BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
招福御多幸祈願
140825(1)1.jpg
140818(8)8.jpg
 TEX JOHNSON - PILLOW TALK
 お日様はどこに行っちゃったの?
 
 夕暮れの風が、
 すっかり秋の冷たさに感じられる今日このごろの天気が、
 ものすごく恨めしい。

 いまさっき、
 近所のいつも通っている蕎麦屋さんで、
 女将さんが「もう風がつめたいね」と言ったので、
 「ちょっぴりセンチメンタルですわ~」とふつ~に新聞見ながら言うと、
 女将さんがヒイヒイ笑ってくださったので期せずして快心の一撃うれしいな。

 厨房の旦那さんもアハハと笑って、
 「でも来月から新ソバだから、楽しみにしててください」
 と言った。

 「はいっ、めっちゃ楽しみにしてます!」
 本気で言ってるので気持ちは伝わったとおもいます。

140818(5)5.jpg

 淡い肌色から、
 ほのかなピンクに染まるチリフラミンゴの、
 フィラメント状になったバックフェザーをハックル状に細工して、
 ボディ全体になびき流れるようにハックリング。

 薄衣を風になびかせて、
 天高く舞い上がる「天女の羽衣ハックル」

 シェルピンク(貝殻ピンク)色のハックルのうえに、
 ラベンダーとピンク、
 そして「純白」を基調にしたマリッドウイング。 

 みかん色のジャイアント・ビショップと、
 紅色のインディアン・クロウで、
 ウイングの頬を染め、

 ヘッドはちいさな金の王冠です。

 「姫、お手を……」
 
140818(6)6.jpg

 ボディハックルはパープルヘロン。
 スロートはヴァルチェリン・ギニアのバックフェザー。
 ふわりと広がるシックな濃灰色の長い綿毛が、
 霜降り状の漆黒のハックルに包まれている。

 ラベンダー色のハックルを、
 ジャングルコックで挟んで、
 たたかうオトコの鎧をイメージ。

 さらに、
 そのうえには、
 マレーシアの「火の鳥」グレート・アーガス、
 そしてアフリカ・サバンナの「戦士」コーリー・バスタードのクイルを、
 真っ黒のバスタードではさみつつマリッドウイング。

 胸元は、
 はるかヒマラヤのタマムシ色の「宝石」ニジキジの首羽根と、
 「シアワセの青い鳥」コティンガの胸羽根を重ねてキリリと引き締めた。

 「う~ん、ダンディ」

140818(7)7.jpg

 額装の台紙には、
 手すき和紙のうえに、
 招福の象徴「銀鶏」シルバー・フェザントの背中の羽根を、
 一枚づつ並べた。

 そんな、
 シマウマ模様のハートマークのなかに、
 2本の「マリッドウイング」スタイルのフライを、
 寄り添わせた。

 二本で一本。
 「夫婦フライ」
 というわけです。

 祝、ご結婚!
 招福御多幸祈願


140825(2)2.jpg

 お式の日取りが、
 もう目の前に迫ってきましたね。

 お二人の門出の記念に選んでいただきましたこと、
 どんなにか光栄で、
 冥利に尽き、
 筆舌につくせぬ励みになりました。
 「シアワセ」のおすそ分けをいただきました。
 本当にありがとうございました。

 良き日よいお式になりますよう、
 心より願っております。

 幸、特大盛りで!

 追伸、
 奥さまへ、
 後日、旦那さまより「三国一の果報者とは我のこと」と言いたいのだなということが、
 メールの行間からヒシヒシ伝わるステキな「おのろけ付きメール」を頂戴いたしました。
 おもわず頬が緩み、
 ニッコニコで拝読させていただきました。
 どうか、
 「ごちそうさまでした」
 とお伝えくださいませ。

 
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.