BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
Paradise Shelduck
110325(5)5.jpg

110325(1)1.jpg
 キレイっしょ?
 エメラルド・グリーンにギラギラ輝くカモの羽根。

 フライタイイングの素材として紹介されるのは、
 おそらくこれが本邦初公開、
 クロアカツクシガモ(←ウィキペディア)の肩羽根。

110325(2)2.jpg
 ウイングもボディも全身光り輝くエメラルドグリーンに、
 ナイトヘロンをハックリングした「ディーウイング・スタイル」



110325(4)4.jpg

 まんまカナブンの背中の輝緑色してんだよね。

 こうした、
 羽根の構造と組織の仕組みそのものが光を反射させることで、
 その光を受ける角度によって、
 色を微妙に変化させながら、
 それ自体が輝いているように見えるものを「構造色」って言うんだけど……、



110325(3)3.jpg

 構造色って、
 つくづく3Dだなあ。



110325(6)6.jpg

 ぼくらにとって最も身近な「構造色」の羽根、
 ピーコックハールと組み合わせると、
 もう巻きごころ釣りごころの奥底から…ゾクッ…とくるんだよね。

 世界は広いよ~、
 知られざる「素材」はまだまだたくさん埋もれているんだよ。
 

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.