BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
彼岸花
 先週の大潮の日の夕暮れ、
 ナマズ釣りに出かけた。

 海沿いの、かつては広大な湿地帯だった土地を、
 埋め立てて出来た田園地帯の用水路や溜池。
 そこは潮の干満の影響を受けて水が動く。
 当然、サカナの活性もそれに大きく左右される。
 淀んだ水が動き、水路の隅々まで満ち渡る大潮の夕暮れは、ナマズがうかれてズッコンバッコン水面を割る最大のチャンスだ。
20060930212302.jpg
 農道脇のそこかしこに彼岸花が咲いている。
 ジャンボタニシの、まるでイチゴジャムの塊のような卵が、護岸や葦の根元で固まっている。
 このあたりで釣りをするようになってから、水辺に鮮やかな紅色が目立つようになると、秋だなあ…と思うようになった。
 20060930212327.jpg
 水面に浮かぶキャットバグに、何度かナマズが出た。
 のだが、どこか物足りない。
 ズコーンッと抜けない。
 最高の条件にもかかわらず、
 水温が低くなったようで、
 ナマズの動きがなんとなく緩慢。

 今日は今シーズンのナマズ釣り納めだ。
 もちろん、やればまだまだ釣れるけど、
 涼しくなって、フライへの反応がおとなしくなったら、
 今年はもうおしまい。

 ナマズ釣りは、
 サカナがフライに、まるでケンカ腰のように激しく出る瞬間こそが最高のエクスタシー。
  
 パコパコと水音を立て、ジュボッと泡を出しながら水面を泳ぐ、冗談みたいにでっかいフライに反応したナマズが、
 「オマエ誰にことわってパコパコ泳いどんねんゴラッ!イテもうたろかオンドレ~ッ!!」
 なんて、油を流したように淀んで、波ひとつない水面から突然、
 激しく水柱を上げながら、怒り狂ったように
 バッッコ~ンッ!
 と出るのがいい。

 その様子を見るたび「ウッヒ~ッ」、
 もうゾクゾクだ…。

 そんなナマズのやる気満々の雄姿を堪能するには、
 やはり晩春から真夏の季節…。

 やぶ蚊除けのハッカ油を塗りたくって、
 ジメジメと熱帯夜な夕暮れ、
 田んぼをステージに熱唱するカエルの大合唱を背にして、
 我がキャットバグを水面に叩きつけたい。

 知ってる?
 食用ガエルがクシャミするの…。
 暗くなった水辺で「グゥオン、グゥオン、グゥオン…」
 いい調子で低音響かせてるんだけど、
 ときどき「グゥオン、グゥオン、ゲホッゴホッ…グゥオン、グゥオン…」
 来年、気をつけて聞いてみてよ、クシャミするから。
 それを聞いて「お、今クシャミしよった」なんて思いながら、
 月明かりに照らされる静かな水面が、
 ド派手に爆発するのを今か今かとドキドキしたい。

 それにしても、カエルって…
 ええなあ…。

20060930212425.jpg
 また来年会いましょう、イヤだろうけど…。
 今年もほんとにありがとう。

20060930212406.jpg
 
 
20060930212348.jpg
 お月さんが、もう水面に映ってる。
 日が暮れるのも、めっきり早くなりました。

 この夜、
 東京から毎週ずっと東北の渓流にひとりで通っていた、
 ホンマモンのイカレポンチな友達と電話…。
 「もうナマズ終わりやから、しゃあないから明日からまたマス釣るわ~」
 と悪びれてみた。
 「失敬な!」
 やて…。
 ウハハハハハハ…。

 やっぱサカナ釣りはええな~。
 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.