BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
Catskill Jewels meets Far East Jewels
  Shinehead Mind Blowing Decision

111103(1)1.jpg
111103(2)2.jpg

 今回の釣り旅のお供はコレとコレ。

 ホワイティング発ヒーバート・ヘンネックの「ハニーダン」と「ダークダン」

111103(3)3.jpg
111103(4)4.jpg
 場末のビジネスホテルにて。 

 ゆうがた釣りから帰って来て、
 日課となった街の散策にでかけて、
 夕御飯を終え、
 ひと風呂浴びたらさっそく巻いた。

 たのしみながら、
 遊びまくりで、
 一本づつゆっくり丁寧に巻いた。

 夜な夜な熱がはいった。

111103(5)5.jpg
 枯れ葉に紛れ込むようなハニーダンのヘンハックル。

 ボディは「ヒグマ」の襟毛を濃淡ダンダラ模様に巻いたサイズ13番。

 

111103(6)6.jpg
 左
 アンデス・コンドル!のセカンダリー・クイルをボディに巻いたアイアン・ブルーダン色のヘンドリクソン風14番。

 右
 ユーラシアン・イーグル・アウルのプライマリーをボディに巻いたハニーダン色のライトケイヒル風14番。

111103(7)7.jpg
 陽の光の関係なのか、
 この川の色なのか、
 それともそれらの相乗効果なのか、
 意外にも川面に浮かぶこのブルーダン色がすばらしく快適に良く見えるので、
 タイイング熱がさらに高まって、
 ややこしいの巻いた。



111103(8)8.jpg
 ユーラシアン・イーグル・アウルの脛毛、
 ならぬ脛の部分の羽根をファンウイングにあしらって、
 クリーのコックハックルとハニーダンのヘンハックルをブレンド・ハックリングしたグレイフォックス?風13番、
 ボディはロードアイランド・レッドのハックル・ストーク。

111103(9)9.jpg
 大小かんけいなく、 
 サカナを釣りあげるたびに、
 口元に刺さるフライとともに眩しく見惚れた。
 ひと巻き入魂の「作品」で釣るのにふさわしいサカナたち。

 「あ~~~サイコー抜けた~~~ありがと~~~」

 だ~れもいない河原で叫んだ。

 クマ鈴の音も軽やかだ。 
 

111103(10)10.jpg
 釣り心に刻まれた日を共に過ごして、
 いまや絶大な信頼の相棒。

 New England Split Cane
 Built by Andrew Mckenzie-Maker 8ft4番



111103(11)11.jpg

111103(12)12.jpg

 真っ青にひろがる秋の空のした、
 溢れんばかりの陽の光、
 乾ききった大気、
 透明な空気と水、
 気持ちが躍る美しい流れ、

 濃密な光と影のなかで織りなす、
 鮮烈な虹色のファンタジー。

 
 つかったフライも道具も、
 つれたサカナも歩いた川辺も、
 すべてぜんぶ、
 想いのこもったスペシャル中のスペシャル。

 パーフェクト

 今夜はなんぼなんでも、
 詩人にならなしゃあないやろ?


 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.