BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
Gold Ribbed Hare's Ear
091225(2)2.jpg
 ゴールド・リブド・ヘアーズイヤーをチューニングしまくってみる。

 Tied on TMC947BL#10…そこそこのサイズやね。
 もちのろんヘビーウエイテッド…シャンクのはしからはしまでリードワイヤびっちり。
 なんだけど、
 ボディのテーパーはすっきりスムーズで……。

 横から見ると、
 ポコッと盛りあがったウイングケースが印象的。

 ……ああ~もう脱皮しそう秒読み段階……
 アタイのウイングケースが割れちゃう~……って感じの作為は、
 このテのニンフのリアリティの要の部分。

091225(3)3.jpg
 ボディのガードヘアーが、
 ボディハックルみたい。

 ボサボサ~ッて毛羽立ちではなく、
 ガードヘアーがピンピン立ってる感じ。

091225(1)1.jpg
 フックシャンク下側。
 ピンピンのガードヘアーのすき間から、
 金色にかがやく下地が見え隠れ…、

 …というボディ部分を、
 長めにファー・ハックリングしたレッグが、
 さらにフワワ~ンとなびき包み込むような……。

 なんちゅうかこう、
 「寝乱れはだけた柔肌チラ見せ系艶姿脱皮寸前プレ・イマージャー型ゴールド・リブド・ヘアーズイヤーかなり重め」
 って感じ。

 ちなみに、
 ウイングケースの小細工以外は、
 この「カジュアルドレス」と、
 ほとんど同じ方法で巻いてある。
091225(4)4.jpg
 で、
 そんな「カジュアルドレス」のヴァリエイション2例。

 うえのロングなのは、
 「オッター」つまりカワウソのファーをつかった、
 ヘビトンボ・サイズの2番。

 したのは、
 そのオッターにシールズファー各色混合でケバケバ・ボディ、
 に、
 グレイスクイレルのシッポの毛を長めハックリング。
 獣毛をハックルにしたソフトハックルってわけです。
 ヒゲナガ・ピューパ・サイズの6番フック(ただしボディはやや寸詰まり)。

 やはり、
 両方ともヘビーウエイテッド仕様。 

 ニンフ用のボックス、
 ズシッと重いです。 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.