BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
Freestyle Salmonflies
120126(1)1.jpg
 前回のフライに、
 さらにアレコレ着飾らせて、
 妄想ダダ漏れで巻いてみた。

 金と黒のボディのうえ全体を、
 ゴールデンフェザントのトッピングで覆い尽くした。
 まるで金色のスパークル・ピューパのよう。

 アンダーウイングとなるヒグマの毛の束のうえに、
 鮮烈な黄色と黒のマリッドウイングを重ねて、
 またもトッピング3本ドサッと載せた。

 それにしても、
 ヒグマの毛とトッピングは、
 こうして見ると似て非なる色合いなのに、
 表現しようとすると両方とも「光に透けるとゾクッとくる金色」
 としか言いようがないのが歯がゆい。

 全身が天然の金色。

 で、
 シッポだけ真っ赤っか。

 名づけて「紅尾金龍」

 古代魚ファンの皆さま、
 お察しのとおりです。

 
 
 と、
 そんなフライをひっくり返してみると……、

120126(2)2.jpg
 フライのアタマ周辺が、
 トウキャンの鮮血色の羽根のうえに鎮座する、
 ニジキジのメタリック・グリーンのチーク……という様相を呈しております。

 左右非対称、
 でもあり、
 左右素材非使用?仕様システム。

 トラディショナルなサーモンフライではなく、
 自由な発想で好きなように巻くフリースタイルのところで、
 なんでもっと早くコレを採用しなかったのか……。

 だってさあ、
 一回のサーモンフライ・タイイングで、
 二回ちがう作業に没頭できて、
 二つのちがう表情を同時に愉しめるフライができるねんで、

 一粒で二度おいしいどころか三度おいしい。

 しかし、
120126(3)3.jpg
 フライのどちら側を額装するかで、
 とてつもなく悩んだ。

 計算外だった。





120126(4)4.jpg
 艶姿マダラ娘……いってみる?
 

120126(5)5.jpg
 あなよろし
 

120126(6)6.jpg
 もちろん、
 上下の写真とも同じフライです。

 両フライともに、
 白を基調にしたウイングには、
 コーリーバスタードやシルバーフェザントなど、
 ソルト&ペッパーな模様をマリッドしつつ、
 薄赤紫を要所に配して、
 どことな~く和風テイスト醸していて、
 できれば小股の切れ上がった感じのマダラ模様……を目論んでみました。

 上段のフライのスロートハックルは、
 「ゼブラ・オストリッチ白黒」の先端を一回転ハックリング。
 アンダーウイングには真っ白なポーラーベアーをつかった。

 名前は「ザ・マルモラータ」

 オッシャレ~なカフェみたいな名前やろ?
 なんやきどってまっしゃろ?

 でも、
 ヒゲナガの学名です。

 そんなわけで、
 またも額のうえに置いたフライの向きを右にして左にして、
 ときには上にして下にして、
 「コレ、迷い出したら永遠にキリがないわ……」
 最終的にこの配列で額装。
 120126(7)7.jpg

 と、
 このような、
 自己満足の極みのさらに結晶をご注文いただき、
 もうなんとも身に余る光栄です。

 こうした仕事?ライフワーク?どっち?選べない…に没頭できることは、
 もうほんといろんな意味で糧になってます。

 本当にありがとうございました。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.