BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
Emerald Gem & Golden Fleece
 Golden Pheasant - male @ Nehru Zoological Park - Hyderabad
 この映像すごくいい。

110220(6)6.jpg
 和名「キンケイ」こと「ゴールデンフェザント」のクレスト・フェザー。
 キンケイの頭髪にあたる羽根。

 フルドレス・サーモンフライには、
 まずはなにをさておきコレがなくっちゃはじまらない素材の筆頭格。

 頭髪だけあって?、
 ほんとに一羽づつ羽根の質感が微妙に異なっていて、
 それぞれ「クセっ毛(羽根)」になっているのが不思議でおもしろい。

 で、
 その「クセ毛」を無視して、
 こちらの思惑通り強引に巻こうとすると、
 この子たちの髪の毛ってば、
 こう見えてすごく強情で硬くて芯の強い毛並みなので、
 もうぜったい言うこと聞いてくれないのよね困っちゃうわイラッとくるでホンマ。

 なので、
 個々それぞれのクセっ羽根に応じて、
 けしてそれに逆らわず、
 巻きたいフライにあう羽根が生えている子を選びに選んで、
 さらにスレッドのテンションやら縛る位置やらも、
 ケースバイケースで臨機応変に変えつつ、
 むしろ「クセ毛」を活かす方向で巻くと……、

110220(2)2.jpg
 ジョン・ポプキン・タラハーンの古典「Emerald Gem」
 金色のボディに、
 「アマゾン・パロット」の黄緑色をした腰の羽根を巻いて、
 トッピングには「キンケイ」のクレスト・フェザーの束をドサッと重ねた、
 タラハーン・コレクションの十八番的フライ。

 4年前に巻いたもの。

 まるで金色のシャワーのようになびくトッピングの束の先端が、
 テールのクレストにかかっているんだけど、
 そのテールがトッピングの重みで押し下げられることなく、
 どこにも無理がかかっていない状態で、
 ぶ厚いトッピングの束が軽々フンワリ立ち上がっている…というのが、
 こうしたスタイルのフライのぼくの理想。

 なんだけど、
 やったことのある方は誰もが口をそろえて、
 「言うは易し…見てれば簡単にやれそう…しかし巻いてみるとそっこ~ハチャメチャ…」
 難易度数ブッチギリ高め…の典型スタイル。

110220(1)1.jpg

 話しは飛ぶけど、
 この陶器の「キンケイ」置物は、
 だいぶ昔にはじめてニュージーランドに釣り旅行にでかけたとき、
 飛行機乗り換えのために立ち寄った、
 シンガポール空港の土産物屋で衝動的に買った。

 旅行の最中も帰国するときも、
 釣り道具や着替えやなんやでパッツンパッツンの大荷物のなかで、
 割れないようにエライ気をつかった。

 そこまでして持ち帰りながら、
 帰宅してよくよく見れば……、

 「キンケイ」に似てるんだか似てないんだか…、
 さりとて可愛いんだかブサイクなんだか…、
 味があるんだかないんだか…、
 すべてにおいてビミョ~。

 ジャンクやのう……。

 と、
 そのような接し方のわりに、
 引っ越しするたびごと、
 壊れないように細心の注意でプチプチ梱包して発送、
 あれからもうず~~~~っとオーディオ・アンプのうえに鎮座している。

 それで?、
 と聞かれれば困るんですけど……。

 今回、
 こうして皆さまにご紹介することができて、
 たいへんビミョ~です。

110220(3)3.jpg

 クレスト・フェザーの暖簾をくぐって「ヘイらっしゃい!」



110220(4)4.jpg
 「Golden Fleece」
 サイズはだいたい#8/0くらいかな。
 ややロングシャンク気味のリマリックベンドなアンティック・フックに、
 ついこのまえ巻いた。

 まんま「キンケイ」のクレスト・フェザー色をしたシルク・ボディを、
 透け透けシースルーなかんじで覆っている羽根は、
 「オリオール・トウキャン」のちいさなブレストフェザー。
 シルク・ボディを3段階にわけて、
 そこに巻き止めてある。

 南京玉すだれ状態で、
 ブワワ~~ッとひろがっているクレスト・フェザーのトッピングのみならず、

 ボディのトウキャンを巻き止めた部分のシルクのつなぎ目?とか、
 バットからヘッドまでのゆるやか~なテーパー加減なども、
 このフライの見どころのひとつでしょうか……。

 見る人が見れば、
 巻いた人の「たったいま」のスキルがぜ~んぶわかっちゃう、
 ごまかせるところがなにもない、
 赤裸々に丸見え「薄衣のしたは全裸まるはだか」

 「イヤンばかっ!見ないでエッチ!……でも見て……」
 ってかんじのフライです。

110220(5)5.jpg

 この写真、
 今ぼくのパソコンの壁紙?ですねん。

 ナマのやつが、
 タイイング机の真ん前に飾ってあるねんけど、

 よっぽど嬉しかったんだね……。
  
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.