BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
バック・トゥー・ザ・初心
 120623(1)1.jpg
 戸川純 昆虫軍 さよならをおしえて

 ♪ボクはコンチュウ無脊椎
 まなこ複眼洞穴
 エヤエヤエヤエヤエヤエヤヒョォォォォォ~~~~~~♪

 内蔵囲むキチン質
 異性感じたこともない
 エヤエヤエヤエヤエヤエヤヒョォォォォォォ~~~~~♪ 
 
 群れをなせっ! 

120623(2)2.jpg
 いろいろと、
 ようやく峠を越えました。
 心底からホッと一息。
 ここ数日、
 ちょっと妙なテンションです。

 これまでもちょぼちょぼチョイ釣りにはでかけておりましたが、
 まったく気もそぞろで……、

 気持ちのうえでは、
 今シーズンのワタシの初釣りはこれからです。

 明日からしばらくボクもヒゲナガもスーパーハッチ……

 あとは野となれ山とな~~~れ~~~~~♪

 と、
 そのような日々のなかで、
 生まれてはじめてフト思っちゃったのだった。

 フライの仕事で溜まった鬱積やストレスを、
 フライにぶつけて発散させ解消させる我が暮らし……それってどないやねん?

 因果なものよのう。

120623(3)3.jpg

 
120623(4)4.jpg

 生態学的な見解ではなく、
 むしろ感覚として、
 あるいは感性のところで、

 世界の様々な鳥の羽根の色は、
 「照らされた光を、まるで吸い込むように内面に向けて発色している」ものと、
 「照らされた光を、放射するように外に向かって発色する」ものの二通りに大別できるように思う。

 この発見というよりも「気づき」は、
 自分にとっては、
 ある意味「目の前の霧が晴れた」ような収穫だった。

120623(5)5.jpg

 フライの名前は「王蟲」

 時間を見つけては巻いてほどいてまた巻いて……、
 すこしづつすこしづつ、
 完成を惜しむような気分でこしらえたんだよ。

 籠っていると、
 すぐに煮つまって饐えてくる気持ち。
 そんなネガティヴにさいなまれながら、
 このフライと向き合うことで精神のバランスをとっていたんだね。


 戸川 純 - 母子受精
 ♪生みおとせ街の「おとし子」
 母の街を駆けろ♪

 じゃ、
 またちょいのま待っててね行って来るよ~~。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.