BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
もみじ狩り
 
 George Faith - Diana

  111101(1)1.jpg

 10月最終の日曜日。
 通いつめたポイントへつづく河畔林の森を歩いている。
 午前中はまだ薄日の差していた空が、
 午後になってかんぜんに厚い雲に覆われた。
 冷たい風が裸になった木々を揺らしている。

 そしてようやく気がつく。

 10月半ばにココに来たときは、
 森はもっと緑が映えていた。

 夢中で川を歩き回っていたときは気がつかなかったが、
 もはや11月。
 かんがえてみれば当たり前のことだ。

 正午まえから午後の早い時間、
 つまり真昼間をピークに、
 いつもかなりまとまった量で流下していたヒラタカゲロウの仲間の羽化も、
 日を追って少なくなっていた。

 この日は、
 めぼしいライズを見つけることができなかった。

 もしかしたら、
 これからまた条件が上向いて、
 虫もサカナもはりきってくれる日があるかもしれない……。

 いや、
 もうそのように考えるのはやめよう……。

 もうここが潮時だろうと、
 ようやく踏ん切りがついた。

 いや、
 踏ん切りをつけた。

 この日、
 川面をわたる風や、
 肌をつつむ大気から、
 冬枯れの気配がそこはかとなく感じられて、
 生命感がすっかり消えた河原を歩きながら、

 正直なところ、
 ちょっとホッとした、
 という気持ちもあった。

111101(2)2.jpg

111101(3)3.jpg

 もし、
 まだあのゴージャスでファンタスティックな釣りの日々がつづいていたら……、



111101(4)4.jpg

 ぼくはもう、
 帰れないところだった。

 と、
 本気で言ってる自分がこわい。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.