BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
Sound Dimention
 110825(1)1.jpg
 川岸からせり出した柳の木が流れに洗われて出来た反転流。
 そのいちばん岸よりの枝の下30センチくらいのところのヨレ。

 きょうのイブニングは、
 すべてなにもかもそこに賭ける。

 このまえ、
 そこで掛けたヤツがものすごかった。
 モコッとおおきな頭が水面から突き出て、
 グッと気持ちを抑えてタイミングを図りつつ、
 グイイイッと確かな手ごたえでフッキングしたつもりなのに……それなのに、
 フックがスッポ抜けるというよりも、
 ズドンッときてつぎの瞬間、
 ブンッ!
 ってかんじの首ひと振りでフライがパーンと弾き飛ばされて、
 ドワンッ!
 と水面が激しく割れると、
 すさまじい勢いで巨魚がズドドドドーッと下流にふっとんでった。

 暗がりのなか、
 放心状態で立ちすくんだ。

 指先震えたで~。

 「浦戸湾ちゃうねんから……」

 あれから10日経った。
 その間ひと雨降って増水後の笹濁り。
 天気大気湿度も申し分ない。
 陽が暮れれば、
 かなりまとまったヒゲナガの羽化が期待できそう。

 チャンスは日没後しばらくしてからの正味20分。

 昼間もたびたびその場所を偵察して、
 人が入っていないことを確かめた。
 
 5時にはそのピンスポットの対岸に座って、
 入念過ぎるほどに準備しながら、
 およそ7時30分ごろの日暮れを待った。

 満を持してチラホラとヒゲナガが上流に向かって飛びはじめた。
 細心の注意で、
 ナメクジのようにジリジリとポイントににじり寄って、
 リールからラインを引き出して、
 フライを指先でつまんでおいて、
 即イケまっせいつでも投げれるデさあ来い!……っていうかお願いライズしてください……、

 切なくよるべない、
 あの「待ちのとき」

 まさに今日のすべてを捧げたそのバンク際のピンスポットに、
 モコッと黒い頭が浮かびあがって、
 ソイツはそのままヌルリと岸にあがった。

 「あ……」
 その声が対岸まで聞こえたのか、

 そいつが、
 「え?、オレ?……」
 みたいに振り向いた。

 しとどに濡れそぼった真っ黒なミンクだった。

 うそ?マジで?……

 ミンクはさっそうと藪のなかに消えた。
 ライズはもちろんなかった。

 「ボケカス~、なめとったらダビングすんぞコラ」

 ミンクはなんにも言わないけれど……。


110825(2)2.jpg

 フロートチューブの釣りは格別だが、
 後ろ向きに進まなければならないところが、
 まあ歯がゆいところ。

 大きなダム湖の対岸奥にある入江まで冒険。
 入江の奥に水量のある沢が流れ込んでいて、
 その左岸に上陸できそうな場所があった。
 「ションベンしよ」
 とおもって、
 その岸を目指して足ヒレを漕ぎながら、
 「どれくらい近づいたやろか?」
 と振りかえると、

110825(3)3.jpg

 目指していた湖岸で、
 シカの親子がこっちガン見。

110825(4)4.jpg

 すぐ走り去るかと思いきや、
 コチラがどんどん漕ぎ寄ると、
 親子もズンズン水際まで来てこっちガン見。

 110825(5)5.jpg

 まずは、
 ちょっと距離を置いてお互い見つめあうこと数秒。

 とつぜん親子でジャレまくり。
 バンビがトトト~っと母親のよこに並んで、
 わき腹のあたりにグイグイ頭を押しつけながら甘えてる。

 その様子を、
 タバコゆっくり吸いながら眺めて、
 足首だけで足ヒレをうごかしながら、
 静かにじり寄っていくと……、

 もうバンビおおよろこびで興味シンシン。
 ガンガンくるくる。

 お互いほとんど水際まで来て、
 ほぼ目の前。
 黒目の動きまでありあり見える。

 バンビの背後に立ってる母親も、
 そんなに警戒してる風でもなく、
 見つめあうぼくらをしずかに見守ってる様子。
 
 かわいいというか、
 切ないかんじで美しい。

 (コレ、いけるかな……)
 手に持っていたカメラのスイッチを入れたら、
 そのかすかな電子音で、
 親子そっくりそのままおなじ動きで、
 跳ねるように身をよじらせて、
 森の奥に消えていった。

 カメラをしまって、
 上陸してションベンした。

110817(2)2.jpg

 おなじ日の7月最終週、
 霧雨に煙る午後おそくに釣ったニジマス。

 クルージングしながら、
 沢から流れ込んで瀕死状態のフタスジモンカゲロウのダンを、
 バクバク吸い込んでいた。

110817(1)1.jpg

 かたや、
 ヒゲナガの羽化がピークを過ぎた7月中旬の里川にて、
 夕暮れに釣れたニジマス。

 連夜の高タンパク高カロリーなヒゲナガ・フルコースで、
 ご覧のありさまだぜパッツンパッツン。

 そして、
 この大きさでありながら、
 掛かった瞬間ドッキーーーンッ!

