BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
Giant Wetflies for Japanese Great Caddis
090402(1)1.jpg
 もう10年ちかくまえ、
 北海道ではじめてタイイングデモに呼んでいただいたとき……、

 「どんなの巻いたら、来てくださった方によろこんでいただけるでしょうか?」

 「北海道の皆さんは、とにかくヒゲナガがだ~い好きですから~」
 
 サッポロの老舗釣具店の若女将(…当時は…)、
 間を置かずに即答。

 いまでもヒゲナガ巻くときは、
 それ思い出してププッと笑うねんな~。

 本州の夢見る本流徘徊野郎のみんなだって、
 ヒゲナガだ~い好きだよね!。

 ヒゲナガに国境はありません。

090402(4)4.jpg
 ヒゲナガアダルト・ウエットフライ・トラディショナル"Great Sedge Variation"

 Hook : TMC760SP #4
 Body hackle : Whiting Silky Hen Grizzly
 Throat hackle : Black Flancolin Back Feather
 Wing : Speckled Pheasant

090402(2)2.jpg
 ヒゲナガピューパ・ウエットフライ・トラディショナル"Peacock Queen Variation"

 Hook : TMC104SP #6
 Body : Special Blended Sealsfur Tri-colour Style
 Throathackle : Hen Golden Pheasant Neck Feather
 Wing : Hen Monal Pheasant Secandary Quill

090402(3)3.jpg
 ヒゲナガピューパ・ウエットフライ・トラディショナルⅡ

 Hook : TMC760SP #4
 Wing : Male Eurasian Bittern Secandary Quill

 いまや、
 ウエットフライの羽根素材の選択の幅は、
 もうとんでもなくひろい。

 オリジナルにこだわるのはとても尊いこと……。

 そしてまた、
 大人の着せ替え人形あそび気分で、
 想像力を羽ばたかせるのも自由、
 そしてそれはこの分野の醍醐味のひとつ……とも思ってます。

 かしこ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.