BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
残暑だ孔雀だ底光り祭り ウエットフライ編
080821 (2)2
 ピーコックボディのスタンダードウエットフライ定番のひとつ「ガバナー」。

 の、
 私家版バリエイション。

 ボディ後端の赤のシルクスレッドは、
 マーカーで着色したスレッドで代用、
 それをバットというよりもタグ状に、
 みじかくこじんまりまとめてみた。

 そのさきっちょに、
 金印がほんとにチラッとのぞいている。
 パッと見はわからないくらい。
 しかし、
 晴れた日の水中では、
 意外なほど印象的に映るアクセント。

 ウイング→ヘン・モナルフェザント…ニジキジの雌のセカンダリー・クイル。

 ハックル→茶色染めブラックレースのヘンネックひと巻き。

 ピーコックのボディは、
 シャンクに巻きつけるというより、
 ダビングに近い作業で巻いてある。

 ので、
 少ない本数でほど良いバルキーボディ、
 そしてほつれにくい。

 でも、
 こういうのはオリジナルとは言わないよ……、
 バリエイションもしくは私家版アレンジってところ。
 この感覚をはき違えると……なんか軽いし野暮だな~って感じがするねんな。

080821 (1)1
 「ガバナー」私家版バリエイションもいっちょ。

 昨夜取り上げた、
 コック・デ・レオンのルースターとダン色ヘンのセカンダリー・クイルを使ったスタイル。

 左の男の子は、
 オリジナル指定の赤バットに、
 マジェンタ染めのレオン・ヘンネックのハックルまるっと全開巻き。

 右の灰色熟女は、
 ターコイズ・ブルーのバットに、
 淡いダンがかったレオンのヘンネックぱらっと全開巻き。

 これらのレオンのクイル材は、
 「これ、アイツにプレゼントしといてくれない?」
 との博士のご好意で、
 チキラーの灼熱のニワトリ男が、
 「あのさ、この羽根どう思う?」の打診も添えて、
 ことずかってきてくれたもの。

 あ、
 チキラーっていうのは、
 文字通りニワトリ羽根・ラブな人々ってことね……。

 というのはおいといて、 

 これらの羽根が我が家に来たのはちょっとまえ、
 いや、
 だいぶまえの話しになるねんけど……、

 チンタラチンタラこんなのとか巻きながら、
 アッチコッチでことあるごとに投げながら……、
 さんざん遊んで五つ星認定してから……、

 「アレええわ~、ええよ~、めちゃおもろい!
 だ・か・ら~…お・ね・が・い・ね……博士にもくれぐれも言っといてね」

 囁いときました。 
 …ハートマークばりっと全開丸投げで…なので期待しときましょうね。

 
 というわけで、
 今夜の孔雀とレオンな気分でお別れのフライは……、

080821 (3)3
 シルク地に、
 ピーコックの段巻きボディがオシャレな「ハーディズ・フェイバリット」

 の、
 私家版アレンジを5態。

 上から順に、
 スインフォウ・フェザント雄のウイングに、
 赤シルクもじゃ巻き毛羽立ち仕様。

 その下が、
 ターキーの赤グース・ファイバー1本入れウイングに、
 スカイブルーのボディ。

 そして、
 レオンのオス、
 メス、
 灰色メス、
 の各セカンダリー・クイルのウイング。

 フックはTMC760SPの10番~12番。
 
 左側においた孔雀の濃緑ヒマワリ、
 フライの大きさとくらべてみて……かいらしいやろ?。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.