BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
夏だ!飛び出せブチ込めオサムシカメムシコガネムシ特大で!
 日本世間話 ← 爆笑しちゃった。
 あまりにくだらなすぎて……。

130710(1).jpg

130710(2)2.jpg

 たっぷり水分を含んだ完熟バディ。
 橙色の胴体をギュッと揉むと、
 ジワッと滴がもれるくらい。

 このヌメッと反射している橙色ボディは、
 
 トドの毛(ガードヘアーごと)50%
 オレンジのメルティ20%
 ラスト色の化繊ウール20%
 アンバー、ホット・オレンジのシールズファーかくし味的10%

 くらいの構成でブレンドしたもの。

 フックはいつもの TMC104SP の6番。 

130710(3)3.jpg

130710(4)4.jpg

130710(5)5.jpg

 必殺荒縄ゴンぶとダビング

 目分量でおっとろしいくらいの量のダビング材を、
 手の平で棒状にしておいて、
 それをそのままスレッドに軽くねじって寄り添わせておいて、
 棒状のダビング材末端を、
 ボディ末端にスレッドで巻き込んだら……、

 とにかく捩じる。

 ひたすらスレッドといっしょに捩じって荒縄状にしたら、
 そのままボディにダビング。

130710(6)6.jpg

 ものごっつい量のダビング材が、
 甲虫類のボテ腹形状でダビングされる。

 濡れたフライの写真を見ると、
 体節まで表現されているのがわかる。

 吸水性に富んだ素材を、
 この量でこのようにダビングすると、
 水に濡れると当然水分を大量に吸水して、
 かなり重くなる。

 が、

 そんな「水馴染みの良い重さ」をこそ狙ってます。


130710(7)7.jpg

 マシュマロ・エクステンションは、
 ダビング材の根元とインジケの土台の根元の隙間に、

 鬼のようなテンションでキ~ッと数回巻き込む。

 すると、
 ダビング材の段差に押しつけられながらシャンク上でキツク圧縮されたマシュマロ・ヤーンが、
 フワ~ッとかるくフレアする。

 エエ感じのムシっぽ~い「丸み」ができますねん。

130710(8)8.jpg

 そのご、
 ヤーンをインジケ根元ギリギリにキツ~ク巻いて、
 これでもかってくらいにインジケの土台補強細工も施しつつ、
 かる~くヘッドのスペースを確保。

 130710(9)9.jpg

130710(10)10.jpg

 で、
 余りのヤーンをヘッドの両サイドに折り返して……、

130710(11)11.jpg

 ひっくりかえすとこんな感じ。

 ヘッドに折り返したヤーンは、
 やや弛ませ気味に巻き止めて、
 丸みを帯びたそれっぽいヘッドと、
 フロータントが効きやすい作りにしてある。

130710(12)12.jpg

 ヤーンの余りは、
 このように残して斜めに切る。

 この余りの部分は、
 オーバーボディを両側からさらにしっかり支える補助の役目を果たす。
 だけでなく、
 ラバーレッグをより良い角度に保つための土台にもなっている。
 のみならず、
 フロータントがより良い位置に確実に擦り込まれるための部位となる。

 だてに、
 「手足の未熟なクリオネ」みたいなカッコしてるんとちゃいますねん。


 いろんな方向に合理的かつ簡潔一体構造でんねん。




130710(13).jpg

 ちょっと休憩しましょか?
 どんなんやねん?←ここもクリックしてみてね。

 130710(14).jpg


 でもまあ、
 ここから先は、
130710(15)15.jpg

130710(16)16.jpg
 クビレのところにラバーレッグもつけて……、

 
130710(17)17.jpg
 いつものようにクルクルッとハックリングして、

130710(18)18.jpg
 完成です。

 ハックルは、
 ここではホワイティング・ネックのダイド・コーチマン・ブラウンと、
 コック・デ・レオンのサドル・ハックルをつかった。

 が、
 このサイズのフライにハックリングして
 このようなバランスに巻けるファイバー長のハックルで、
 かつ望ましくはなるべくファイバーが太くてしっかりしているものなら、
 ハックルはなんでもつかえる。

 あ、

 忘れるところだった、
 ラバーレッグの長さは、
 ぼくはハックルと同長にしてます。
 
 ちなみにこのラバーレッグ素材は、
 ヤングなバスボーイが集う中古ルアー用品店にて購入した、
 ラバージグやスピナーベイト用に売られていた超安物極細ラバー。

 ラバージグなどには、
 とてもじゃないけどつかえないハンパな細さとヘナヘナの低クオリティが、
 このテのフライにはピッタリマッチ。

130710(19)19.jpg

 着水と同時にベチャッと水没する、
 完熟ジュクジュクの水蜜インナー・バディと、

 いくら水分を含んでも、
 フォルスキャスト一発で水滴を弾き飛ばし、
 ヒタッと水面に張り付いて繊維がジワーッと水に馴染む、
 コガネムシの甲羅のようになってるマシュマロ・スタイルのオーバー・ボディ。

 この相反する両素材の水面でのせめぎあいというかファジー感覚というか……、

 それどんなんやねん?


 というわけで、
 ぼくの2013年度現時点では最新版太鼓判バージョンを、
 みなさんといっしょに巻いてみました。

130710(20)20.jpg

 とつぜんガバチョ

 今夜のお別れはこの曲ぜひ聴いてください。
 WE AER THE 魚屋のオッサン'91
 これ、
 よう聴いたら、
 ものごっつい超豪華オールスター・メンバー勢ぞろい総出演やんけ~。
 オッサンびっくり。
 なみだチョチョギレもんやがな~。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.