BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
草いきれ 水いきれ
Halfway To Paradise  

100602(1)1.jpg
 「さぬき富士」

 はじめて見たとき、
 ちょっと笑った。
 かわいいから。

 「そのまんまニッポン昔話の山やんけ」

 クルマを運転するやまひろくんと、
 ほとんどハモるように互いにそう言って、
 また笑った。

 「讃岐うどん」の聖地が誇るお山の麓、
 香川県内に点在する、
 そのかず数千ともいわれる「ため池」群のいくつかを巡る小旅行。

 高知の「ほのぼの浦戸湾クルー」の全面協力、
 それに案内してくださったハマさんの、
 「もうぜんぶおまかせでおねがいしたいです」安心気分になる鉄壁のガイドがあって、
 実現することができたこの旅。

 ほんとにまったくもう、
 こゆくておもろいココロやさしい釣りバカばっか。
 ほんとボク超ラッキー。
 
 めぐまれすぎちゃう?。
 スーパーウルトラ大感謝です。
 ほんとにほんとになにからなにまでメッッチャありがとう。
 

100602(2)2.jpg

 デジャヴ?、

 はじめて訪れた土地なのに、
 どこか懐かしく、
 すこし胸キュン、
 やさしく目に馴染む山里と田園の風景……。
 
 そんな場所で、
 「男の子」にタイムスリップ、
 一泊二日のちっちゃな冒険旅です。

100602(3)3.jpg

100602(4)4.jpg

100602(5)5.jpg
 やまひろくんすっかりご満悦。




100602(9)9.jpg

 「ため池」から「ため池」へと巡り歩く車中にて、
 晴れわたっている空から小雨が。
 パラパラッと水滴がフロントガラスを叩いた。

 「あ、キツネの嫁入りだ」

 誰の反応も期待しないで、
 ひとり言のようにそう言ったら、
 キャプテンもハマさんも、
 「おお~、なつかしい言葉。キツネの嫁入りって、いい言葉だねえ」
 と言った。

 わかってもらえて、
 共感してもらえるのって、
 すごいうれしい。

 「うわ~、この雨、水のにおいがするね。ひさしぶりだなあ、この感じ」
 唐突にハマさんがそう言った。

 水のにおい?……。

 きたる夏に備えて、
 梅雨の訪れを感じさせる水のにおい。
 田んぼの土や泥の日向のにおい、
 勢いを増して茂りはじめた夏草のツンとした草いきれ、
 湿り気を帯びた大気のムッとするぬくもり……。

 わかるなあ、
 すっごくわかるよハマさん、
 その表現絶妙っす……。

 野山と水辺こそが「人生の学びの場」だった男の子たちは、
 み~んなこのにおいに思い出あるよね。

 「オレタチの季節がまたやって来たぜ!」
 いてもたってもいられなくなったんだよね。


100602(6)6.jpg
 古い「ため池」のほとりには、
 たいてい神社があり、
 それぞれに味わいのある鳥居がたっていた。

 この地では、
 人の暮らしと「ため池」が、
 とても密接につながっていることを物語っているようだ。

 印象にのこる「人里の水辺の風景」を、
 たくさん眺めてホノボノ堪能してきました。

100602(7)7.jpg

 「ため池」に釣り糸を投げ込んでいると、
 目的のサカナだけではなく、
 たくさんのいろんな生き物が目の前を行き交う。

 気持ちが弾む。
 イタズラ心ムンムン。

 コンクリートで護岸された「ため池」の足もとを覗き込むと、
 岸際の浮草の切れ目に、
 どでかいウシガエルの顔がのぞいていた。

 「おお~、でっけ~。アレも釣っちゃおっと」

 ウシガエルの目の前に、
 すかさずルアーを投げ込もうとすると、
 やまひろくんがえらい逃げ腰になって、

 「ビゼンさん、やめて。釣るんならボクあっちに行ってるから……」

 たじたじになって、
 後ずさりするように逃げて行った。

 「あのさあ、そんなにカエルこわいん?」
 「……こわい。アマガエルとかやったらなんとか耐えられるけど、
 あんなゴツイの、めっちゃこわい。金縛りになったみたいに身がすくむんですわ~~~」 

 高知の「いごっそう」のヘタレっぷり…もっといじめちゃお。

 ウシガエルを捕まえて、
 それを抱きしめて、
 やまひろくん追いかけ回したろと思ったけど、
 ウシガエルめがけてルアーを投げいれたとたん、
 カエルは脱兎のごとく逃げていった。

 もっと慎重に近寄るべきだった。

100602(12)12.jpg

  Count Ossie & The Mystic Revelation - Rasta Reggae

 あのさあ、
 ウシカエルよりよっぽど凶悪な面構えしてるやん。

 ええの?。

 先行者の有無を常に気にしながらの釣り、
 水面での不自然な動きに敏感に反応してスッと沈黙しちゃう過敏っぷり、
 ファーストキャストこそが最大のチャンス、
 喰わせるまでの息詰まる微妙でメンタルな駆け引き。

