BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
Himarayan Gitana
080829 (1)1
 この写真を撮ってから、
 しばらくフライを眺めて、
 エイッとヘッドのところにカッターナイフの刃を当てた。

 爪先で、
 ささくれたヘッドからスレッドを引っぱり出して、
 それをそのままビ~ッとひっぱると、
 まずはチークやサイドに使った、
 マグニフィセント・リッフルバードや、
 ヴァリチェリナ・ギニア、
 グレイピーコック・フェザントの羽根が次々にポロポロッと外れていく……、

 ボディのシルクの残骸は忍びないけれど……、

 高価なプレミアムフック、
 貴重なレア羽根……、
 トッピングもテールも、
 こんなにキレイでリッチなのはなかなか見つからない。

 このフライに使った大小の羽根、
 どれもこれも、
 一枚たりとも無駄にはできない。

 だから、

 ……ココんところをこう巻けばよかったなあ……、
 ……やっぱアッチの羽根使うべきだったなあ……、

 などと、
 眺めるたびに、
 改善の余地と反省点が膨らんでくる……そんなフライは、
 機が熟したときに思い切って解体する。
 
 そんなときは、
 こうなんていうか……気持ちと指先が、
 こうしたレア羽根のムードでギンギンに高まっているとき。 

 というわけで、
 このフライを解体して、
 その羽根の一部をつかって……、
080829 (2)2
 紫がかった濃厚な青、
 玉虫色の濃緑、
 まさしく銅色、
 に輝くニジキジの羽根三種そろいぶみ。

080829 (3)3
 ヘッドのオーストリッチも、
 さっきのフライのバット部分に使っていたもの。

 なんでか誰も話題にしないけど、
 ほんとに真っ黒で、
 濃密な毛羽立ちのオーストリッチって、
 ここんとこ見つけたことがない。
 
 080829 (4)4
 フルフェザーウイングの花道、
 Major Traherneの代表作のひとつ「Gitana」のフォルムを土台にして、
 ヒマラヤの宝石ニジキジの羽根を縛りまくった私的ヴァリエイション。

 光のあたる角度によって、
 ムラサキからブルーに変化しながら、
 妖艶に輝くニジキジの肩羽根をメインウイングに据えて、
 グレイピーコック・フェザントの目玉模様をチラッと覗かせてから、
 とどめにゴールデン・フェザントのティペットを5枚!
 これでもかと縛りつけてある。
 
 ストーク部分の暴れん坊ぶりでは、
 反抗期まっただ中で定評のあるティペット・フェザー。
 ちょっとやそっとでは言うことをきいてくれない……、

 まさに、
 一日一枚くくりつけるのがようやっと……、
 イラッと挫けそうな気持ちと、
 なにがなんでも……の狭間で格闘した五日間。

 それにしても、
 タラハーンのフルフェザーウイングのサーモンフライは、
 どれもこれも、
 どうしてこんなにも非現実的作業を要求するのか?……。

 しかし、
 そんなフライたちに共通する、
 その過度な華美を目指した独特のスタイルと雰囲気は、
 ニジキジの妖艶な輝きに、
 なんともいえず調和しているように思えてならない。

 また気分が高まったら、
 タラハーンフライズmeetsニジキジ……挑戦したいです。

 この自己満足作文を綴りながら、
 目の前に置いてあるこのフライをそっと摘まんでみる……。

 蛍光灯の光を、
 さまざまな角度に当てながら、
 ニジキジの羽根の輝きが刻々変化する様子を、
 飽きるのを忘れて眺めていると、
 胸にあふれる蜜の味は、
 いつもどこか切なくさえある。

 もうこの羽根と一緒に、
 どこまでも堕ちていきたい……なんて……、

 ぼく、
 あぶないでしょうか?。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.