BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
浦戸ベイブルース
   Johnny Osbourne - Juggling Steep
 
 山上湖にて、
110918(1)1.jpg

 気合いは充分だった。


110918(2)2.jpg

 フィリプソンだブローニングだアサマロッドだフェンウィックだと、
 
 アダルト・チルドレンご用達のスペシャルな釣り竿を積み込んで、

110918(3)3.jpg

 勇んで繰り出しました。

110918(4)4.jpg
110918(5)5.jpg
110918(6)6.jpg

 「どうやった~?」

 「あ~~~ぜんぜん~~」





 
 浦戸湾にて、
110918(7)7.jpg
 こんな夜はなにかが起こるのではないかと、
 毎夜そのように信じて投げた。



110918(8)8.jpg
 ながやまくんが、
 おニューのインターミディエイトのラインを駆使して、
 毎回バビューンと豪快にフッ飛ばした。

 「すがすがしいな~ながやまく~~~ん」

 

110918(9)9.jpg

110918(10)10.jpg

 ミッドナイトイリュージョン……ですか?

 やまひろくんが、
 「ビゼンさんコレ見て!ホラッ!こうやって写すと……ホラッ!すごくない?」
 「すっげ~~~なにそれビカビカやん!心霊写真撮れるやん!」

 夜の川面と夜空にむかって、
 船のうえでふたり、
 とりつかれたようにカメラをグルグル回してはシャッターを切った。

 その間も、
 ながやまくんはもくもくと投げつづけていたバビューンと。




110918(11)11.jpg

 Bunny General - Different Teng

 サカナの写真はありません。
 
 炎天下の山上湖も、
 深夜の浦戸湾も、
 アタリもカスリもしませんでした。

 すがすがしいくらいに丸ボーズぐはは。

 が、
 かんがえてみると、
 この数日間で、
 かる~く数カ月分ほど笑いたおした。

 こゆくてゆかいな仲間たちと膝すり合わせて、
 釣り場だろうと飲み屋さんだろうと、
 時と場所を選ばず、
 いろんな言葉や話題がバシバシビシビシ飛び交って、

 みんなで笑った。

 旅の目的は、
 もはや十二分に達成できたのではないでしょうか。

 ウハハ

 みんな~
 ほんとにありがと~~

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.