BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
速報! 秋の新物CDC大収穫祭のお知らせ
 まさにとれとれピチピチ!、
 収穫ほやほやの「CDC」が、
 ドドーンッと我が家にやって来ました!。

 そこで、
 そんなハーベストな秋の恵み「特選CDC」販売の緊急告知です。

 現時点では、
 1、ピュア・ホワイト純白
 2、スモーキーな淡いダンのライトダン、
 3、濃厚な暗色ダンのダークダン、
 4、そして濃淡グラデーションにときめく話題のスポッテッドダン、

 すべて在庫あります。
 とくに、
 前回は品切れが多くてご迷惑をおかけしたスポッテッド・ダンも、
 今回も色つや模様もバリバリのが入荷してますたまらん色合い。

 各色ひとパック\1,200です。
 送料は無料。

 そしてもちろん!、
 前回同様にまとめて3パック以上ご購入の方には、
 もれなくチョコッとしたオマケつき。

 こちらのアドレス bsfly@msd.ncv.ne.jp  にご連絡いただければ、
 すぐさま発送させていただきます。

 なにとぞよろしくおねがいいたします。

 というわけで、
 ただ商品を右から左に売るだけじゃちょっとさびしい……、
 CDCなタイイング気分をめいっぱい詰め込んで販売したいデキタラソレデモウケタイ。

 今回も、
 またもや怒涛のCDC販売促進目的てんこ盛りで、
 ド~ンといってみるで~。

 まずは、
091003(1)1.jpg
 前回CDCを販売したときの入荷分の、
 白とダンのだんだら模様が鮮明なスポッテッド・ダンを束にしてアンダーウイングに巻きとめた、
 ヒゲナガ風なんだけどユニバーサルな大型カディス風TMC100SP-BLの8番。

 毛羽立たせたヘアーズイヤーにゴールドワイヤーをリビングしたボディと、
 グレイスクイレルのボディ・ファーのヘッド、
 まるで、
 ファジーなモジャモジャ・ニンフに、
 CDCとコック・デ・レオンのウイングをとりつけたような体裁。

 こんなのをつかって、
091003(2)2.jpg
 バンク際の奥の奥の倒木のしたなんかで、
 なんやかんやの虫が落ちてくるのを待ち構えている、
 こ~んなマスを堪能しまくった初夏。

 そして、

 日を増すごとに秋の気配が濃厚になってきたいまは、
 今回届いたばかりのCDCのライトダンやダークダンをつかって、
 たとえばこんなのを巻いてます…TMC102Yの15番。
 091003(3)3.jpg
 夕暮れまえ、
 ピタリと風がとまったひととき、
 水面のうえギリギリを群飛しているアオヒゲナガトビケラの落ちこぼれスペントを、
 べた凪の水面でカポーンとついばみながらクルージングしているマスを狙うのは、
 なかなかにスリリング。
091003(4)4.jpg
 サカナがどのへんに浮いてくるのか予測が立たない、
 神出鬼没なライズとすばやいクルージング……、

 モグラたたき状態で、
 あっちこっちに投げまくる釣り。

 読みが当たってゴボッとなったときのカイカンたまりまへん。

091003(5)5.jpg
 そんな、
 めまぐるしくピックアップをくりかえす釣りでは、
 この特選CDCのはっ水性の高さ、
 もしくは水切れの良さ、
 そんなこんなの旨味を痛感いたします。

