BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
unfinished flies
 ひ・さ・し・ぶ・り

 もちろん、
 釣りに行ってました……。

 北海道のいろんなとこに。

 ああ、
 生きるって、
 いろいろとハズカシイ。


 そしてお知らせです。

121013(3)3.jpg
 台風一過から数日後、
 川の水量がようやく落ち着いた先週のある日、
 この場所で、

121013(5)5.jpg
 これを拾いました。
 岸辺ちかくの水際で、
 砂に埋もれておりました。

 心当たりのある方はご連絡ください。
 送ります。

121013(4)4.jpg
 ぶっちゃけ、
 「ええもんひらってラッキー」的に、
 なんの疑いもなくネコババするつもりやってんけど、

 このテの「十徳ナイフ」的なものは、
 自分で購入することはまったくなくて、
 プレゼント的な頂き物のほうが多いわけやん?
 想い入れとか人生模様のストーリーありますよ的な……。

 持ち帰ってキレイに洗っていじくるにつけ、
 これとってもイイですね。
 手と気持ちに馴染むかんじの愛着系的な……。
 デザインも秀逸。

 じぶんがメッチャ気に入った的な……。

 そんなわけで、
 なんとなく気になって「いかにも誠実なオトナ」的にお知らせいたしました。





 
 

 
121013(2)2.jpg

 ここ最近のうちのパソコンの壁紙です。

 愛すべき同志諸氏に捧ぐ。

 刈りたくなる?







 
121013(1)1.jpg
 そしてオーガスタス・パブロ。

 Augustus Pablo/unfinished melody
 アルバム「イースト・オヴ・ザ・リバーナイル」に収録された、
 ブラック・アーク産ロッカーズ・サウンド三部作のなかの一曲。
 エンジニアはもちろんリー・ペリー。

 ユーチューブのコメントにクスッとしました。
 「グッドモーニング・サンシャイン」
 言い得て妙。


121013(6)6.jpg
 そしてロッカーズのプレ・シングル版。
 Augustus Pablo: Unfinished Melody / Dub (Custom Disco)
 
 発表する作品のフォーマットと配給先によって、
 ひとつの曲をまったくちがうミックスとアレンジでしあげるマジカル・ワークス。

 こうしたレゲエ文化に琴線のところで慣れ親しみ、
 それをこそ醍醐味に感じているワタシですが、

 今月号に出るフライフイッシャー誌より、
 新連載「月刊フライフイッシング生活」がスタートです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

121013(7)7.jpg
 古典では「ニーキャップ・ハックル」
 現在では「アメリカン・ハックルのナチュラル茶色ブラックレースのヘンネック」

 でハックリングした、
 「キャッツキル・ドライフライ最初期」スタイル的な?…ライト・ケイヒル風。

 ボディんとこ、
 特に後半部分にかけて、
 黄土色の下地に金色の透明な皮膜がかかってるようにも見える特製のスペシャルです。

 また、
 人恋しい季節になったら、
 こういうイタズラの作り方情報やらなんやら、
 ナニしたいなあと思ってますが、
 なにぶん更新をほったらかしっぱなしで、
 ほんと不義理いたしております。


 が、

 あっというまに秋、
 紅葉も深まるばかりです……。
 ちょっとセンチなかんじで、


 またしばらく行って来ます。

 ご注文メールなどで、
 待てど暮らせどメールの返信がないやんけと、
 たびたびご迷惑おかけしております。
 が、
 帰宅後ただちにお返事させていただきます。
 くれぐれもご心配なく、
 またご理解をよろしくおねがいいたします。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.