BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
DeerHair Works
 3コマドキュメント
  巻いて縛って刈って貼った・・・晩春の、とある三日間の全記録。

 バスバグの注文をいただいたので、がんばる。
 必殺バスバグまとめ巻き、かますで~~。
    20060806153810.jpg

 テールウイングにブラックレースのヘンネックを使う。
 ハックルの黒い縁取りがポップでオシャレなのが好き。
 ハックル・ストークの自然な湾曲の具合と絶妙な張りも好き。
 バスバグのテールウイングに使うと、カーブしながら左右に開いた理想のカタチになる。

 とりあえず、テールウイングが完成・・・
 したので一服。

 近所の川に、ちょっとだけのつもりで釣りに行く。
 しっかし今年の近所の川はどこもかしこも、ほんとに調子が悪い。
 いつもならこの時期、どでかいアマゴのライズに一喜一憂の日々なのに・・・
 この春はまったくといっていいほど、いいサカナに出会えない。

 のだが!
 本日の夕方、ようやくまともなライズに遭遇!
 シマトビケラのスパークルピューパ風フローティング仕様、いけてるぜ!

 ひさびさスッゲ~興奮して、
 連れに電話して、
 ご飯食べて、
 風呂入って、
 タイイング机の上に広がってるバスバグの材料どかして、
 スパークルピューパだのなんだの、トビケラのサナギたくさん巻いて、
 ぐっすり寝た。

 朝遅く起きて、いつもの自己嫌悪。
 バスバグは一気に巻かないと、たるくなってズルズルいっちゃうのだ。
 
 ヤバイな~と思いつつ、でも川へ・・・・
 しかし、一日中河原を歩き回ってなにもなかった。
 という、ありがちなパターンで日が暮れる。
  
 明日こそ必死でバスバグ巻く! 
        ↓
        ↓
   20060806153833.jpg

 いろんな色のディアヘアーを、フレアさせまくる。
 BGMの音量はでかめ、
 テンションは高め、
 釣りのお誘いお断り・・・の予定・・・かも?

 バスバグのキモは、なんたってディアヘアーをギチギチに詰めてフレアさせたボディ。
 それがよりよい浮力と音、そして動きの元となる。

 ぼくにとって理想のヘアパッカーは、今も自分の親指と人差し指の爪先。
 それもディアヘアーをフレアさせて、フックシャンクを爪先でつまんで圧縮しているうちに、人差し指の爪が削れてフックシャンクの形にえぐれてきた状態が最強。
 この爪でディアヘアーを巻き込んだスレッドごと、ギューッと圧縮。
 そのまま爪先をあてがっておいて、そこにスレッドを滑り込ませるようにしながらディアヘアーの根元ギリギリに巻いてガッチリ止める。
 この方法が、今のところ一番いいと思う。
 
 朝からやって、夕方ようやくすべてのバスバグのフレア作業が終わった。

 で、次はフレアさせたディアヘアーの刈り込みなんだけど、
 
 ・・・どうにも辛抱できなくて、
 玄関でウェーダー履いて・・・行っちゃいました。
 ぜんぜんアカンかってんけど。
         ↓
         ↓
 翌日の朝から、
 ディアヘアーの固まりを刈る、刈る、そしてまた刈る、
 一心不乱にザクザク刈る・・・・
 とっておきのトミーさんのシザースで、ディアヘアーをザクッと刈り込む。

 しかしアレやね、モノフィラのウィードガード考えた人は天才。
 こんなカンタンな方法で、こんな働き者のウィードガードが出来るなんて素晴らしい。

 夕方、ようやく刈り込み完了、
 次は貼り付けとコーティング作業、
 目ん玉を埋め込む土台を刈り込んで、
 そこにシルネットつけて目ん玉貼り付けて、
 腹やら顔をコーティングして、
 最後に仕上げのハサミ入れて、

     フウ・・・・
       ↓
       ↓ 
     20060806153856.jpg

      完成~!

 バスバグの場合は、ぼくの技量では三日かかってこれだけ巻くのが、もういっぱいいっぱい。
 切ないところです。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.