BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
Rhode Island Red Hackle
 Dreader than Dread、
 Redder Than Rhode Island red、
 Dis yah one heavier than lead.
Dr Alimantado - Best Dressed Chicken In Town

100303(8)8.jpg
 ああアップセッターズ……。

 一糸乱れない完璧ではなく、
 混沌のなかの完璧。

100303(1)1.jpg
  
 
100303(2)2.jpg
 ロードアイランド・レッドのハックルストーク・ボディ。
 古典ともいえる素材のなかで、
 いまもなお世界中に愛好家がいるボディ素材。

 より良さ……を求めて、
 いろんなことを考えたり試したりしたし、
 これからもするけど、
 けっきょく、
 かつての出発点こそがゴールでもあったのか……、

 年月と経験と蓄積を経てこそ、
 より実感として感じるこのリアリティ……この胴体……虫やんコレ。

 という、
 現在マッチ・ザハッチなムードに通じる、
 虫ゴコロのときめきもある。
 また、
 そのいっぽう、
 単純に美しいフライという見方で、
 キレイだな~と感じさせるものがある。

 天然素材の魔法ですね。



 ロードアイランド・レッドのハックルストークでひと巻き入魂……。
100303(3)3.jpg
 ホートン・ルビー #14

100303(4)4.jpg

 Stranger Cole & Gladstone Andersdon - Conqueror
 さいしょの曲もこの曲も、
 どちらもリー・ペリーのプロデュース。
 それぞれ73年~74年のリリース。
 ほぼ同じころ。

 すごいね……。

 ヴァージョンも格別です。
 関連動画にあるよ。

 





100303(6)6.jpg
 ヴァリアント #12

100303(5)5.jpg
 ハックルは、
 ホワイティング「Red-X」のクリーと、
 コリンズのバードジンジャーの混色。

 ここのところ、
 このように「長くて太くて艶っぽいハックル・ファイバー」が、
 ケープの両脇から数本だけどとれるものが増えてきた感じ?。

 たいへんにウエルカムな傾向うれしいです。


100303(7)7.jpg

 The Righteous Flames - One Love One Heart
 ウインストン・ジャレットの朴訥した実直な歌声と、
 いなたいアップセッターズ・サウンドの妙…ええねえ…ホンマ沁みるわ。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.