BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
パラシュート系
161219(1)1.jpg
 コンドルの艶黒クイルをスレッドによじって巻いて、
 アリンコ型クビレ・ボディを形成。

 このビロードのようなケバケバに酔いしれまくった今シーズンでございました。
 
 ほんまエエわぁ虫やわぁゴージャス。

 猛禽類のクイル捩じりボディには、
 なんか中毒性があるような気がする。

 さながら、
 歌を忘れたカナリア…ならぬ、
 今年はダビングを忘れたカピパラ。

161219(2)2.jpg
 濡れてからがまた……、

 艶虫エロイど。



161219(3)3.jpg
 ヒカリモノもアレコレ一緒にねじって巻きました。

 コンドルの艶黒にあわせて、
 ホワイティング・ヒストリックのナチュラル・ブラックをパラッとハックリング。

 これはあくまで私見なんだけど、
 ヒストリックの効能書きを読んでいると、
 かの「ダービーダン」の系統をウンヌン……とありますが、
 元祖「ダービーダン」のネックハックルもかつて各色さんざん巻いて使い倒したうえで、
 あえて異を唱えるちゅうか、
 僭越ながら意見すると、
 元祖ダービーダンてハックルの裏がもっと白っぽくてマットな質感だった。
 もちろん、
 それが悪いってことではなくて、
 それが「味」であり特徴なんだけど、
 ヒストリックはダービーダンと比較してもっと透明感と透過性に富んでいて、
 発色がヴィヴィッドかつファイバーの根元付近のコシが効いてる。

 どっちかっていうと、
 ハリー・ダービーやチップ・スタッファらアメリカ東部産の、
 後期「アンダルシアン・コック」の質感に共通項があるような気がする。

 とくに、
 このようなナチュラル・ブラックなんかを見ると、
 その傾向がすごくかんじられる。

 あくまでもこれは個人的な印象なんだけどね。

 ナチュラル・ブラックといえば、
 むかしキャッツキル・ヴァレーの名物ハックル親父の釣り道具屋に、
 テっちゃんとヒガシ大先生と三人で買い物しに行ったんやけど、
 親父さんがカウンターの向こうからそ~っと真っ黒なネックのケイプ出してきて、
 「こんなんも、あるんやけど…」みたいなそぶりで自慢げにチラッと見せてくれたので、
 それ見た瞬間ガッと身を乗り出して「それ買う買う買う買う買う!」ゆうたら、
 「だめだめだめだめ!」といいながらサッと奥に仕舞われてしもた。

 非売品やて、
 見せるだけなんだって……。

 気持ちはわかるけど、
 せめて触らせてくれてもええやん…とおもった。

 天然の黒って、
 それぐらい希少だったんですよ。

 ヒストリックのナチュラル・ブラックいじくってると思い出して懐かしい一幕。

161219(4)4.jpg
 やっぱコックハックルの妙を堪能するなら、
 ライトタックルで10番とか12番くらいのフライで、
 つぎからつぎにサカナが飛び出してくれて余裕しゃくしゃくで、
 スタンダードからパラシュートからアレコレとっかえひっかえしてるときが、
 サイコーに浸れる。

 ゼイタクやわぁ。

161219(5).jpg
 トンビのセカンダリークイルのボディに、
 バンタム・ネックのグリズリーを5~6回転ハックリングしたのち、
 そこにグリズリー・パルド略してグリ・パルのサドルのグリズリー模様のところの超ロングなハックルを、
 一回転だけミックスして巻いたサイズ11番。

 必殺でっせ。

 そんな、
 グリ・パルの超ロングなハックルが、
 ブルンブルンと魅惑的かつ自律的に震え動く「パラッとハックリングしただけ系フライ」のインジケーターのてっぺんに、
 ジェル状の普通のフロータントをチョコンとつけたところ。

 んで、
 このようにフライを指先に引っかけたまんま、
 もう片方の人差し指でフロータントをチョイチョイと塗る……、
 のではなく、
 例えればインジケーターを前後左右にクリクリこするようなかんじで、
 フライ全体に激しめに擦り込みなはれ~。

161219(6).jpg
 がっつりしっかりゴシゴシ擦り込み終わった状態。

 はげしくクリクリしてもご安心ください。
 このテのフライならフォルムは崩れたりしません。

 ちゅうか、
 ハックルやテイルがよしんば乱れても、
 そのままつかっていればすぐ元に戻るし、
 それが気になるならフロータントをガッツリ擦り込んだあと、
 フッと強めに息を吹きかけるとか、
 フライの下からハックルごと指でスーッとしごくと元に戻ります。
 
 それよりも、
 インジケーターの根元やテイルの付け根にフロータントが充分擦り込まれているのが肝要。

 ここ近年、
 たいへんありがたいことに、
 道内各地の方々とご一緒させていただく機会も増えはじめ、
 とくにドップリとハマりはじめの興味津々のおっきなお友だちたちから、
 「ビゼンさんてフロータント一回つけたら、あとはほとんどつかわないよね~、でもフライがずっと浮いてるのはどうして?」
 という話題になることがままあるので、

 なんか、
 そんな特別なことをしてるつもりはなかったけれど、
 あらためてフロータント塗布な話題もご紹介してみました。

161219(7)7.jpg
 で、
 サカナを釣って逃がしたあとは、
 カッコよく渋めにシャバシャバっとフライをかるく洗って、
 フッとフライに息を吹きかけて、
 おもむろにピッピと強めのフォルスキャスト数回……そうやってフライの水気を切ってやると、

 状況にもよるけど、
 パラシュート・スタイルやキャッツキル系なら、
 このようにフロータント擦り込んでおくと、
 数匹くらいじゃいつもビクともしないでフライは軽々浮いてる。

 とまあ、
 そんなかんじで言葉悪く言えば「ものぐさ」でもある姿勢でドライフライを水面に浮かべてま~す。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.