BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
レインボウ・カントリー
 Bob Marley - Rainbow Country

 110815(1)1.jpg

 たたかっているとき、
 コイツ狂ってる……とおもってシビレた。

 感服しました。





110815(2)2.jpg

 ああんもう……脳がニジマス。





110815(3)3.jpg

110815(4)4.jpg

 マシュマロ・ピューパのボディ部分を、
 ビートルの外翅に見立てて甲羅状に巻き止めて、
 パラシュートハックルを巻いた甲虫型フライ。

 サイズは8番ショートシャンクにややエクステンド気味。

 このラグビーボール型のヴォリュームで、
 ティペット込み15フィートくらい先端3Xのリーダーが、
 フワッとターンオーバーしながら、
 立木のしたをスーッとくぐりりつつ、
 バシッって水音立てるかんじではなく、
 ポタッと自然にいかにもなかんじでフライが着水するのが……たまらんかった。

 このドスコイ体型でありながら軽い。
 というよりも、
 投げるのにまったく苦にならない重さ。

110815(5)5.jpg

 いまごろナニ言うてるねんてかんじやけど、
 マシュマロ・ボディは「ヒゲナガのピューパ」に限定しているだけでは、
 あまりにもったいない可能性を秘めたボディ・デザイン。

 といいながら、
 今シーズン6月7月の「苦渋と試練のヒゲナガの日々」の体験がなければ、
 このマシュマロ・カナブンが閃くこともなかったはずで……、

 というところも、
 ストーリーとして気に入りながら、

 あらためてドップリはまりちゅうです。

110815(6)6.jpg

 9日間にわたる第一回「マシュマロdeテレストリアル」ユルめに検証ダラダラ遠征ツアーの最終日、
 釣り場に向かう道すがらのコンビニで、
 おもわずマシュマロを買った。
 釣り場に持っていって食った。

 20年ぶり?、
 30年ぶり?、

 え?、
 マシュマロてこんな味やったっけ?
 しみじみしました。

 濃密な時間におもうまま浸れた、
 すばらしく実り多い釣り旅でした。

 大中小たくさんのマスたちがバクッと喰いついてくれて、
 ボディはボサボサ、
 ハックルは切れ落ちてスカスカ、
 もはやすっかり「なれの果て」なフライだけど、
 水面にポトッと落としてボディが水に馴染むとアラ不思議……、
 
 写真のヨレヨレフライには、
 まだまだ現役でがんばってもらう所存です。

 丈夫で長もち、
 そのうえで巻くのがめちゃカンタン。
 もちろんよく浮き良く見える。
 おまけにもひとつ、
 フライのアイにティペットが通しやすい……オトナの事情満載なフライでもあります。
 
 Upsetters: Rainbow Country Dub
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.