BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
右とぉ~いわれりゃ左をぉ~向いぃぃてぇぇ~♪
170316(1)1.jpg
 サイズ4番ロングシャンクのラウンドベンドなサーモンフック。



170316(2)2.jpg
 ドテっ腹にゴムぶッ刺した。

 タランチュラなホワイトウルフ。

 
 



170316(3).jpg
 ヘビトンボの幼虫。

 ムカデの脚のような鰓と突起物を、
 どのように表現するかが問題だ。 

 ただ、
 それが出来たからといって、
 釣果に影響することは全くないだけでなく、
 こうしたプラモ系リアル路線など愚の骨頂だ、
 という意見には誰よりも大賛成だ。

 だが、
 このような「おふざけと戯れ」をカタチにするためには、
 工程ごとにアレコレ考えなければならない、
 そのムダな思考と実践は、
 それまで思いもしなかったアイディアやアプローチを多方向に、
 また多分野にひろげてくれることに気がついた。

 このヘビトンボは約一カ月ほどまえに製作したもの。
 いまこうして眺めてみると微笑ましく懐かしい気がする。

 濃厚な瞑想虫作りの日々だ。
 
170316(4).jpg


170316(5).jpg


170316(6).jpg
 関節と体節のシンフォニー。


170316(7).jpg
 カウフマン・ゴールデンストーンフライ。
 フラットモノフィラメントのリビングがソレっぽさをより盛って見せてるよね。




170316(8).jpg
 桃色吐息でピーチ系のおカイコさんが羽化しました。
 仲良くしてね。



170316(9).jpg

170316(10).jpg
 フラミンゴのウイングカバー・フェザー。

 ほんのり頬染めた湯あがり色の羽根。
 

 



170316(11).jpg

170316(12).jpg
 お蚕さんの胴体は、
 まるでハムスターのように全身モフモフ毛むくじゃらで柔らかな毛に覆われている。
 モコモコだ。
 なのに、
 体節の部分はちゃんとわかる。
 それが不思議でもあり……、
 この質感をどう表現するかしばし思案投げ首だった。

 特大のオストリッチの羽根の片側のファイバーをほぼすべてむしってアレしてナニして巻いた。
 ナデナデスリスリした。

 いっそ4枚の翅もお蚕さんそっくりにつくったろか、
 との衝動にもかられたけれど、
 「この胴体や脚や目玉はフラミンゴの羽根を飾るために作った土台なのだ」
 と自らに言いきかせ当初の目論見で作成した。

 

 




170316(13)13.jpg

 安心してください…ちゃんとしたのも?巻いてます。

 レッドヘッドなお蚕さん型オレノチェルノStyle 6番。
 おピンクな触角もついているんだぜ。

  
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.