BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
もろもろお知らせなど
 必殺クイル材「イーグル」のセカンダリークイルをおごった、
 ディーウイング・クラシック不朽の名作「グレッドウイング」製作中……。
110305(1)1.jpg

 「特選CDC」ならびに「ナイトヘロン」、
 さらに「イーグル」&「アルビノピーコック」両セカンダリークイルのご注文をくださった皆さま、
 もうほんとにほんとにありがとうございます。

 「ナイトヘロン」ファミリーはもちろん、
 CDCの新色もまた、
 けっこうなマニアック路線…なだけに、
 ご要望があるのかどうなのか戦々恐々としておりました。
 それだけに、
 ご注文をいただくたびに、
 いろんな意味で小躍りしたいような嬉しい気持になります。

 それで、
 まず大事なお知らせですが、
 我が家のボケナスPCが、
 いただいた「ヤフーメール」を迷惑メールのほうに振り分けるわ、
 こちらから送信したメールも先方の迷惑メールに潜り込むわで、
 やたらとドファックな状況なのですが…なんでやねん?誰か助けて。

 が、
 数名の「ヤフーメール」アドレスの方と確認したところ、
 お互いに「迷惑メール」欄のところには送信されているようです。

 というわけで、
 いただいたご注文&お問い合わせメールは、
 すべて返信させていただいているつもりですが、
 もし万が一当方からの返信メールがいつまで経っても来ないときなど、
 恐れ入りますが「迷惑メール欄」も確認してみていただければ助かります。
 念のため「件名」のところは頂いたメールそのままの件名で返信しております。

 お手間おかけいたしますが、
 なにとぞよろしくお願いいたします。

 そしてつぎに、
 在庫状況のお知らせです。

 まず「特選CDC」ですが、
 スポッテッドダンとピュアホワイト 現在品切れ再入荷待ち。
 ライトジンジャーならびにダークジンジャー ものすごく残り少なく再入荷予定は未定。
 そして、
 アイアンダン
 ダン
 ダークダンはまだけっこう在庫あります。

 また「ナイトヘロン」は現在品切れ再入荷待ち。
 で、
 今後の入荷がとても不透明なので、
 ここでいったん予約受け付けも終了させていただきます。
 もしまた入荷すれば、
 再度その旨を告知させていただきます。

 そして、
 「イーグル」と「アルビノピーコック」のセカンダリークイルの在庫状況は、
 もともと数がなかったこともありますが、
 現在の在庫は…のこり数ペアとなっております。

 以上、
 なにとぞよろしくお願いいたします。

110305(2)2.jpg
 という在庫状況でありながら、
 今夜もいっちゃう「ナイトヘロン」特集。

 なんせ売り子さん、
 あらためてこの羽根とディーウイング・フライにハマりちゅう。

 ただし今夜は軽めにね……。

 というわけで、
 冒頭の「グレッドウイング」と並んで、
 ディーウイング・スタイルの古典スタンダードから2本。

 写真下が、
 「ナイトヘロン」の艶黒ハックルを巻いた「ジョック・オー・ディー"The Jock O'dee"」
 写真上が、
 「ナイトヘロン」の脇に生えているブルーダン色のハックルを巻いた「トリコロール"The Tri-Colour"」
 
 ともにつかったフックはTMC202SPの最小サイズ8番。

110305(3)3.jpg
 もともと「トリコロール」のハックルの指定レシピは、
 グレイからブルーダン色をした「グレイヘロン」のバックフェザー。
 
 なんだけど、
 グレイヘロンのファイバーは超ロング・フィラメント・ファイバーなのが売り。
 とても小型サイズにはつかえないんだけど、
 そこで「ナイトヘロン」の脇羽根で代用すると、
 このようにグレイヘロンばりの質感と色合いで、
 かつファイバーの長さが8番~6番サイズにピッタリ。
 という例です。

 という、
 「ナイトヘロン」の淡いブルーダンから、
 ほとんど白に変化する脇羽根の、
 シルキーでソフトな質感のファイバーが、
 水中でワサワサ揺れなびく様子を見ていると……、
110305(4)4.jpg
 おもわず連想するのが、
 羽化したてのヒゲナガが白い下翅を、
 もどかしげにジタバタさせてる様子……。

 そして当然やっちゃうヒゲナガ風小型ディーウイング・スタイル。
 コック・デ・レオンのセカンダリーウイングに、
 「ナイトヘロン」の脇羽根の組み合わせ。

 「トリコロール」や「グレッドウイング」など正統派の雰囲気を醸し出す、
 シールズファーの3色組み合わせボディの部分を盛りこんで、
 「コレ、あくまでもディーウイングですねん」と主張しております。

 「ブルーイエローマコウ」の触角もつけたってん。

 さながら、
 羽化したてのヒゲナガが、
 触角ふりみだしながら、
 なんでか水中でバタバタ突き進んでいる…ってかんじのディーウイング・スタイル。

 さらに、
110305(5)5.jpg
 ファンシー・ムードでありながら、
 そのように言われればヒゲナガ・ピューパの脱皮殻に見えなくもない、
 濃い緑に染めたゴールデンフェザントの透明感あふれるクレストのテール。

 そしてケバケバのオレンジ&淡オリーブ2色のシールズファー・ボディ。

 レオンのクイルで巻いた、
 ホリゾンタル・スタイルなV字ウイングのあいだから、
 ダークジンジャーのCDCを2枚まるごと覗かせて、
 その部分に空気膜をたっぷり抱かせ……、

 脱皮して、
 翅が伸びたはいいけれど、
 シャックが脱げないどないしょ~?……、
 と、
 背中のイマージングガスもギラギラでジタバタもがく、
 ヒゲナガ脱皮中?ディーウイング・スタイル?

110305(6)6.jpg
 と言われれば、
 チークのジャングルコックも、
 どことな~くピューパのウイングケースの殻…ですか?

 などと迷走しつつ、



 今夜の本命は、
110305(7)7.jpg
 コチラ。

 「ナイトヘロン」の脇羽根の白いところをボディハックルにして、
 シマシマ模様が淡い色合いのピンテール・ダックのフランクフェザーをスロートに巻き、
 ウイングには「ナイトヘロン」のセカンダリークイルをつかった、

 「The HAGOROMO」
 邦題はそのまま「羽衣」

 写真に添えてあるハックルのスケてる感じにご注目を……

110305(8)8.jpg
 このハックルの透明感とこの色合い、
 適度にソフトなかんじが、
 ほんとに天女の羽衣がはためいてるみたい。

 なんともエロいんですわ~。

 ボディもこうしてみると淡いピンク色やけど、
 濡れると濃淡ピンクと真っ赤の3色に透けるんですわ~。

 「ザ・ハゴロモ」
 フックはもちろんTMC202SPの8番。
 ちょっと小柄ロリ系やけど……中身は……、
 やけどしちゃいそうな18禁のディーウイング・スタイルです。
 よ・ろ・し・く・ネ。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.