BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ブラック・フランコリン・コンプリートスキン販売のお知らせとご案内
 完売御礼!
 売り切れです。
 本当にありがとうございました。
 またなにか、自分が「コレいい!」って思える素材を発掘できたら、
 アレコレの作例フライ盛りだくさんとともにご紹介させてください。
                              備前 貢

080919 (1)1
 と、
 いうわけで、
 魅惑のソフトハックル「ブラック・フランコリン」、

 アナタの必殺ウエットフライのスロートハックルを、
 エレガントに、
 そしてまた艶やかに飾ってくれる、
 白黒ゼブラの「ブラック・フランコリン」、

 そんな「ブラック・フランコリン」のコンプリート・スキン販売のお知らせです。

 で、
 そのグレードは、
 ぼくの私的判断で”B”グレード。

 ウイングや両サイド、
 それと尾羽根の付け根付近、
 それらの羽根の量、質、大きさなどがやや貧弱。

 が、
 これまで紹介してきた「ブラック・フランコリン」最大の旨味となる、
 肝心のスロートハックルに使う白黒ハックルの背中の羽根は、
 色調の鮮やかさやメリハリ、
 そして生えている量ともに、
 この部分の羽根に関しては、
 「これなら……」と思える太鼓判クオリティです。

 そんなわけで、
 価格は¥16,000也。
 即納品可能です。

 ご検討よろしくおねがいいたします。

080919 (3)3

080919 (4)4
 濡れる前と、
 さんざん流れを漂ったあとの比較写真。

 このハックルの、
 フワッとソフトな質感が伝わりますでしょうか?。

 白黒模様のウエットフライ向けハックルはほかにも多々ありますが、
 我々が常用している、
 中小型サイズのウエットフライにピタッとハマる絶妙サイズで、
 ここまでフンワリ柔らかなソフトハックルは……。

 080919 (5)5
 サイズ8番の「マー・ロッジ」風簡略化実釣用小型サーモンフライ。

 ぶっちゃけ、
 なくてもさほど困らないアンユージュアルなレア素材。

 が、
 美しい羽根に浸る蜜の味と、
 無限に広がる創造のよろこびが、
 とめどなくひろがる「ブラック・フランコリン」。

 とても希少で、
 すごく貴重な鳥なのです。

 と、
 宣伝文句を並べてばかりもナニなので、
 このハックルにうってつけのスタンダード・ウエットフライお役立ち情報なども添えて……、
080919 (2)2
 サイズ8番の「ジョック」。
 ウイングの先端部分が揃ってないところにご注目を……。

 このウイング素材となる「ホワイトティップ・ブルーマラード」、
 このクイルウイング材の扱いにくさ、
 先端シロの模様の部分がほとんどない、
 などなど、
 キレイだけど泣き所の多いクイルウイング材。

 で、
 先端部分の模様が両クイルでどうしても揃わない……、
 ってことも往々にしてあるわけだけど……、

 そんなとき、
 ぼくならウイング先端の不揃いは無視して、
 白と黒の境界線をピタッとそろえてウイングに巻きとめてます。

 こうしておくと、
 しばらくフライを使っていて、
 ウイングがひしゃげたときに、
 このフライの大きな特徴となる、
 白黒コントラストのウイング模様が乱れることなく、
 とっても自然でイイ感じになるという、
 「ウエットフライのウイングは、さんざん使ってグシャッとなってからが本領発揮」
 と思っているワタシの「ごまかしテク」のひとつです。

 ウイング材の先端部分がそろわないからと捨ててしまうのは、
 あまりにもったいないウイング素材。

 こんな感じで、
 羽根はあますところなく使う……、
 そのためにアレコレやってみる……のが当社の方針です。

 それでは、
 「ブラック・フランコリン」ふるってご応募なにとぞなにとぞよろしくおねがいいたします。

 が、
 超希少種だけに、
 現在の在庫もそんなにあるわけではありません。
 売るほどあるけど、
 メチャ数量限定です。

 当然、
 これがなくなったら、
 今後の予定はいっさいありませんのでご了承ください。

 というわけで、
 長ったらしく回りくどすぎる販売告知でした。


 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.