BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
コロボックル
100705(1)1.jpg
 
  なつやすみ
  「さあ冒険だ」 ←名曲やろ?。

100705(2)2.jpg

100705(3)3.jpg

100705(4)4.jpg

100705(5)5.jpg

100705(6)6.jpg

 南国土佐より友来たる。
 道南函館から道東弟子屈までを巡る9日間の3人旅。

 すばらしかった。
 いろんなことがあった。
 いろんな体験をした。
 そしてそんなとき、
 いつも笑いがあった。

 はらわって、
 気ィようしゃべりまくった。
 それがなによりだ。


100705(7)7.jpg

100705(8)8.jpg

 釣りも、
 フライも、
 サカナたちも、
 出会った人たちも、
 そして、
 道中のおもしろハプニングも、

 語りたいことはたくさんあるけれど……、

100705(9)9.jpg

100705(10)10.jpg

 なつやすみのおしまいは、
 いつもどこかセンチメンタル。

 胸のうち溢れ出る言葉は、
 どれも口にするのが恥ずかしい。
 青臭いから。

100705(11)11.jpg

100705(12)12.jpg

100705(13)13.jpg

 「ぼくら、こう見えてもはじめて知りあって一緒に遊びはじめたのって、
 ちょうど去年のいまごろからなんですよ」

 というと、
 旅先で出会った誰もが「えっ、そうだったの?」とおどろいた。 

 それがメチャうれしくもあり、
 ちょっぴり自慢げでもあり。


100705(14)14.jpg

100705(15)15.jpg






100705(16)16.jpg

100705(17)17.jpg

100705(19)19.jpg

100707(1)1.jpg

100705(18)18.jpg

 また3人で冒険釣り旅いくべ。


100707(2)2.jpg
 オレたちかなりユルいけど、
 そこんとこヨ・ロ・シ・クね。

100705(20)20.jpg
 「さっきあっこのコロボックルのよこでガボッとライズしよった」
 「マジで?でかそう?」
 「でかそうやき」

 対岸のラワン蕗の群生が、
 夏風にザワザワ揺れている。

 ふたりでしゃがんでその周辺の水面をにらみながら、
 「もっかいライズして~」
 と懇願した。

 水面は、
 それからず~っとしずかなままだった。

 照りつける陽の光と暑さから逃げて、
 乾いた風が通り抜ける涼しい橋のしたで、

 あ~シアワセだな~とおもった。
 
  
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.