 グググググーーーンッときて
 「よっしゃでかいっ!」

 本気印で叫んだこと多々。

 寄せてきたときに、
 いつも…アレ?、あの引きでこの大きさなん?…

 「おまえ、ホンマすごいわそのパワー脱帽です」

 つくづく唸る夏の野性のパワフル度数ぶっちぎりレッドゾーン。

 このサイズでも、
 もう十二分に満足です胸キュン。

110817(4)4.jpg
110817(3)3.jpg

 流れに定位して、
 ヒゲナガをバサッバサッと水飛沫をあげながら食っていたのも、
 縦横無尽に泳ぎまわりながら、
 フタスジモンカゲロウの溺れたダンをゴボーンと吸い込んでいたのも、
 このフライで釣れた。

 両方とも、
 食っている対象の色形どうこうよりも、
 透明感とうごきのあるものが水面にベチャ~ッと張りついているファジーなかんじ、
 で迫ってみたというわけ。
 
 コック・デ・レオンとともに、
 その半分くらいのファイバー長のシルバーバジャーをハックリング。
 クセがつきやすく、
 また濡れるとファイバー同士がまとまりたがるレオンのファイバーを補助する目的。
 これがものごっつ大事。

 なんていうか、
 このフライ、
 まず作ったら、
 しずかにフ~ッと息を吹きかけてみてください……。

 羽ばたいている…としか表現しようのない生命感。
 きっと虫ごころにビビッとくるよ。

 レオンのハックルは、
 ヒゲナガやモンカゲ・サイズだと2回転ハックリング。
 そしてシルバーバジャーなどを4回転…これ現時点で黄金比率。

 数回ピックアップを繰り返すと、
 写真のようにハックルが後方になびいた状態になる。
 これがまたなんともイイかんじ。

 110825(6)6.jpg
 気持ちが弾む大自然のなかで、
 一日中こんなことして、

 あんまりにも満たされ過ぎて、
 逆にちょっと不安になったりする、
 つくづく損な自分。
 ややこしいねん。

110825(7)7.jpg

 そういうとき、
 古巣に帰るような気分で選ぶ今夜の一曲。
 Sound Dimension - Little Green Apples

 車中泊ひとり釣り旅の楽しみというか、
 もうひとつのおおきな目的は、
 だれにも迷惑をかけず、
 好きなだけの大音量でのレコード鑑賞。

 アガってきたぜ、
 今夜もあのどこまでも真っすぐな一本道の農道を、
 カーオーディオ全開でブっ飛ばすぜ法定速度きっかりで。

 SOUND DIMENSION - Jamaica Bag

 もう、
 どうにもこうにもあらがいようなく、
 旅立ってはまた戻ってきてしまうProd byコクソン・ドッド。

110825(8)8.jpg

 黒とこげ茶色のエアロドライウイングは、
 記憶にないくらいはるか昔に購入したのが2パックあった。

 が、
 この二ヵ月であれよという間になくなっちゃって……、

 よ~しそれじゃあいっぱい通販しちゃおうと、
 仲良くしてもらっている釣り具屋さん数店に電話すると在庫なしやてショック。
 
 WANTSこげ茶色のエアロドライウイング。

110825(9)9.jpg

 黒のエアロドライウイングに、
 蛍光緑のジーロンをブレンド。

 「うわ~、ソフトシェル・カナブンやんけ……」

 おおいに悦に入る深夜のタイイングテーブル。
 そのよこで回るレコードもやっぱり……、
 ROBERT LYNN & SOUND DIMENSION - Zip Code
 ただし自宅では音量控え目にね。
 隣人の方々とは気分良く暮らしたいです。
 

110825(14)14.jpg
 6フィート9インチの6番。
 つい先日、
 新たに導入された僕のお刀です激嬉。

 キザッたらしく言うと、
 ラインウエイトはかの地の「むちゃくちゃチカラ持ちの宝石」たちに最大限の敬意を表しつつ、
 竿の長さに我が嗜好とささやかなプライドを忍ばせる……そんなかんじでしょうか。

 メガトン・ウルトラ・ビッグサンクス・アサマロッド・ワークス。

110825(15)15.jpg

 と、
 そのいっぽうで、
 コノシロ型扁平ストリーマー光り物テンコ盛り。

 ひとよんで「ブラック・サッパ」

 コチラのほうも、
 たいへんに楽しみなところ。

 ユルめにアゲアゲで……
 Sound Dimension - Moon Hop

 あたたかみ、
 渋み深み、
 滋味滋養、
 サウンド・ディメンションさいこう

 雨ザーザー降っちゃってもう、
 出かけなかった。
 ので、
 どうでもいいこといっぱい書いてみたYO。

 今夜はひさびさの饒舌。
 お付き合いありがと~。

 

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.