 ベチャッと濡れてしまっても、
 フォルスキャストほんの数回で浮力が復活してくれると、
 この気ぜわしい釣りではほんとに助かります。

 写真のように濡れそぼったフライも、
 ピッピッと水を切るように強めのフォルスキャスト……、

 スペント系などの水面にベタッと浮くタイプはとくに、
 こんな感じになってからが本領発揮……、
 と、
 そんなビミョウな状態を長く維持できるのがイイねんな~。
 
091003(6)6.jpg
 もちろん、
 より良好な浮力を得るために、
 フライ自体にもひと手間。

 赤いシルクフロスの束を、
 みじかめのテールにした、
 「レッドタグ」風のフライ…TMC102Yの15番。

 見方によっては、
 手抜きして巻いた「CDCウイングのライツロイヤル」風。

 CDCとハックルの処理にご注目を……。
 クリップル・ダンのように、
 ヘッドのところにCDCの束をチョロッと切り残してあるのわかりますか?。

 ここがミソ。

 こうしておくと、
 浮力の持続にも、
 良好な水面での姿勢にも、
 おおきく貢献してくれます。

 それに、
 外観もなんとな~く虫っぽさがアップって感じ。

091003(7)7.jpg
 ターコイズ・ブルーのシルクフロスのテールのやつも、
 実績度数高めです。

 アオヒゲナガトビケラやオドリバエなどの水面群飛系や、
 なんやかんやの小さな陸生昆虫全般にお試しあれ。




 と、
 そんな感じでCDC性能テスト?も存分にやりまくり済みです。
 むしろ来る日も来る日もテストばっかしてるやないか……、
 って感じの太鼓判CDCです。

091003(8)8.jpg
091003(9)9.jpg
091003(10)10.jpg
 で、
 気になる今回入荷分のクオリティは、
 パックから出した瞬間、
 「うわ~、フッカフカやんかコレ……」
 もうニンマリしちゃう濃密ビンビンの繊毛っぷり。

 ひかえめな表現で、
 自信満々でおすすめプレミアム・グレードです太鼓判…なんて言ってみたりとかして…。

091003(11)11.jpg
 そこで、
 今回の「秋のCDC大収穫祭」の販売促進マスコット、
 キャンギャル(キャンペン・ガール)ならぬキャンフラ(キャンペン・フライ)は、
 このカゲロウ・フライたち……。

091003(12)12.jpg

091003(13)13.jpg

091003(14)14.jpg
 私家版簡易エクステンデッド・ボディ仕様のCDCダン・ゴージャス系。


091003(15)15.jpg
 ここで、
 唐突にユスリカCDCイマージャーTMC508の32番。

 スポッテッド・ダンのファイバーをつかってます。

 この色の濃淡グラデーションを利用して、
 ナチュラルな質感なのに、
 淡色の部分が活きてぶっちぎりによく見える、
 視認性バツグンのマイクロ・パターンを……。

 さらに、
 視認性確保の目的で、
 わざと数本切り残してあるCDCのファイバーの、
 これぞCDCって感じのフリューのフサフサ加減と、
 CDCらしからぬ鮮明なグラデーション具合を見たって~~~。

 ムッヒョ~~~ッて感じでしょ?。

091003(16)16.jpg
 ロングシャンク・ドライフックの名作TMC905BLの4番に、
 エクステンデッド・ボディ仕様で巻いた、
 マグナム・サイズのスペント・カワゲラ・アダルト。

 片側づつ、
 ライト・ダンのCDCをまるごと3枚スペント状にとりつけてある。

 このテの、
 「羽根まるごと束ねて取りつけましたスタイル」だと、
 乾いた状態ではボカッと浮いてくれるけれど、
 濡れてから乾かす浮力復活処理がジレッたい。

 が、
 大物キラーのみんな~、
 まあ使ってみて……ハリのあるファイバーの復活の早さに感動しちゃうよ。

091003(17)17.jpg
 と、
 巻く作業のまえにフックをつまむとこからジレッたい極小ホコリ・サイズから、
 CDCがどんどんなくなるビッグ・マグナムまで、
 
 使い勝手も見た目も大満足の、
 特選CDCの販売告知でございました。

 それと、
 前回もご購入してくださった方、
 お手間おかけいたしますが、
 ご注文の際にその旨を知らせていただけますでしょうか……。

 前回とはまたちがうオマケを送らせてください。

 また、
 今回の販売告知で活躍してもらったカゲロウやカワゲラのキャンフラたちは、
 \10,000以上の御注文の方にどれかイッピキづつプレゼントです。
 もちろんそれ以外にオマケも付いてます。
 ただし、
 キャンフラは数に限りがあるので、
 なくなったらおしまいです。

 とはいっても、
 そのときはまたなにかオモシロ特典やりたいと思っております。

 それでは、
 ご連絡お待ちしております。

 よろしくおねがいいたします。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.