BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
Happy Merry Christmas
081224 (1)1
 みなさま~、
 メリークリスマス!

 今夜は誰とお過ごしですか?……。

 それとも、
 いつものようにタイイング?……。

 どっちでもいいよね、
 聖夜を慈しむ気持ちが大切……ってことやんね。

 というわけで、
 今年のクリスマス記念のフライはジャカジャンッ!、
 クリスマス・ツリーを模したフライでせまってみるぜベイベー。

 もう果てしなく夢見るファンシー・クリスマス色ではあるけれど、
 フリーファイバーのミックスウイング伝統手法で巻いた、
 フルドレッシング仕様のフライだぜハニー。

 ふざけるからには、
 徹底的にチョーまじめにやるんだぜダーリン。
081224 (2)2
 グリーン・パロットのウイングカバーのファイバーを、
 ボディ・ハックルに巻いて、
 それをモミの木に見立ててある。

 そしてそこに、
 ホワイティングの「ファー・ハックル」の白と赤をヴェイリング。

 硬くてピンピンしたグリーン・パロットのファイバーに絡まる、
 「ファー・ハックル」の真っ白なフワフワ羽根……、

 ほら、
 クリスマス・ツリーの根元とか幹のところに、
 むかし脱脂綿とか絡ませて、
 雪が積もってるような感じにしたりしたじゃん。
 あの感じをフライのボディに演出してみた……。

081224 (3)3
 ヘッドのところは、
 オストリッチを巻いたクラシックなアイリッシュ・スタイル。

 そしてそこから、
 ありったけのファンシー・カラーのダイド・バスタードをつかったウイングが、
 のびのび縦横無尽にひろがっていると……。
 モミの木に結びつけた、
 色紙で作ったお飾りですな。

 ちなみに銀紙のお飾りは、
 チークのモナルフェザントと、
 ウイングに忍ばせたピーコックの輝く玉虫色。

 さらにウイングは、
 コーリー・バスタードのマダラ模様を強調させて、
 粉雪が舞い落ちる様を暗示させたホワイト・クリスマス仕様だぜ。
 
 そんなわけで、
 このフライで模したクリスマス・ツリーは、
 イブの夜、
 色紙を切ったり貼ったり、
 脱脂綿をほぐしてツリーに絡ませたりして、
 家族みんなでワイワイ言いながらこしらえた……、
 つつましく、
 しかし気持ちと心がかよっている、
 手作りクリスマス・ツリーというわけ。

 イチゴのショートケーキの甘さがほろ苦いぜ。

081224 (4)4
 そしてここからは、
 これを読んでくれているラスタなおともだちに私信を……。

 今年のぼくのレゲエ・クリスマス・チューンは、
 なんといっても写真のアルバムに収録されている、
 バーリントン・リーヴァイの「I Saw Mommy Kiss A Dreadlocks」

 1952年トミー・コナーの名曲「ママがサンタにキスをした」の替え歌やね。

 もうかれこれたっぷり20年以上、
 毎年この時期に聴いてるけど、
 またあらためて琴線に沁みた。

 ”イブの夜、I-Shenの木のしたで、ママとドレッドのサンタがキスしていたよ、
 聖夜のゲットーはドレッドロックス・タイム……”

 赤黄緑の衣装に身を包んだサンタは、
 ボクの枕もとに置いた靴下になにを忍ばせたのか?、

 そして、
 救いを求めるゲットーのすべてのサファラーたちに、
 父なるジャーからの贈り物はなんだったのか?、

 若きバーリントン・リーヴァイが、
 まだまだ初々しいカナリア・ヴォイスで、
 切々と歌いあげるセンチメンタル・チューン……胸キュンやで。 

 みなさま、
 良いクリスマス・イブを……。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.