 ライギョ釣りは、
 なにからなにまで里川のヤマメやアマゴを狙うマッチ・ザ・ハッチの呼吸とおんなじだ。

 そしてライギョは、
 オトナの「男の子」こころをワシ掴みにする、
 めちゃくちゃかっこいいサカナだ。

 10年ぶりの再会、
 新鮮で鮮烈だった。


100602(14)14.jpg

100602(11)11.jpg

100602(13)13.jpg
 「ため池」のほとりの田んぼのあぜ道に、
 立派なツノをはやした牡山羊がつながれていた。

 人なつこい性格のようで、
 ちかよっていくと、
 ぼくの膝小僧のあたりに頭をすりつけて甘えてきた。

 なかなかかわいい。
 
 そのまましたいようにさせていると、
 ぼくの太ももに頭をズリズリすりつけていたバカ山羊が、
 とつぜんグイッと頭をあげた。
 その拍子に、
 ぶっといツノがぼくのオマタに引っかかって、
 そのままズボンをズリッと引っ掻いた。

 冷や汗でた。

 「おまえ、それはアカンやろ」

 ほんのちょっとツノの当たる位置がズレていたら、
 ぼくのキンタマ大惨事……だったかも?。

 と思うと、
 キンタマがちぢみあがった。

 って、
 ベタベタですけど。

100602(8)8.jpg
 早朝4時。

 健康センターの脱衣所にある、
 このご時世にたいへん逆行する構えの、
 ヒジョーにオトコマエな喫煙所にて。
 やまひろくんとふたり、
 湯あがりにコーラでおつかれのカンパイと一服。

 「やまひろくん、崎村くんのこと好きやろ?」
 「キライやないですね~」

 「ウハハハハ」

 崎村くんには申し訳ないけれど、
 ふたりで吹き出すように笑った。

 「ため池」のほとりで、
 ふたり並んで竿をふるその背後に、
 寡黙な弟をつれて、
 チャリンコにのってしずかに現れた少年、
 それが崎村くんだった。

 崎村くんの第一声は、
 われわれのスケールを超えていた。

 くわえタバコで釣りをしていたぼくにむかって、

 「あの、タバコのように身体に悪いものを、
 人はどうやったら止められるのでしょうか?」

 「ゴメンな~。おっちゃんら、タバコやめれんねん」
 やまひろくんが、
 ていねいにそう言った。
 
 「そうですかあ……」
 しかし、
 話してみるとどうやら崎村くんは、
 ぼくらを責めているのではなく、
 すべての愛煙家に憂い、
 そして憂慮し、
 気に病んでいるようだった。

 the heptones - book of rules


 「うわっ!」

 崎村くんのおおきな悲鳴が聞こえたのでふりむくと、
 「ため池」の水際のゴミや水草が固まっているところを、
 池の岸と勘違いして踏んでしまった崎村くんが、
 ジーパンをビチャビチャにして立ちすくんでいた。

 弟は、
 その様子を、
 水際にしゃがんで、
 いくぶん冷やかに眺めていた。

 「だいじょうぶ?」
 「ハイ、だいじょうぶです」
 「ところでキミ、小学何年生?」
 「ああ、中学3年生です」

 「マジで?」

 せつない恋のおわりの話しも聞いた。

 サカナ釣りに関しては、
 いまのところなにも興味はないそうだ。
 
 しかしわれわれは、
 ますます崎村くんに興味をもった。

 「そしたらオッチャンら行くわな。さよなら~」
 クルマに乗りこんでそう言うと、
 崎村くんが

 「あの、お名前を……」
 あらたまって言った。
 そして、
 「今後のご縁もありますので……」
 とつづけた。

 「あっ、申しおくれました。北海道のビゼンです」
 
 「わたくし、高知のやまひろです。あっ、そや、お名刺お渡ししときましょか?」
 「あ、それはぜひおねがいします」

100602(15)15.jpg

 「あらためまして、高知で釣具店を経営しております、やまひろと申します」
 「崎村です。よろしくおねがいします」
 「こちらこそ。もしサカナ釣りに興味がわいたら、いつでもここに電話ください」
 「ハイ、それではそうさせていただきます」

 もしいつか、
 崎村くんがサカナ釣りに興味をもってくれたら、
 そのスタイルがフライだろうとルアーだろうと、
 釣りたいサカナがアマゴだろうアカメだろうと、
 われわれは全力でサポートさせてもらいたいと思っている。

 サカナ釣りはなんでもおもろい。
 



 すっごいリラックス。
 メッチャたのしかった。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.