレンジ染めネックをテールウイングにして、
 そのまわりをホワイティング・スペイネックとポーラーベアーでくるんだ、
 バチ抜けデシーバー……略してバチーバーです。

0804111.jpg
 ヘッド周りは、
 なんとな~くバチの口吻って感じで、
 とにかく小さくポチッとまとめてみました。

 次はチークにジャングルコックつけたろ……。
 もちろんゴカイのフライなんやけど。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.